海外旅行で日本人差別!絶対に使ってはいけない差別用語と体験談

「差別なんて世界から消えてなくなれ!」

どうも!
差別に気づかない鈍感太郎、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

海外は日本とは違い、悲しいかな……差別もあります。
外国の人に差別されたら一生のトラウマになってしまうかも。
僕のようなガラスハートを持つ人間からすると差別は恐ろしいです。

ただ、日本人ということで差別されることはほとんどありません。
かつてはアジア人に対して差別をする欧米人も多かったのですが、その傾向はもうほとんどなくなっていると言えるでしょう。

それでも、海外では偏見の目で見られることくらいはあります。
そこで、ここでは海外旅行での日本人差別と差別用語について解説。
旅人たちの体験談を交えて紹介するので、参考にしてみてください。

海外旅行で日本人差別の体験

日本人に韓国人、中国人、インド人、タイ人、ベトナム人、トルコ人、イタリア人、フランス人、イギリス人、エジプト人、モロッコ人、アメリカ人、メキシコ人、ペルー人、ボリビア人、チリ人。

……あぁ、この地球上にはどれほどの人種が存在するのでしょう?

海外で日本人が差別されるのかどうかって気になりますよね。
せっかくの海外旅行なのに差別されたら誰でも嫌な気分になります。
できることなら、差別なんてものはこの世界から消えてほしい。

ただ、日本人が特定の理由で差別されることはほとんどありません

僕も数十カ国ほど海外旅行しましたが、差別されたことは皆無。
むしろ世界には良い人がとても多くて、毎回素敵な人だらけです。
日本人に偏見を持っている人にも出会ったことがありません。

検証というほどではないですが、
僕の体験談としても、差別されたことなど皆無なのです。
むしろ僕は出会う人々にとても恵まれていると言えるかもしれません。

ただ、こればかりは旅行だけではわからないものもあります。
留学やワーキングホリデー、移住となると話は別です。
人によっては露骨な嫌がらせを受けたこともあるようです。

僕はいつも弾丸海外旅行が多いので実態は知りようもありません。
ただ、様々な旅人に聞いてみても露骨な差別はそうそうないと聞きます。

冷やかしで「Hey!」なんて言われることもあるかもしれません。
ただ、それは差別というよりはスキンシップのようなもの!笑
ましてや明らかな罵詈雑言や誹謗中傷なんてのもありません。
もちろん、国によってはあるかもしれませんけどね……。

普通に旅行するだけなら、差別で嫌な思いをすることもないはず。
そこは海外旅行先での差別もほぼないので安心してください!

現地の人たちは暇ではありませんし日本人に興味もないです。
そもそもアジア人という一括りにされることが多いので、特定の差別はほとんどないです。

あるとすれば「アジア人がいる」と思うくらいでしょうか。
それも単なる興味というもので、悪意がないことがほとんどです。

言葉がわからない国もあるので、何か言われていても気づいていないだけかもしれませんけどね!笑

差別をする人というのは教養がない人ばかり。
一概に「差別がない」とは言えないでしょう。
ただ、「差別がある」とも言えないのが現実です。

良い人もいれば悪い人もいるのがこの世界。
そこはあまり意識せず、旅行だけを楽しみましょう。

世界で行われている差別の実態

日本人に対する差別はあまりないですが、海外の差別は根深いです。
どんなに喉を切り裂いてどれだけ言葉を絞り出したとしても……。
この世界から差別や偏見がなくなることはありません。

人は「わからない」ものに恐怖する生き物です。
自分の理解が及ばない相手に対して恐怖を抱くのです。
それが差別の原因となってしまうとも考えられています。

誰も最初は「差別しよう」なんて考えるわけではありません。
ただ、気づけば「自分と違う」という視点で考えて、異物を排除しようとするのが人間なのです。

人間の防衛本能みたいなものですね。
もちろん、人をただバカにする快楽差別主義者もいます。
そんな差別主義者は人として最低の人間……いや人間ではありません!

僕は人それぞれ、みんな違うからこそ良いと思っています。
ただ、世界には自分と同じじゃない相手を攻撃する人もいるのです。
言うなれば一種のいじめにも近い感覚なのかもしれません。

さて、世界にはどのような差別があるのでしょうか?
ここからは世界で行われている差別の実態を紹介します。

1.冷やかし

海外ではもちろん、日本でも差別として行われている冷やかし。
ある人に対して、冷やかすという下劣な行為です。
嫌味なことを言ったり、うざいことをしてきたりするアレです。

海外旅行でも人種によって冷やかす素振りをする人がいます。
僕も英語の発音などを鼻で笑われたこともあります!笑
もちろん、それは冗談交じりでしたけどね。

まぁ、これくらいなら差別とも言えないことが多いです。
海外の人はフランクにブラックジョークを言ってくることも。
むしろそこから仲良くなるなんてこともあるかもしれません。
ただ、それがわかりづらいからこそ差別になってしまうこともあるんですけどね。

そんな時は満面の笑みで「Shut up!」と中指を立てて……嘘です!笑

2.無視・スルー

人間はとにかく嫌いな人や関わりたくない人、知らない人、見たことない人とは離れたいという防衛本能が働きます。
その結果、無視やスルーをしてしまうのです。

例えば「この人は無理」と思ってしまうことはありませんか?
第一印象で見ただけなのに離れたくなってしまうような気持ち。
無視やスルーという差別はそれと似たような感覚です。

海外旅行でシカトされるなんてことはあまりありません。
ただ、中には実際に体験したことがある人もいるようです。

例えば、スタッフを呼んでも来てくれなかったり、話しかけても無視されたり、道を聞いてもスルーされたり……。
おそらく故意ではないですが傷つくものです。

3.誹謗中傷

差別の代表的な嫌がらせと言えば誹謗中傷ですよね。
日本人もこの誹謗中傷が大好きな生き物でして……。
古来からの言葉に「人の不幸は蜜の味」なんて言葉もあるくらい。

他人のことを悪く言ったり、侮辱したり、悪口に陰口。
罵詈雑言を口から発する人は何が楽しいのでしょうか?
僕には理解できませんが、そういう差別をする人もいることはいます。

日本人が誹謗中傷の標的になるということはないと思います。
だた、日本人も有色人種なので差別用語が飛んでくることも。
海外の差別主義者たちに心無いことを言われる可能性もあるでしょう。

ただ、そういう人の差別など気にするだけ時間の無駄です。
むしろ日本人のことを良く思ってくれている人の方が圧倒的に多いので、受け入れてくれる現地人と素敵な思い出を残しましょう!

できれば自分から積極的にコミュニケーションしてください。
相手に不快感を与えないことが、差別を防止する方法でもありますからね。

4.ぼったくり・詐欺

海外で多いのがぼったくりや詐欺です。
明日の生活もままならない貧困の国では差別されることも。
言い分は「裕福な国の人なんだから少しくらい……」というもの。

これは差別かどうかは判断が難しいところです。
ただ、生まれた国だけで偏見を持たれるのは差別に近いですね。
日本人観光客を標的にしていることも多く、これも差別の一種!

僕もベトナムではぼったくられました。
エジプトやモロッコなどでは「ニホンジン、カネモチ」が常套句。
アジアやアフリカの国々ではぼったくりに遭うことも多いですね。

5.拒絶・拒否

差別の中でも露骨なものと言えば拒絶や拒否ですね。
無視やスルーに近いですが、ちょっとだけ違います。
人種によって入店を拒絶したり、宿泊を拒否したりする……そんなことが世界では普通に行われていたりします!

日本人というよりはアジア人ということで差別された事例も。
その方の体験談を見てみると、納得できない気持ちがわかります!

彼女はアジア系アメリカ人だったのですが、ホテルへの宿泊を人種によって拒否されたとのことです。

その他にもスタバで差別された事件が話題になりましたよね。
飲食店ではこういう差別もあったりするので注意が必要です。
世界ではそういうことも起きているということを知っておくべきかもしれません。

絶対に使ってはいけない差別用語

世界では口にしてはいけない言葉があります。
どれくらい口にしてはいけないのかというと、映画「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みのあの人の名前くらい口にしてはいけません!笑

いや、冗談ではなくここから紹介する言葉は禁句です。
海外では余計なトラブルや問題になるので、絶対に口にしないでください!

ただ、差別用語を知らないとそもそも注意もできないですよね。
そこでここからは絶対に使ってはいけない差別用語を紹介します。

1.日本人に対する差別用語

ここからは日本人に対する差別用語を紹介します。

  • 英語:イエローモンキー、ジャップ、ニップ、チン
  • ロシア語:ヤポーシキ
  • 中国語:日本鬼子、小日本、日本狗、日本猪、東洋鬼
  • 韓国語:チョッパリ、ウェノム

日本人に対してはこのような差別用語が使われていました。
現代ではもうほとんど聞かなくなった言葉も多いですね。
この手の言葉が聞こえてきた時には、相手にしないことが一番!

2.日本人が使っていた差別用語

ここからは日本人が使っていた差別用語を紹介します。

  • アメリカ人:アメ公、メリケン、ヤンキー
  • ロシア人:露助
  • 中国人:チャンコロ、チャン、支那
  • 韓国人:チョン、キムチ、在日

日本人はかつてこのような差別用語を使っていました。
外国人に対して口汚く罵る言葉を並べていた人もいるのが事実。
これらの言葉は相手を傷つけてしまうものなので口にしないように!

差別されたら言い返すくらいの気持ちで!

万が一差別されたという場合は、その場で抗議するのが良いです。
人の気持ちを考えずに傷つける人には鉄拳制裁です!

……とは言ってみたものの、僕は無理かも。
せっかくの海外旅行で無駄な争いはしたくないですからね。
そもそもその国の言葉で言い争ったところで無駄に体力を消耗するだけです!

基本的に差別された場合は言い返す勇気を持つことが重要です。
ただ、言葉がわからないならその場を去りましょう。
人を傷つけることしかできない人のことなど、忘れるに限ります。

中には「この国は本当に最低だな」と思うかもしれません。
しかし、その国でも悪い人ばかりではありません。
旅行する国によってはとても良い人に出会えるかも。

もし露骨な差別を受けたら詳細を記録してSNSでシェア
今や世界中に一瞬で共有できる時代となっています。
海外にはそういう差別に対して「どう対応するのか」というドッキリをする番組もあったりします。

差別をすることで幸せになる人は誰1人としていません!

まとめ

海外旅行で日本人差別を受けることはほとんどありません。
しかし、人によっては差別されないとも言えません。
こればかりは現地で出会う人によって違いますね!
旅行で差別されるということはほとんどないので、まずは安心してください。

差別がこの世から消えてなくなることはおそらくありません。
同じ日本人同士でだって差別をしていることもありますからね。
そういう意味では海外旅行と差別の問題ではなく、差別する人自身が問題なのだと言えるでしょう。

ここで解説した海外旅行の日本人差別と差別用語について知り、偏見を持たずに海外旅行を楽しんでもらいたいです!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター、ブロガー、フォトグラファー。 チキンだけど世界の絶景、世界遺産、秘境を求めて彷徨っています。 臆病者だからこその目線で、海外旅行初心者の方のために情報をまとめています。