海外旅行の完璧な外貨両替術!手数料で失敗しないお得な両替方法

「外貨両替はどうやるのが一番なの?」

どうも!
自称外貨両替の達人、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!笑

海外旅行では外貨両替が必要となることもありますよね。
でも、人によっては「どう両替するのがベストなの?」と疑問に思うこともあるかも。

そこで、ここでは海外旅行の完璧な外貨両替術を解説します!
また、いつどこでいくら両替すれば良いのかなど、気になる両替の疑問に答えます。

外貨両替を考えている人は、ぜひ旅行前にチェックしてみてくださいね。

海外旅行で使えるお金って?

海外旅行というより、世界ではどのようなお金が使えるのでしょうか?
これに関しては国によって違ってきますが、海外旅行であればある程度決まってきます。

まずここからは海外旅行で使えるお金について解説します。
どんなお金が使えるのかを把握し、自分ならどう旅をするのか想像しながら考えてみるとイメージしやすいです。

使うお金に関しては人によって違うので、そこは自己判断で!

1.日本円

海外旅行とは言っても、日本円も必要となります。
空港までの交通費や休憩などの飲食費、さらには前泊や後泊で宿泊費などなど。

ちなみに海外であっても、日本人観光客が多いところだと日本円が扱えます。
個人での旅行だと微妙ですが、ツアーでの旅行だと特に日本円が使える店を中心に回ってくれるところも多いです。

海外旅行ではある程度の日本円を用意しておきましょう!
僕は3万円~5万円ほどは日本円を用意しておきますね。

2.現地通貨

海外旅行で使えるのが、現地通貨です。
ドルやユーロなど、国によって出回っている通貨は違います。
当然、日本円が使えないことの方が多いので、現地通貨も必要です。

キャッシュレスが進んでいると言われる昨今ですが、それは先進国の話。
発展途上国では未だに現金の力が強いと言えるでしょう。
まだまだカードが使えないところも多く、現金主義の国も多いですからね。

現地でどのように現金が扱われているのかを考えて両替しましょう。
僕は現地通貨として1万円~3万円ほど準備することが多いかも!

3.クレジットカード

海外旅行でとても便利なもの、それがクレジットカードです。
日本人が旅行するような国なら、クレジットカードが使えることも多いです。

相当な現金主義の国でない限り、クレジットカードはかなり有効と言えます。
欧米ではキャッシュレス化が進められているため、カードが優遇されています。

「海外でクレジットカードなんて怖いよ」と思うかもしれません。
でも、むしろ多額の現金を持ち歩いている方が危険だと思います。
理想としては現金と組み合わせて上手に使っていくのが良いですね。

4.トラベラーズチェック

海外旅行でも定着しているのが、トラベラーズチェックです。
あまり海外旅行しない人にとっては馴染みがないかもしれません。

トラベラーズチェックというのは、外国旅行者向けの小切手のことです。
再発行可能な旅行小切手で、紛失時や盗難時なども安心と言われています。
クレジットカードが台頭する前は、このトラベラーズチェックが人気でした。

近年はクレジットカードにシフトしている人もいますが、未だに人気は健在です。
本人のみの使用が認められているため、現金を持ち歩くよりも安全と言えるでしょう。

外貨両替の前に確認したいこと

外貨が必要で外貨両替する時には、その前に確認しておきたいことがあります。
両替に慣れていないと何をどう確認すれば良いのかわかりませんよね。

そこで、ここからは外貨両替の前に確認すべきことを紹介します。
お得に両替するための知識となるので、頭の片隅に入れておいてくださいね!

1.為替レート

外貨両替で必ず耳にするのが、為替やレートという言葉だと思います。
これは簡単に言えば、お金同士の交換比率を意味しています。

「1ドル=100円」「1ユーロ=120円」というようなお金の価値を示すものです。
これは中値と呼ばれており、常に変動しています。
両替した時によって金額が違ってくるのは、この中値の影響があるからですね!

例えば、1ドル=100円の時に100ドル必要なら1万円が必要です。
これが1ドル=80円という円高なら、8,000円必要となります。
逆に1ドル=120円という円安なら、1万2,000円必要となります。

為替やレートは外貨両替の時、その瞬間のものが適用されます。
「円⇒ドル」「ドル⇒円」など、どちらから両替するかで為替やレートも変わるので注意してください。

2.為替手数料

外貨両替の天敵と言えるのが、手数料ですね。
この手数料、正式名称で言うのなら為替手数料と言います。

為替手数料とは外国の通貨に両替する時、金融機関に支払う手数料のことです。
円を外貨に両替する時の相場のことを対顧客電信売相場(TTS)、外貨を円に両替する時の相場のことを対顧客電信買相場(TTB)と呼びます。

両替時は中値にそれらの相場ごとの手数料を計算し、最終的に金額を決定するのです。
1ドル=100円で円からドルへの手数料が1円であれば、TTSは101円になります。
1ドル=100円でドルから円への手数料が1円であれば、TTBは99円になります。

これを「為替手数料が往復2円」と表現するのです。
難しいことはさておき、要は外貨両替には手数料がかかるということです!笑

外貨両替はいつする?

外貨両替をいつするべきなのかというと、これは当日で良いと思います。
前日の方が良い為替レートや為替手数料を狙えるのですが、前日にわざわざ両替できるところに言って両替をするのは面倒ですよね。
手間を考えると、当日の両替で十分です。

当日両替するのなら、大きく分けて2つのタイミングで判断すると良いです!

  1. 国内で両替する
  2. 海外で両替する

「え?これだけ?」と思うかもしれませんね。
もっと細かく分けることもできるのですが、タイミングとしてはこの2つで考えておきましょう。

どこで外貨両替するのかで違うので、自分に合うタイミングで両替しましょう。
僕の場合は移動中など、空いている時間にパパッとやっちゃいます。

外貨両替はどこでできる?

外貨両替はどこでできるのか疑問に思っている人もいますよね。
どこでするべきなのかは人によって違うので、一概には言えません。

ただ、ここからは両替がどこでできるのかを解説するので、参考にしてみてください。
どこでやっても同じだと思っている人もいますが、意外と手数料が違います。

よりお得に海外旅行を楽しみたいのなら、どこで両替するのかも考えておきましょう!

1.国内で外貨両替

国内で外貨両替する時はどこでするべきなのでしょうか?
ここからは国内で両替できるところを紹介しますね。

1-1.空港

外貨両替は空港でしてしまうのが楽です。
両替手数料は2円~2.5円ということが多いと思います。
空港は偽造通貨の鑑定も行っているので、安心安全に両替できます。

また、空港なら日本人がよく訪れる国の外貨を置いていることも多いです。
何より飛行機の待ち時間や乗り継ぎ時間で両替できるのは便利

空港には多くの両替窓口があるので、利用する空港ごとに場所を確認しましょう。
以下、日本の主要空港の両替所の場所となります。

  1. 成田国際空港:https://www.narita-airport.jp/jp/service/svc_11
  2. 東京羽田空港(羽田空港):http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/service/bank.html
  3. 関西国際空港:https://www.kansai-airport.or.jp/service/money
  4. 大阪国際空港(伊丹空港):https://www.osaka-airport.co.jp/service/money
  5. 福岡空港:https://www.fukuoka-airport.jp/bank_edy_insurance.html
  6. 新千歳空港:http://www.new-chitose-airport.jp/ja/service/money/
  7. 那覇空港:https://www.naha-airport.co.jp/service/cash/exchange/
  8. 中部国際空港(セントレア空港):https://www.centrair.jp/service/exchange.html

1-2.銀行

銀行でも外貨両替をすることは可能です。
大手銀行であればある程度の外貨もストックしてあります。
また、海外旅行向けの両替パックとして販売している商品もあります。

銀行は両替手数料が高めと聞きますが、そうでもありません。
当日だと不安だから前もって両替したい人は銀行が便利です。
空港にもあるので、心配ではない人だと当日でもOKです。

1-3.両替所

両替所でも外貨両替は可能となっています。
両替手数料を比較すると、意外と店舗によって違います。
外貨両替ならやはり両替専門店がおすすめですね。

扱っている外貨の種類が豊富なので、旅行で行く国であれば用意されています。
国によって扱いがないこともありますが、日本人が行く国ならほとんどあります。
空港にもあるので、こちらも当日でOKです。

1-4.金券ショップ

金券ショップは馴染みがないかもしれませんが、両替が可能です。
実は銀行や両替所よりも両替手数料がお得なことも多いと言われています。
ただ、銀行や両替所に比べると数が少ないのと、偽札など偽造通貨が紛れていることもないとは言い切れません。

利用する際には偽造通貨鑑定が行われている大手金券ショップにしましょう。
旅慣れしている人は、むしろ金券ショップで両替する人も多いので、慣れてきた活用してみるのもあり。

1-5.旅行会社・旅行代理店

自分で両替するのが心配な人は、旅行会社や旅行代理店でもできます。
どこでできるのかを考える時間がない人は、両替代行を使いましょう。

旅行会社や旅行代理店であれば、金額の間違いなどもなく安心です。
また、店舗でもウェブでも申し込めて、簡単に受け取れます。
結局は銀行や両替所から仕入れているだけなので、両替のシステムも変わりません。

以下、大手旅行会社の外貨両替サービスとなります。

  1. HIS:https://goods.his-j.com/user_data/exchange.php
  2. JTB:https://exchange.jtb.co.jp/Gaika/Main/Top.aspx
  3. 阪急交通社:https://www.hankyu-travel.com/shop/exchange/
  4. 近畿日本ツーリスト:http://tempo.knt.co.jp/shop_search/1571/news/gaika.html

1-6.FX会社

FXは外貨を使った投資の一種なのですが、FX会社でも両替は可能です。
手数料が0.03円~0.2円ほどととても安いのが特徴となっています。

ただ、銀行口座を開設しなくてはならないのと引き出す際の手数料がネックです。
FX会社は便利なものの、海外旅行の外貨両替で利用する機会は少ないかも。

1-7.外貨宅配

忙しい人にぴったりなのが、外貨宅配のサービスです。
銀行や両替所をはじめ、旅行会社や旅行代理店でも扱うようになっています。

文字通り指定した金額の両替分を宅配してくれるのでとても便利です。
配送料は無料~数千円であり、ちょっと高いかもしれません。
ただ、両替する時間がない人にとっては利用の価値があると思いますよ!

2.海外の外貨両替

海外で外貨両替する時はどこでできるのでしょうか?
ここからは海外で両替するべきところを紹介しますね。

2-1.空港

現地に到着してから銀行や両替所を探すのは大変ですよね。
空港にも両替できる窓口が設置されているので、そちらを活用すると良いです。
銀行も両替所も入っているので、まず空港で両替しちゃうという手もあります。

海外で両替するとトラブルも頻発するのですが、空港であれば問題ありません。
大きいお金で渡してくることが多いので、小さいお金で渡してもらうと後々便利です。

2-2.銀行

現地にも銀行などはあり、海外旅行客に向けての両替サービスもあります。
手数料は若干高いと思いますが、確実に両替するなら銀行ですね。
また、銀行はセキュリティも万全なので、安心して両替できます。

2-3.両替所

現地には両替所もたくさんあるので、そちらで両替するのもあり。
ただ、両替サービスとしては便利ですが、こちらも手数料が高めです。
両替所によっては悪質なところもあるので、極力は良質な両替所を選びましょう。

2-4.ATM

カードを持っている場合は、ATMで現金を引き出して両替することもできます。
クレジットカードにキャッシュカード、デビットカードで対応可能です。

クレジットカードは利息も低くて、キャッシングしても安上がりです。
キャッシュカードは為替レートも為替手数料も良いのでおすすめと言えます。
デビットカードは手数料もリーズナブルなので、合わせて使うと良いかも。

ただ、慣れない海外でATMを見つけるのは骨が折れるかもしれません。
また、カードによっては使えないこともあるので注意しましょう。

2-5.ホテル

空港からホテルまで直行して、ホテルで両替するのも良いかもしれません。
両替窓口があるホテルもあるので、安心して両替したいならホテルもおすすめです。

ただ、手数料が高い他、窓口がやっていないこともあります。
利用するのがスタンダード以上のホテルなら両替もできるかもしれません。
そこは利用するホテルごとに調べておいてくださいね。

外貨両替はいくら?

外貨両替はどれくらいするかに関しては、個人の自由となります。
より多く現金を使いそうな国に渡航するなら、多めに両替しましょう。
キャッシュレスが進んでいる国なら、両替は少なくても良いです。

ただ、考えておきたいのは現地のお金の扱い方です。
クレジットカードが使える国なら良いですが、使えない国なら現金がないと何もできないことも普通にあります。

個人的には、予算の2割~3割は現金に両替しておくことをおすすめします。
現金主義の国なら5割ほど両替しても良いかもしれません。
キャッシュレス主義の国なら1割ほどの両替で十分かもしれません。

お得な外貨両替の方法

お得な両替方法としては、極力は為替手数料をかけずに両替することが基本です。
また、円安ではなく円高の為替レートを狙って両替するのが基本となります。

一定の日本円と少額の現地通貨、残りはクレジットカードが理想だと思います。
あんまり現金を持ち歩くのは嫌なので、極力は減らすようにしましょう。
クレジットカードであれば紛失や盗難にも対応できます。

以下、僕が理想だと思うお得な両替の割合です。

  • 日本円:2割
  • 現地通貨:2割
  • クレジットカード:6割

これが外貨両替の黄金比率なのではないでしょうか。
もちろん、こればかりは国によって違ってくるので、渡航する国ごとに判断してください。

お得な両替方法としては高い為替レートかつ安い為替手数料で両替することです。
それを守れば損をするということは、まずありませんので安心してください。

究極の外貨両替は両替しないこと

すでに気づいている人も多いかもしれませんね!
実は、外貨両替をしないということが一番お得な方法です。

もう知っている通り、両替には為替レートと為替手数料がかかりますよね。
少なくとも数万円や数十万円という単位で両替をすると、損をすることが多いです。

どんなに賢く両替したとしても両替している時点で損をしちゃっています!

そのため、現金を使わずにクレジットカードを使うのがおすすめです。
クレジットカードは手数料が非常に安く、両替する手間も面倒もありません。
何度も両替すると、それに伴って損が積み重なっていきます。

究極の外貨両替方法としてはクレジットカードを使うことに限りますね!

ただ、まったく現金がないというのは不安や心配もありますよね。
まずはバランスよく日本円と現地通貨、クレジットカードを使い分けてくださいね。

まとめ

海外旅行で必要な外貨両替をお得に済ませたいなら、両替しないことが肝心です。
極力はクレジットカードを使うようにし、為替レートや為替手数料に左右されないことが賢い方法となりますね。

ただ、クレジットカードが使えないこともあります。
さすがに現金を持たないというのも避けたいので、バランスよく両替しましょう。
黄金比は「日本円2割、現地通貨2割、クレジットカード6割」です。
もしくは円安ではなく円高の時に海外旅行をすることですね!

ここで紹介した海外旅行の完璧な外貨両替術を参考に、お得な両替方法で賢く旅行しましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です