海外旅行の持ち物に運転免許証・健康保険証は不要?必要?紛失時用にコピー

海外旅行の持ち物に運転免許証・健康保険証は不要?必要?紛失時用にコピー

海外旅行の持ち物の中でも、運転免許証と健康保険証は不要か必要か迷いますよね!僕は海外で紛失したら怖いので、基本的には持っていきたくありません。ただ、パスポート紛失時などには必要です。もし持っていくのなら紛失対策用にコピーを持参しましょう!ここでは海外旅行に運転免許証・健康保険は不要か必要かを解説します!

海外旅行で運転免許証・健康保険証は不要?必要?

どうも!パスポートのコピーだけは欠かさず持っていくチキンジャーニーのハルです!

海外旅行をする時、持ち物は何を持っていくか迷いますよね!そりゃ、たくさんのお土産と思い出を詰め込みたいですから、できるだけ荷物は少ない方が良いでしょう。

日本では必須級の持ち物である運転免許証健康保険証は、海外に持っていくべきなのかどうかわかりませんよね。僕は海外で財布が盗まれたり、落としたりすると嫌なので、免許証と保険証は極力持っていきたくないです。

ただ、パスポートの紛失時などは身分証明書が必要となります。そのため、万が一のことを考えると免許証や保険証も持っておくと安心です!そもそもどちらもカードタイプなので、邪魔になることもありません。リスクヘッジをしっかりしつつ持参すれば、いざという時に役立つでしょう。

むしろ海外では何があるかわからないので、心配性な方は常に手荷物に入れておくと良いかもしれません。

運転免許証は不要?必要?

ここからは運転免許証が不要か必要か解説します。

1.必要かどうか

海外旅行では、日本の運転免許証で車を運転することはできません。

運転するのなら別途、国際運転免許証が必要となります。

ただ、日本の免許証は身分証明書として使える場合があるので持参すべきです。

2.運転免許証の使い道・用途

国内で使える運転免許証は、海外での使い道・用途もあります。

パスポートを紛失した際、渡航書を発行するために必要です。パスポートがない時、出入国するために必要となる書類が渡航書です。これを発行するためには身分証明書が必要なので、運転免許証は持っておく方が良いです。

なお、パスポートを再発行する際には、戸籍謄本と証明写真(45mm×35mm)も必要となるため、その場で再発行したい人は戸籍謄本と証明写真も忘れずに。

ただ、実はパスポートを発行しなくても渡航書があれば出入国することは可能です。わざわざ海外旅行に行く時に戸籍謄本と証明写真を用意するのは面倒ですよね。だからこそ、渡航書を発行するために運転免許証を持っておくのがおすすめなのです。つまり、日本大使館などでは身分証明書として使えるわけです。

ちなみに身分証明書も戸籍謄本も証明写真もない場合、渡航書すら発行できないので注意しましょう!

健康保険証は不要?必要?

ここからは健康保険証が不要か必要か説明します。

1.必要かどうか

海外旅行では、日本の健康保険証で病院を使うことはできません。

ただ、医療機関を利用するなら海外旅行保険証が必要となります。

2.健康保険証の使い道・用途

国内で使っている国民健康保険や社会保険の保険証は、海外での使い道・用途はありません。

ただ、旅行の際に加入した海外旅行保険の保険証は、怪我・病気をした時や荷物が破損・紛失した時などに必要です。そのため、日本で使っている健康保険証とは別に海外旅行保険に加入し、その保険証を携帯しましょう。

なお、国民健康保険や社会保険の被保険者なら、海外で生じた医療費の一部払い戻しが可能です。海外で医療機関を利用した際、診療内容証明書か領収証明書を受け取ってください。治療費を支払ってから2年以内であれば、海外療養費制度を利用して申請できます。

健康保険証は海外旅行に持っていく必要はありませんが、海外保険サービスの書類などは持参しましょう。その他、現地で必要な書類を受け取っておくことも重要です。

クレジットカードが万能

運転免許証や健康保険証とは別に、海外旅行で重宝するのがクレジットカードです。

実は海外ではクレジットカードが身分証明書として使えます。むしろ免許証や保険証よりも、クレジットカードを本人確認に使うことが多いです。国際基準のVISAやMasterCard、JCBを持っておくと海外でも重宝するでしょう。

また、クレジットカードがあれば、現金とは別に利用枠内でショッピングが可能です。大金を現金で持ち歩くのは避けたいので、海外ではクレジットカードの方が使い勝手も良いです。

その他、クレジットカードには海外旅行保険機能が付帯されたものもあります。海外保険サービスよりは内容が薄いですが、十分に対応できる補償金額のものもあります。なお、自動付帯(特別な手続き不要)と利用付帯(追加料金の支払いが必要)のものがあるので、事前にチェックしましょう。

僕の場合は、VISAとMasterCardの2枚を持ち歩いています。そう考えると免許証や保険証よりもクレジットカードの方が必要かも!

紛失時に備えてコピーしておくと安心

基本的には原本かつ本人でなければ使えないのが、運転免許証や健康保険です。ただ、海外ではその効力もまったく違ったものとなってしまいます。

しかし、運転免許証や健康保険証の他、パスポートのコピーもあると安心です。紛失時にも元本が必要ですが、例えば財布ごと盗まれたり落としたりした場合は、すべて失ってしまうことになりますよね。

その際、コピーがあれば本人確認だけはしてくれることもあります。国によって違ってくるので、トラブルや問題が発生した際には日本大使館などに連絡を取ってみてください。

まとめ

海外旅行では運転免許証が必要です。ただ、健康保険証はさほど必要ありません。状況によって必要かどうかも変わってくるので、万が一に備えて準備しておきましょうね。特に運転する場合は国際運転免許証、病院に行く場合は海外旅行保険証が必要です。

他のカードタイプの持ち物としてはクレジットカードがおすすめです。

ここで紹介した運転免許証・健康保険証が必要かどうかを参考に、安心して海外旅行を楽しめるように準備してください。備えあれば憂いなし!

準備カテゴリの最新記事