海外旅行でキャンセル料を払わない方法はある?かからないようにするコツ

海外旅行で諸事情によりキャンセルしなくてはならない時、できる限りはキャンセル料を払いたくないですよね。ただ、予約してしまった後、出発までの日数によってキャンセル料が必要となることもあります。そこで、ここでは海外旅行でキャンセル料を払わない方法やかからないコツを紹介します。

海外旅行でキャンセル料を払わないと……

どうも!ドタキャンされやすい体質でお馴染み、チキンジャーニーのハルです!

海外旅行は旅行会社を通じて、ツアーなどで予約する人も多いですよね。個人で予約する分には個人で対応すれば良いのですが、旅行会社を使うとキャンセルした時にキャンセル料が発生します。

もちろん、個人で飛行機やホテル、レストラン、現地ツアーなどを予約したにも関わらずキャンセルすると、場合によってはキャンセル料が必要となります。

ただ、多くの場合はやはり海外ツアーなどに申し込んで、その上でキャンセルした時にキャンセル料が必要となることを懸念している人も多いでしょうね!

まず、海外旅行関連の予約に関して、キャンセル料が発生した場合は期日までに支払うのが普通です。

どこも慈善事業でやっているわけではないため、いきなりキャンセルされてしまうと本来得るはずの利益を失うことになりますからね。

そのため、それぞれの会社ごとにキャンセルポリシーなどを用意していて、予約した時点で利用者もそのキャンセルポリシーに同意したとみなされます。

つまり、同意して予約した時点で、キャンセル料の支払いについても応じるということを納得したと判断されるのです!

すでに入金や決済を済ませている時やキャンセル不可の時にキャンセルする場合、キャンセル料を払うことが必要となることもあります。

また、キャンセル料が発生しているのに無視し続けていると、最悪の場合はブラックリストに登録されてしまったり、民事訴訟を起こされてしまったりすることもあるでしょう。

大半の場合はキャンセル料よりもコストがかかるので、そこまで徹底的に回収しようとするところは少ないでしょう。ただ、お互いに嫌な気持ちにならないよう、ルールやマナーは守ることが必要です。

踏み倒すなんてもってのほかですよ!

海外旅行のキャンセル料はいつからかかる?いつまでに伝えればいくらで済む?

2019年3月23日

キャンセル料を払わない方法・かからないコツ

海外旅行のキャンセル料は、もちろん誰もが払いたくないですよね!

自分都合なのか相手都合なのかによっても変わってきますが、余計な費用はかけたくないのが正直なところです。ただ、キャンセルすることで料金が発生することもあるため注意しましょう。

ここからは海外旅行でキャンセル料を払わない方法・かからないコツを紹介します!

ただ、秘策や裏技というよりは常識的なことの紹介となるので、あくまでも参考にする程度にしておいてくださいね!

海外旅行のキャンセル待ちを予約できる確率!旅行会社の仕組みと裏事情

2019年3月25日

1.キャンセルポリシーを確認する

海外旅行でキャンセル料を発生させたくないのなら、キャンセルポリシーをしっかり確認しておくことをおすすめします!

そもそも旅行会社はもちろん、飛行機やホテル、レストラン、現地ツアーなどは、普通にキャンセルしただけではキャンセル料が発生しないことが多いです。

キャンセル料が発生するのは、このキャンセルポリシーに違反した時だけなのです!

例えばキャンセルポリシーでは出発日当日のキャンセルや無断でのキャンセルなどは100%、出発の数日前なら50%、出発の数十日前なら無料というように決めています。

普通にキャンセルする分にはキャンセルポリシーに違反することも少ないので、まずはそれぞれのキャンセルポリシーを確認しておきましょうね!

2.早めにキャンセルする

キャンセルは当日に近づけば近づくほど、キャンセル料も高くなります。逆に遠ければ遠いほど安くなります。

つまり、早めにキャンセルすることこそが、一番簡単なキャンセル料を払わない方法だと言えるでしょう!

キャンセルポリシーごとに決まっているものの、当日の40日前や30日前であればキャンセル料がかからないことも多いです。

やむを得ない事情でキャンセルになるという時には仕方ないですが、相手都合ではなく自分都合でキャンセルする場合は、約1ヶ月前を目安にキャンセルしておくようにしましょう!

4.連絡して事情を説明する

中にはキャンセルをしなくてはならないのに、電話もメールも入れない人がいます。これはアウトです!

人によっては「シカトし続ければ勝手にキャンセルになるでしょ」と考えている無責任な人もいますが、予約を受けた側からするとこれほど迷惑な話はありません。

僕の知り合いに旅行業に携わっている人がいますが、稀にこういう人もいるようです。そして、そういう人に限ってキャンセル料を請求すると逆上されるのだとか……!

キャンセルが必要となった時、早い遅いに関わらず、とにかくすぐに連絡することが重要です。

事情を説明すれば、キャンセルポリシーに反していたとしてもキャンセル料が請求されないこともあるそうです。

有名なホテルや人気のレストランであれば必要となることもあるかもしれませんが、事情を説明すれば「今回はキャンセル料は払わなくて大丈夫なので」と言ってくれることもあるかもしれません。

やむを得ない事情でキャンセルする時には、連絡してしっかり事情を説明することが重要ですね!

5.予約なしで利用する

キャンセル料がどうしても払いたくないということであれば、かからないようにするための究極のコツとして、予約なしで利用するというのがあります。

海外ツアーなどの場合は予約せずに使うということはできませんが、個別に自分で利用するのなら予約しないというのも良いでしょう。

例えば、一人旅やバックパッカーの人たちは、航空券を予約して、自分で現地でホテルやレストランを見つけますよね。場合によっては現地ツアーなどを利用するかもしれませんが、それも前日などに予約するでしょう。

予約なしで利用すると、当然ですがキャンセル料もかかりません。

ただ、海外ツアーなど事前の予約が必須となるものについては、どうしてもキャンセル料がかかることもあります。

そこは旅行のスタイルに合わせて考えておきたいところですね!

まとめ

「お客様は神様だ」と言わんばかりに、海外旅行をキャンセルし、キャンセル料すら払わないという人もいます。確かにキャンセル料を払わない方法やかからないコツもあるのですが、原則はキャンセルしないことが一番です!

予約を受ける側から見ると、やはりキャンセルは迷惑でしかありません。やむを得ない事情もあるかもしれませんが、その場合でもキャンセルするのなら、原則としてはキャンセルポリシーに則って支払うようにしましょう。

ここで紹介した海外旅行のキャンセル料を払わない方法やかからないコツ参考にしつつ、キャンセル料と上手に向き合っていきましょう!

海外旅行をキャンセルする理由は?返金してもらうことはできる?

2019年3月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です