3つの手順で簡単!海外旅行のパスポート申請から受領までの流れ

3つの手順で簡単!海外旅行のパスポート申請から受領までの流れ

海外旅行をするなら、必ず必要となるのがパスポートです。逆に言えばこれさえあればどこへだって行ける!しかし、申請から受領まで難しいと思っている方も多いですよね!ここではパスポートの申請から受領までの流れを解説します。

パスポート申請から受領までの流れ

どうも!パスポートのスタンプを見てニヤニヤしちゃうチキンジャーニーのハルです!

パスポート、それは夢への懸け橋。これさえあれば世界はもう目の前です。しかし、申請方法がわからないのでは意味がありません。ここではとても簡単な3つの手順を紹介するので、安心してパスポートを手に入れましょう!

1.必要書類の用意

パスポート申請において、やはり気がかりなのが必要書類ですよね。僕も最初は何を用意すれば良いのか、煩雑でわかりにくくて困惑していました!なんでこういう書類って難しい言葉ばかりなんでしょう!笑

パスポート申請に必要な書類は以下の通りです。

・一般旅券発給申請書:1通
・戸籍謄本(戸籍抄本):1通
・住民票の写し:1通
・証明写真:1葉
・申請者の本人確認書類:1通

一見すると難しそうに見えるパスポート申請ですが、上記の書類さえ揃えれば、簡単に申請することができます。情報に間違いがあると申請は通らないので、その点だけは注意しておきましょうね!

https://chicken-journey.com/passport-application-document/

2.パスポート申請窓口で申請

パスポート申請の必要書類を集めたら、自分が住民票を登録している都道府県のパスポート申請窓口に申請するだけです。

書類に不備がなければそのまま窓口に提出し、受領できる日まで待機していましょう。この間、やらなくてはならないことも特にないので安心してください。

なお、本人以外が申請する場合は下記を参考にしてください。

2-1.未成年者の申請

未成年者がパスポートを申請する場合は、申請書裏側の「法定代理人署名」の欄に保護者の方が署名する必要があります。遠くにいて署名してもらえない場合は、保護者の同意書を提出すれば大丈夫。

2-2.代理人の申請

窓口によって異なりますが、本人ではなくても申請が可能な場合があります。ただ、申請書は本人が記入しなければならない欄があり、そこを記入してから代理人が持参する必要があります。なお、代理人も本人確認書類が必要となるので注意してください。

3.パスポート交付窓口で受領

パスポート申請から受け取れるまでの期間は、1週間程度かかります。申請してから1週間後に本人が受領しに行きましょう。

申請とは違い、受け取りに関しては特別な理由がない限り、本人でなければ不可能です。必ず本人がパスポート交付窓口で受領するように!

パスポート受領に必要なものは、以下の通りです。

・申請時に受け取った受理票(受領証):1通
・収入証紙:1通
・収入印紙:1通

収入証紙と収入印紙は、パスポートの有効期限によって料金が異なります。以下も参考にしてください。左から順に収入証紙と収入印紙の料金です。

・10年間(20歳以上):2,000円+14,000円=16,000円
・5年間(12歳以上):2,000円+9,000円=11,000円
・5年間(12歳未満):2,000円+4,000円=6,000円

受領の際にはそれぞれ必要となるので、受け取る日に用意しておくようにしましょうね!後は窓口で、自分のパスポートを受領するだけです。

申請から受領までの注意点

パスポート申請から受領までの流れはとても簡単なので、あまり注意点というものはないのですが、気を付けておきたいことはちょっとだけあります。

1.必要書類の不備

パスポートの申請では必要書類に不備があった場合、発行することができません。必要書類はしっかりと確認し、すべて揃えてから申請するようにしましょうね!

2.情報の間違い

パスポートを申請する場合、手書きで記入する欄も多々あります。そういう時、間違ってしまうこともあります。だって、人間だもの。ただ、その場合は申請が通らないこともあるので注意してください。

特に多い間違いと言えば、申請するパスポートの有効期限や種類です。その他、パスポートに表記されるアルファベットの名前も間違うことがあります。

情報の間違いに気付いた場合は、早めに窓口に相談するようにしましょう!

3.パスポートの紛失

意外とあるのが、パスポートを受け取ったその日に紛失してしまう人です。「あれ?ちゃんとバッグに入れたつもりだったんだけど」なんて笑えない話ですぞ!

パスポートはとても貴重なものなので、管理には十分に気を付けてくださいね。

 

まとめ

難しい言葉が並んでいるパスポート申請に関するページは、見ているだけで頭が痛くなってくる!でも、本当はとても簡単に申請できるんです!

難しいことが何もわからない僕でさえ申請して受領できたんだから、みなさんなら大丈夫。

ここで紹介したパスポートの申請から受領までの流れを参考に、夢の懸け橋を手に入れちゃいましょう!

準備カテゴリの最新記事