パスポートとビザの違いとは?電子渡航認証とは何が違うの?

「パスポートとビザと電子渡航認証と……」

どうも!
海外旅行の水先案内人、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

海外旅行にパスポートは絶対に必要となります。
ただ、実はそれだけではなく、ビザや電子渡航認証が必要な国もあります。
しかも日本人がよく観光に行く国でも必要となることが……。

海外旅行に慣れていない人は、これらの違いがわからない人もいますよね!
そこで、ここでは海外旅行で使うパスポートやビザ、電子渡航認証の違いについて解説します。

違いを知っておかないと空港に到着してから冷や汗をかくこともあるので注意。
事前に必要な国を確認し、申請しておきましょうね!

パスポート・ビザ・電子渡航認証って何?

海外旅行では原則としてパスポートさえあれば出入国は可能です。
ただ、国によってはビザや電子渡航認証が必要となる国もあるため注意しましょう。

ここからはパスポートとビザと電子渡航認証それぞれの特徴を紹介します!
国ごとに必要となるものが違ってくるので、自分が渡航する国は何が必要なのかを把握しておきましょう。

必ずパスポートは必要となるので、それ以外のビザと電子渡航認証に注意しておいてくださいね。

1.パスポート(旅券)とは何か

パスポートというのは渡航者の身分証明書と言えます。

旅券とも呼ばれているもので、海外旅行ではこのパスポートがなければ出国も入国も不可能です。
海外旅行の際は、パスポートを取得してから渡航することになります。

国ごとに自国のパスポートを発行していて、日本国籍の人は日本のパスポートが必要です。
これは申請者に対し、国が許可を出した人だけ受領することができます。
一見すると難しそうですが、パスポートの取得は簡単なので安心してください。

日本のパスポートは最強とも言われており、渡航できる国も多いです。
5年と10年のものがありますが、どちらも効力は同じで世界の主要国であればほとんど渡航することが可能です。

海外旅行の際には絶対に必要となるものなので、出入国の際に忘れなきよう!

パスポートの更新と申請の手続き方法!受領までの期間や時間

2017年6月9日

パスポートの更新・申請手続きの必要書類!受領に必要なもの一覧

2017年6月10日

2.ビザ(査証)とは何か

ビザというのは渡航者の入国許可証と言えますね。

世界の国では各国の国籍を持っている人が入国できるかどうか定めています。
日本国籍の人は、パスポートだけで多くの国に出入国が可能です。

パスポートでは、入国を許しても良い人物なのかどうか判断されます。
それが入国審査というもので、税関などにも影響します。
日本人は多くの句でビザ免除となっていますが、少ないながらもビザが必要な国はあるかもしれません。

こればかりは渡航する国ごとに違うので、自分で渡航する国でビザが必要なのかどうか確認しておきましょう!

ビザが必要な国では、出入国の際にビザを確認して判断するのが一般的です。
怖いと思うかもしれませんが、短期滞在の観光目的であれば普通に入国できる国が多いので安心してください。

渡航する前に下記を確認しておくと安心です。

・ビザ要否一覧(日本国籍):https://www.tokutenryoko.com/service/visa/list/
・ビザ免除・地域(短期滞在):http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/novisa.html

外務省などでは、常にこれらの情報も更新しているので、直近の情報を調べておくと良いですね!

ビザが必要な場合は、現地の空港で発行してもらうことができたり、事前に申請して発行してもらったりすることが必要です。
ただ、ビザが不要な場合は、パスポートだけで渡航が可能です。

近年はビザが不要であっても電子渡航認証が必要な国も増えているので注意しましょう。
日本人が観光や留学、ワーキングホリデーなどで渡航することが多いアメリカやカナダ、オーストラリアも必要となるので要チェックです!

3.電子渡航認証(ESTA・eTA・ETAS)とは何か

電子渡航認証というのは渡航者の電子入国許可証と言えます。

海外旅行のように数日や数週間くらいの旅行であれば、原則ビザが不要なところも多いです。
それこそ、パスポートだけで出入国ができる国がほとんどだと思います。

ただ、国によっては電子渡航認証と呼ばれるものを申請し、許可を得なくてはならないことがあります。
その許可を得ずに渡航してしまうと、空港で止められてしまいます。
最悪の場合は出入国ができないので注意しましょう。

どこで必要となるのかというと、具体的に何かを提示することはありません!
許可さえ下りていれば、そのまま情報が記録されているので、渡航することができます。

事前に申請し、許可を受ければそれだけで出入国が可能となるシステムです。

日本人観光客が多いアメリカではESTAが必要となります。
日本人留学生が多いカナダではeTAが必要です。
日本人ワーホリが多いオーストラリアではETASが必要となってきます。

僕は上記の国すべて渡航したことがありますが、どれも事前に申請し、許可を得てから渡航したので何も問題はありませんでした!

それぞれの国ごとに申請の方法が違ってくるので、渡航する国ごとに調べて申請しましょう。
なお、アメリカやカナダ、オーストラリアの他にも電子渡航認証が必要な国はあります。

渡航前に必要かどうか確認し、必要に応じて申請してくださいね。
「自分でやるのが難しそう」と思う人は、旅行会社や旅行代理店にやってもらうことが必要です。

また、電子渡航認証は料金もかかります。
自分でやれば1,000円~2,000円ほどでできると思います。
ただ、旅行会社や旅行代理店に代行してもらうと5,000円~7,000円ほどかかるはずです。

不安な人や心配な人は代行してもらっても良いですね!
自分でできそうなら、自分でやっても全然大丈夫ですよ!

パスポートとビザの違い

意外とパスポートとビザが同じものだと思っている人も多いです!
僕も違うものだとは思っていましたが、最初は違いもわかりませんでした。
パスポートがあればどこでも海外できるのかなと思いますよね!

でも、そもそもパスポートとビザは別物なので、そこは注意が必要となります。
主な違いとしては下記の解釈で良いでしょう。

・パスポート(旅券):身分証明書
・ビザ(査証):入国許可証

パスポートというのは日本政府が本人を日本国民だと認め、海外に渡航することを認めた身分証明書です。

ビザはその国に入国する諸外国が申請者に対して審査し、犯罪歴や思想などを考慮して問題がない場合だけ発行される入国許可証です。

海外旅行に必ず必要となるものがパスポートとなります。
犯罪歴などの審査が重要な国で必要となるのがビザとなります。

勘違いしやすいので渡航前にその国がどういう条件で出入国を定めているのか、一度調べておきましょう!

ビザと電子渡航認証の違い

ビザと電子渡航認証も同じものだと思っている人も意外と多いです!
こちらはパスポートやビザとは違って性質が似ているので、勘違いする人も多いかもしれませんね。

ただ、微妙に違ったものとなってくるので、理解しておくことが必要です。
下記の解釈で頭に入れておくと安心なので、まずは確認してみましょう。

・ビザ(査証):身分証明書
・電子渡航認証(ESTA・eTA・ETAS):電子入国許可証

ビザは出入国する諸外国が申請者を審査し、犯罪歴や思想などから問題がない人のみ発行される入国許可証となります。

電子渡航認証はビザを免除する代わりに、事前に申請して許可を得ておくべき電子入国許可証と言えます。

思想などから判断してもらって事前に申請しておくものがビザです。
ビザ免除のために事前に申請しておくものが電子渡航認証です。

ビザ免除プログラムなどによって、国ごとに出入国のシステムは違います。
ここが結構難関となるので、入念な情報収集が必要となります。

まとめ

海外旅行をする前にパスポートやビザ、電子渡航認証の違いを知っておきましょう。
簡単に言うと、パスポートは必須、ビザと電子渡航認証は国ごとに必要となることがあると覚えておくと良いですね!

システムが便利になってきたので、ビザや電子渡航認証の申請はそこまで難しくありません。
ただ、慣れていない人はパニックになると思うので、早め早めに申請しておいてください。
なお、日本のパスポートがあり、短期滞在の観光であれば免除されることも多いです。

ここで紹介したパスポートとビザと電子渡航認証について知り、それぞれの国で必要かどうか調べてから渡航しましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です