海外旅行好き必見の貯金方法!旅が趣味でも毎月貯まるやり方

「海外旅行しながらでもちゃっかり貯金」

どうも!
浪費家と倹約家のサラブレッドこと「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

海外旅行のためにコツコツと貯金している人もいますよね。
逆に海外旅行しながらでも堅実に貯金している人もいるかも。
僕も年に数回海外旅行していますが、貯金もちゃんとしています!笑

ただ、このご時世なかなか貯金しようにも貯まりませんよね。
そこでここでは海外旅行好きのための貯金方法をついて解説します。

ぜひ旅を趣味にしながらも、いざという時のために貯金しましょう!

海外旅行が趣味でも確実に貯まる貯金方法

みなさんは貯金しているでしょうか?
いやいや、どこぞの見知らぬチキン野郎に貯金しているかどうかなんて教えたくないですよね!笑

でもこの記事を読んでいるということは、少なくとも貯金したいと思っていたり、貯金したくてもできていなかったりするのではないでしょうか?

海外旅行の予算は最低でも5万円~10万円ほど必要です。
節約すれば3万円前後の格安旅行なんてのもありかもしれません。
ただ、その逆で20万円~30万円ほどかかることも!

個人手配なら切り詰めて安くすることもできますが、旅行会社や旅行代理店を使ったツアーの中には50万円~60万円なんて金額になることもあります。

僕の場合は平均すると年間4回~5回ほど海外旅行に行くので、その費用は100万円を超えてしまうこともあります……正気の沙汰ではありません!笑

せっかくの旅行なのに節約ばかりというのは嫌ですよね。
そのため、より海外旅行を楽しむために貯金は重要です。
ここからは旅人がやっている貯金の方法を紹介します!

ライフスタイルは人によって違うので「こういう貯金のやり方もありかも」というアイデアも紹介したいと思います。

1.収入と支出を記帳する

自分の所得について把握している人は多いですが、支出まで細かく記帳している方は少ないのではないでしょうか?

僕はフリーランスなので収入と支出をすべて記帳しています。
帳簿を作ればお金の動きが手に取るようにわかります。
大袈裟な帳簿は必要なく家計簿だけでも十分なので、お金の流れを記録するようにしましょう。

月収30万円でも支出が35万円あれば貯金なんてできません。
逆に月収30万円で支出が20万円なら10万円の余剰が出てきます。

大切なのは記帳することで、目に見える形で管理することです。
その中から自由に使えるお金が見えてくると貯金に回すこともできますからね!

何より記帳することで「貯まっている」と実感できます。
これが意外にも大きな貯金のモチベーションに繋がってくることも!
1万円貯まれば10万円貯まり、10万円貯めることができれば100万円以上の貯金も夢ではありません。

2.毎月の貯金額を決める

目標の貯金額を決めずに貯めようとするのは非効率です。
毎月どれくらい貯めたいのかを決めることで、より効率的に貯金していくことができます。

目安としては収入の10%~20%を貯蓄に回すのが良いです。
ただ、20代の貯蓄率は高く、給料の30%ほどを貯金に回しているという人も多いです。

結婚や妊娠、出産などが大きなイベントが少ない20代。
抑えようと思えば出費も抑えることができますよね。
若いうちは多少無理をしてでも働くことができるので、夢のために一生懸命働いてから旅に出る人もいたりします。

まずは自分の生活に合わせて貯金額を決めてみてくださいね。
実家暮らしなのか一人暮らしなのかによっても違うし、結婚しているか独身なのかでも違いますが、毎月の目標があれば海外旅行に必要な予算も見えてきますよ!

月1万円貯金すれば年12万円貯金することができ、アジアはもちろん欧米にも渡航が可能です。
月2万円なら年24万円、月3万円なら年36万円。
無理のない範囲で目標設定して貯めていきましょう。

3.予算を明確にする

旅行の予算を明確にしないとそもそも目標金額も決まりません。
旅に必要な予算や費用を明確にすると良いでしょう。
以下、簡単な目安です。

  • アジア:5万円~15万円
  • 北米:15万円~30万円
  • 中南米:15万円~45万円
  • ヨーロッパ:10万円~30万円
  • アフリカ:15万~45万円
  • 中近東:8万円~24万円
  • オセアニア:8万円~24万円

海外旅行は航空券やホテル、現地ツアー、食事、お土産などによって旅費も大きく変わってしまうため、厳密な予算は人によって違います。
しかし、おおよその目安を考えておくことで、それに標準を合わせて貯金できるわけです。

逆にどれくらい貯金が貯まったらどの国に渡航できるかの目安にも。
まずは目的地を決めて、現地の観光をどうするか細かく決めてから貯金するというのもありかもしれませんね。

旅費は多くしたり少なくしたり、自分でも調節して工夫すると良いです。

4.収入から天引きする

無駄遣いしてしまう人は収入から天引きして貯金するのがおすすめ。
所得から貯金する金額を差し引き、それを手取りと考えるわけです。

最初からないものだと思って貯金すれば、苦痛になることもありません。
「貯金しなきゃいけない」と思うほど長続きしないので、最初から使わないお金として貯金すると良いかもしれませんね。

天引きしておくと自然と貯金額が増えていくので、気づけばまとまった金額になっていることも!

5.収入を増やし支出を減らす

早い話、貯金しらいなら収入を増やして支出を減らすのが一番です。
収入と支出をコントロールするのが究極の貯金方法となります。
やり方はとても簡単で、ただ労働して節約するだけ。

収入を30万円から40万円にアップさせることができれば、支出が35万円あっても5万円貯金できます。
支出を減らして25万円に抑えられれば、15万円も貯められるのです。

近年は副業を解禁している企業も増えているので、稼ぐことは簡単。
また、会社で頑張れば人事評価で昇給や昇格があるかもしれません。
もしかしたら賞与やボーナスを狙えるかも!

6.旅行貯金用の預金口座を作る

普段から使っている預金口座だとお金の出入りも激しいため、どうしても感覚が麻痺してしまっていることがあります。
ついお金を引き出して使ってしまうということもあるはずです。
誘惑というのはそれほど強いものなのかもしれません。

だからこそ旅行用の預金口座を作るというのがおすすめです。
もしくは定期預金で旅費を貯めるというのもありです。

定期預金に入れておけば普通預金よりは金利も良いので、預ける金額が大ければ大きいほど貯金も貯まります。
注目すべきは利息ではありません。

定期預金だと預け入れの期間中は引き出すことができません。
誘惑に負けて引き出そうとしても、定期預金は気軽に引き出すことはできないんですよね。

だから自然と貯金も貯まるようになります。

7.投資用の口座を作る

貯金が増えてくると、ただ口座に入れておくだけではもったいないです。
本当にお金を稼ぎたいのなら、お金に稼がせるというのが定番と言えます。

その代表的な方法が投資です。
投資にはリスクがありますが、専門家に任せてローリスクローリターンの金融商品に投資するということも可能です。

そこまで大金を稼ぐ必要がないのなら、安定した金融商品に投資して、順当に複利で預金を増やしていくということも可能です。
まずは投資用の口座を作り、投資の知識も蓄えてみてください。

8.クレジットカードを使う

クレジットカードによってはマイルが貯まるものもあります。

代表的なものだとANAカードやJALカードが有名ですね。
これらに加入している状態でクレジットカードを使うと、自然とマイルが溜まっていきます。

貯金は貯金でも現金ではなくマイルで貯金するというのは、何とも海外旅行好きらしい貯金方法なのではないでしょうか?
よく使うクレジットカードだと使えば使うほどマイルが貯まるので、気づけば海外旅行1回分の資金になっていることもあります。

毎日のちょっとした買い物はもちろん、高額なショッピングでもマイルがぐんぐん貯まるので、そちらで現金とは違う形で貯金していくと良いかもしれませんね!

9.マイルカードを使う

ANAやJALはもちろん、海外の航空会社でもマイルは溜まります。
しかも、航空会社ごとにグループを持ち、それぞれのグループ系列であれば同じようにマイルを貯めることも可能です。

マイルカードというのはそれらマイルを貯めておくためのカード。
近年はクレジットカードと一緒に発行して使っているという人も多いかもしれませんね。

普段の買い物でマイルが貯まり、ある程度マイルが貯まったら航空券と交換できるという手軽さが魅力です。
海外旅行の中でも大きな出費となるのが飛行機なので、マイルで航空券が予約できてしまうというのは素敵ですよね。

こちらも現金ではありませんが、マイルという形で貯金しておくとかなり予算をカットできるようになるかも!

10.断捨離する

日本で生活していると、持っているだけで無駄な出費に繋がってくるものもあります。

例えば家や車などは代表的な固定支出の1つですよね。
特に注意しておきたいのは税金がかかるものです。
固定資産税や自動車税は毎年の出費としても数万円以上になることが多く、実は結構な負担になっています。

さすがに家や車を手放すことはできないと思いますが、その他にも無駄になっているものを断捨離することで貯金に繋がるかもしれません。

ゲームを持っていると、ネットワークに繋いでオンラインで楽しむだけで月額500円~1,000円ほどかかりますよね。
それに、定期的に本体やソフトが発売されるので、すべて購入していては貯金できるものもできません。

靴や服などを持っていると、トレンドや流行に合わせて他のアイテムが欲しくなるし、洗濯代やクリーニング代もかかりますよね。
よりファッションにこだわる人は高級ブランドなどで無駄に浪費している人もいます。

もちろん、海外旅行の他にも趣味があると思います。
そのため、すべてを捨てるべきとは言えません。
ただ、無駄になっているものを断捨離するだけでも違いますよ!

11.リサイクルショップやディスカウントストアに売る

これも断捨離の1つと言えば1つなのですが、価値が残っていそうなものは買い取り専門店などに売ってみるというのも良いのではないでしょうか?

見栄で買ってしまった高級時計や高級財布、使わないのに買った家具家電、その他にも無駄になっているものでも価値が高いものがあります。
それらをまとめて売ると、意外にも数万円になったりします。

海外旅行は節約すれば数万円でも海外旅行は可能です。
そう考えたらリサイクルショップやディスカウントストアは、お金を生み出してくれる場所とも言えるでしょうね。

貯金とはまた違った方法かもしれませんが、何かを売って手にした現金をそのまま貯金してしまえば旅の資金にできちゃいます!

12.月額や年額の契約を解約する

月額や年額で契約しているものはあるでしょうか?

僕はワードプレスでブログをやっているので、ドメイン代やサーバー代が定期的にかかってしまいます。
ブロガーなんて自称していますが、広告収入は雀の涙ほどですけどね。
その状態で月額や年額で数万円以上かかってくると……辛い!笑

その他、僕はPhotoshopやLightroomなどの写真・画像の加工編集ソフトを使うために料金を払っていますし、Amazonプライムにも加入しているので固定費がかかります。

……生きていくだけでなんでこんなにお金がかかるんでしょうか?笑

スマホも本体代を分割で払う人が多く、毎月の利用料もかかります。
貯金したいならこういう契約も減らしていくのが良いです。
正直、格安SIMとか格安スマホで十分という人も多いですからね。

とにかく海外旅行の貯金をしたいなら、こういった月額や年額の契約は極力減らすと良いです。
実際にこれらの契約をストップするだけで、結構な節約になりますよ!

13.課金をやめる

スマホでアプリをやっていると、ついつい課金してしまうことも。
代表的なのが課金型のゲームアプリですね。
課金するのが生きる希望に繋がっているのなら課金しても良いです!

ただ、課金の怖いところは「ちょっとなら良いかな」という気持ちが積み重なっていくということです。
僕は課金することはありませんが、知り合いには毎月数万円課金してしまっている人もいますね。

それは本人のお金の使い方なのでとやかく言うことはできません。
ただ、例えば毎月1万円ほどスマホゲームに課金している分を貯金に回せば……年12万円という大金に!

もうアジアだけじゃなくて、ヨーロッパもオセアニアもアフリカも北米も中南米も中東も行けちゃいますね。
贅沢海外旅行も夢ではありません!

何にお金を使うかは自由。
好きなことにお金を使うのなら間違ってはいません。
ただ、海外旅行に行きたいと思っていながら課金しているのはナンセンスですよね!

14.禁煙・禁酒する

お酒やタバコなど依存性の高いものにお金を使うのは危険です。
依存性が高いものにハマると、なかなか抜けることができず、ズブズブと湯水のように無駄なお金を使ってしまうことになります。

お酒やタバコが大好きという人は、無理に禁煙・禁酒する必要はなし。
しかし、これら依存性を持つものにハマると貯金もできません。

簡単に禁止するということはできないと思うのですが、本当に貯金したいと思っているのならこれらから削っていくのがおすすめです。

15.実家暮らしをする

近年は実家暮らしの若い人も少なくありません。
年齢を重ねている人でも実家暮らしという人もいますね。

かつては大人になっても実家暮らしという人は「自立できていない」なんて言われたものです。
しかし、時代は変わり多種多様な生き方が認められるようになりました。

個人的には実家暮らしは恥ずかしいことだとは思いません。
事情があって実家暮らしの人も日本にはたくさんいますからね。

そんな中、若者から絶大な人気を得ている有名アーティストの岡崎体育さんも実家暮らしをするなど、近年はライフスタイルも変わってきています。

そもそもそれぞれの家庭に事情があるので、一概に批判する人や否定する人の話は耳に入れなくて良いです。
実家暮らしほどコスパが最強な生活はないと思います。
人によって考え方は違うので、実家暮らしできる人は実家に住まわせてもらっている間にガッツリ貯金しておくことをおすすめします!

海外旅行に行きたいなら実家暮らしの方が各段に貯金できるはずです。

例えば、都会で生活するとなると家賃だけでも6万円~8万円前後。
事故物件など格安物件を選んでも家賃は5万円前後です。
他にも一人暮らしは家賃とは別に食費や水道光熱費、通信費、保険、税金、その他日用品費がかかります。

それらをまるっと貯金できるとすれば貯金もできますよね。
もちろん、実家暮らしでも家にお金を入れるという人もいると思うので、そこは計画的に貯めていくと良いかもしれませんね。

貯金で気をつけておきたいこと

旅費のために貯金していても思わぬ落とし穴があります。
貯金をすることに越したことはないですが、貯金だけが目的になっている人もいるかもしれません。

貯金だけが目的になってしまうと、実は貯金が進まなくなることも。
あくまでも自分のペースで貯められるようにしましょう。

ここからは貯金する際に気をつけておきたいことを解説します。

1.貯金することを目的にしない

貯金する人に多いのが貯金自体が目的になってしまうということです。
貯金はあくまで目的のために貯めるのであって、ただお金を貯めていても使わなければ意味がありません。

僕は一時期、通帳の金額が増えていくことの虜になりました。
もう半狂乱で正気を失ったように貯金しまくりました!笑
でも、貯まっても使わないと経済は回りません。

旅行のためにする貯金は旅行のために使うべし。
貯金するだけ貯金して貴重な時間を無駄にしてしまわないように!

2.無理をして貯めようとしない

旅行に行くために無理な貯金をする人もいます。
生活をカツカツに切り詰めて、普段の生活を犠牲にしてまで海外旅行に行くものではありません。

無理のない範囲で貯金するようにしましょう。
貯金のために生活の質が下がってしまえば本末転倒です。

旅行に行った時に豊かな心で楽しむためには、健康で文化的な生活を送ることを忘れてはなりません。

海外旅行の貯金はやり方を間違えないことが重要ですね。

まとめ

海外旅行のためには貯金が必要となることもありますよね。
貯金できないという人もいますが、やり方で全然違います。
工夫次第で貯金の方法も違ってくるので、自分に合った方法で貯めていくのが一番なのではないでしょうか!

貯金をしてから旅に出た方が良いとは言いませんが、やはりより充実した海外旅行にするためにはある程度のお金も必要となります。
お金がなくて妥協してしまわないためにも貯金はしておきたいです。

ここで紹介した海外旅行のための貯金方法を参考に、楽しく充実した旅行にしてください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です