空港の手荷物検査・保安検査の通り方!事前に出すものや引っかかるもの

「手荷物検査や保安検査を突破せよ!」

どうも!
保安検査場の引っかかり常習犯、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!笑

空港で気がかりなことと言えば、手荷物検査や保安検査場ですよね。
初めての海外旅行などではセキュリティチェックを「スムーズに通過したい」「何事もなく終わりたい」と思っている人も多いと思います。

僕も出すものを忘れていて引っかかることがあります!笑
そこで、ここでは海外旅行の空港の手荷物検査・保安検査の通り方を紹介します。

また、検査で出すものや引っかかるものも合わせて解説するので、初めて飛行機を利用する人などは事前に確認しておいてくださいね。

空港の手荷物検査・保安検査の通り方

海外旅行などで空港を利用する時、当日はドタバタすることも多いです。
その中でも時間を取られてしまうのが、手荷物検査や保安検査などのセキュリティチェックです。

これは航空会社ごとに違うのではなく、飛行機を利用する人なら必ず通過する必要があるものとなっています。

でも、空港に慣れていない人は意外と引っかかることも!
最初から出すものを理解しておけばスムーズなのですが、慣れていないとやっぱりわかりませんよね!

そこで、ここからはまず手荷物検査・保安検査の通り方を解説します。

1.搭乗券を準備する

手荷物検査場や保安検査場に入る時、入口で搭乗券を確認されます。
空港の地上係員が検査場で1人1人の搭乗券をチェックしているので、搭乗者本人の搭乗券を事前に準備しておくようにしましょう。

なお、搭乗券ではなくeチケットでも同様です。
ここでは本当に搭乗する人なのかを確認しているので、必ず搭乗券かeチケットの確認が入ります。

2.手荷物をトレイに入れる

検査場に入ったら、自分が持っている手荷物をトレイに入れるように。
トレイに入りきらない場合は2つや3つ使っても大丈夫なので、小分けにして入れてくださいね。

金属類や電子機器類はもちろん、液体類も取り外してトレイへ。
小型のものなどはカバンやバッグに入れたままでも問題はありませんが、極力は出すものは出しておくことでスムーズに通過できます。

スマホやタブレット、パソコンを機内持ち込み手荷物にする人も多いですが、これらはカバンやバッグから出して検査を受けてください。
検査によっては出さなくても結構通ることがありますが、余計なトラブルを避けるためにも出しておいた方が良いですね。

また、自分が着ている上着や靴なども脱いでおくとより安心です。
特に金属の装飾などがあるものは取り外してトレイに入れてください。
日本の空港だと大丈夫なことも多いですが、海外の空港では金属の装飾がなくても脱がされることがあるので注意してくださいね。

3.手荷物をX線検査に通す

手荷物を取り外したらX線検査に通すことが必要です。
これは自動でやってくれるので、ただトレイに入れて流すだけで大丈夫。

精密機械を持っている人は「X線検査に通しても大丈夫なのかな?」と思うこともあるかもしれませんが、空港のX線検査装置は精密機械に影響を与えないように配慮されています。

そのため、電子機器類などを通す場合でも安心して良いです。
一眼レフカメラなど高度な精密機械を通しても問題はないので、そこは安心して大丈夫だと思います。

スマホやタブレット、パソコン、携帯電話、ビデオテープ、CD、DVD、Blu-rayなどにも原則として影響はありません。

4.金属探知機のゲートを通る

荷物をX線検査に通している間に本人も金属探知機を通過します。
このゲートに関しては、空港によって構造が違うので、地上係員の指示に従って通過するようにしてください。

日本の空港だとただ通過して何も反応がなければ大丈夫です。
ただ、海外の空港ではセキュリティ強化によって、身体の隅々までチェックされることもあります。

ボディチェックなどが必要となることもあるので、そこも指示に従ってスムーズに終わるように協力しましょう。

5.手荷物を受け取る

金属探知機ゲートを通過したら必ず手荷物を受け取るように。
自分の荷物が流れてくるので、忘れ物の内容に今一度確認してくださいね。

なお、X線検査で引っかかったら、別途で呼び出されることも。
その場合は「中身を確認させてもらって良いですか?」と聞かれるので、カバンやバッグを確認してもらいましょう。

何事もなければ荷物を受け取って搭乗ゲートに向かいましょう。
本当にここでの手荷物の忘れ物が多いので、持っていたものが全部揃っているか確認してくださいね。

6.問題があれば再度検査を受ける

何か問題があれば再度検査となります。
この時、無理に抵抗すると余計に時間がかかるだけなので、素直に応じて他の人の迷惑にならないようにしましょう。

たまに機内に持ち込めないものを持っていて止められる人もいます。
持ち込めないものはその場で廃棄するか、もしくは航空会社のカウンターに預かってもらうことが必要となります。

処分を検討しなくてはならないものもあるので、機内に持ち込めないものは事前に捨てておいてください。

通過する時に出すもの・引っかかるもの

空港の手荷物検査場や保安検査場では事前に出すものもあります。
カバンやバッグに入っているものは取り出して検査を受けてください。
もちろん入れたままで検査を受けても大丈夫なものもありますね。

ただ、人によっては判断基準がわからない人もいますよね。
その判断基準がわからなければ、出すものや引っかかるものについても判断できないかもしれません。

うっかり忘れていてX線や金属探知機の餌食になることも!

そこでここからは事前に出すものや引っかかるものについて紹介します。
検査場をスムーズに通過するために、ぜひこちらも確認しておいてくださいね。

1.金属類

ここからは金属類について解説します。
金属類は取り外してトレイに入れるか、もしくはカバンやバッグに入れてください。

1-1.財布

意外とポケットなどに入れていて忘れがちなのが財布です。
女性よりも男性が引っかかっているのをよく見かけます。
財布には現金などのお金の他、鍵などの金属類を入れている人もいるかも。

財布は事前に取り外してトレイに入れるか、もしくはカバンやバッグに入れてセキュリティチェックを通過すると安心です。

なお、財布を忘れると大変なので、チェック後は必ず手元にあるか確認するようにしてくださいね!

1-2.ベルト

手荷物検査や保安検査で頻繁に引っかかるものと言えばベルトです。
ベルトは着用していることを忘れて、そのまま金属探知機を通ってしまうということも多いです。

金属が含まれていないベルトなら着用したままで大丈夫。
でも、留め具やバックルが金属だったりすることもあるので注意。

空港は引っかかることも多く、僕もベルトで引っかかったことがあります。
もちろん、ベルトくらいの金属であればそのまま通過できることもあると思います。

ただ、万が一引っかかったら取り外して再検査なので、手間を省くなら最初から取り外しておく方が良いかもしれませんね。

1-3.腕時計

金属製の腕時計は引っかかることも多いです。
腕に着用していると気づきやすいので大丈夫だとは思いますが、手荷物検査場や保安検査場では一度取り外すことが必要となります。

時計によってはそのまま通過できるものもあるようですが、事前に取り外してトレイに入れておくと引っかからないのでスムーズに通過できます。

なお、腕時計は小型のものが多くて盗難に遭うことも多いので、セキュリティチェック後にはしっかりと忘れないようにしましょう。

1-4.アクセサリー

ピアスやネックレス、ブレスレットやヘアピン、イヤリングや指輪などのアクセサリーの中には引っかかってしまうものもあるかもしれません。

男性も女性もアクセサリーを普段から着用している人は要注意です。
金属製でも小型であれば引っかかることは少ないですが、それでもできれば最初から外しておきましょう。

アクセサリーは簡単に取り外しができるものなら楽です。
ただ、着脱が複雑なものもあるので、そういうものは海外旅行では使わないと良いかもしれませんね。

1-5.鍵

鍵も引っかかることが多いです。
鍵に関してはポケットに入れたまま忘れているという方も多いですよね。
カバンやバッグに入れておいて問題はありませんが、金属類なので身につけてるのなら外しましょう。

家の鍵や車の鍵、スーツケースの鍵などなど。
意外と鍵の管理で困るという人もいますよね。
できればキーケースなどにまとめて保管し、持ち運びの際にはカバンやバッグに入れておきましょう。

2.電子機器類

ここからは電子機器類について解説します。
電子機器はトレイに入れるのが望ましいですが、カバンやバッグに入れたままでも通ることがあるのでそこは状況に応じて。

2-1.スマホ・タブレット・パソコン

検査場を通過する際、スマホやタブレット、パソコンなども引っかかることがあるかもしれません。

これらはカバンやバッグに入れたままでも通過可能ですが、空港によっては「トレイに入れてください」との声があることもあります。

手荷物検査場や保安検査場を通過する時にはリュックなどとは別のトレイに入れて、チェックを受けてくださいな。

その他、携帯電話や電子辞書、翻訳機なども注意が必要ですね。
電子機器を持つことが多くなった現代において、空港ではこれらの検査も徹底されています。

2-2.カメラ

カメラも引っかかることがあるかもしれません。
さすがに身につけたまま金属探知機を通るという人はいないでしょう。
でも、カメラはコンパクトなものも多く、意外と忘れていることも……。

中には、首から下げたまま通過してしまう方もいます。
もちろん空港の地上係員が「取り外してください」と指示してくれると思うので、忘れるということはほとんどありません。

カメラはカバンやバッグの中でもチェックを受けることができますが、空港によってはトレイに出すように言われることもあります。

2-3.ゲーム機

今や携帯できるゲーム機も増えたこともあり、ゲーム機本体を機内持ち込み手荷物にするという人もいるかもしれませんね。
それらゲーム機も引っかかることが多いです。

特に家族連れなど、子供がいるという海外旅行者は注意ですね。
子供がゲーム機を持ったまま通過しようとするかもしれません。
当然、ゲーム機も電子機器なので、取り外して検査を受ける必要があります。

ゲーム機はカバンがバッグに入れたままで良いです。

2-4.音楽プレーヤー

音楽プレーヤーも引っかかってしまうことがありますね。
旅先で音楽を聞こうと思っている人も多いですし、移動中の飛行機で暇つぶしのために機内に持ち込むという人もいるかもしれません。

こちらもポケットなどに入れたままだと金属探知機に引っかかります。
別途検査などは必要ありませんが、カバンやバッグに入れておきましょう。

イヤホンやヘッドホンなどは引っかかることもありませんが、合わせて外しておくことをおすすめします。

3.液体類

ここからは液体類について解説します。
液体類は個別に100ml(g)以下の容器に入れて、容量1L以下の再封可能な透明プラスチック製袋にまとめて入れておく必要があります。

なお、出国審査後に免税店などで購入したものは機内持ち込みが可能です。
この場合は100ml(g)以上でも持ち込めます。
ただ、常識の範囲内で購入して持ち込むようにしてくださいね。

量的制限の対象となる液体物のリスト:http://www.mlit.go.jp/common/001105372.pdf

3-1.飲み物

水やお茶はもちろん、ジュースなどの飲み物もチェックが必要です。
液体爆弾だと思われるなんてことはありませんが、空港の治安を守るためにも液体類の検査は必須となっています。

液体類の中でも飲み物を持ち込む時には、専用の検査機にかけられます。
時間にして数秒でチェックは終わりますが、外から持ち込んだものを機内持ち込み手荷物にしたいならチェックを受けましょう。

なお、もう必要ないということであればその場で処分してもらうこともできます。

3-2.食べ物

漬物や缶詰、ヨーグルトやゼリーなどの食べ物も検査が必要です。
実はこれらの食べ物は液体として考えられるということもあり、機内持ち込みに制限がかかります。

飛行機の中でお菓子として食べようと思っていても、容量制限を超過していた場合は持ち込むことができませんので注意してくださいね。

その他にもフルーツを瓶詰めにしたものなど、液体とみなされるものもあるので、規制の対象となる液体物についてはチェックしておいてください。

3-2.日焼け止め

日焼け止めをそのまま持ち込もうとすると引っかかってしまうので十分に注意してくださいね。
クリームでもスプレーでも止められることがあります。

現地で日焼け対策をしたいなら、スーツケースに入れておいて、現地に到着してから取り出して使うのが良いと思います。
どうしても機内持ち込みにしたいなら、容量制限に注意して持ち込むようにしましょう。

3-3.化粧品

化粧品の中には化粧水や乳液、美容液に保湿液など液体も多いので検査が必要となることが多いです。
当然ですがシャンプーやリンスの検査も必要となります。

手荷物検査や保安検査ではクリームも液体と判断するので、それらに関する化粧品を持っている人はチェックを受けてください。

化粧品は極力はスーツケースに入れておいた方が良いですね。

3-4.洗面用具

洗顔料などはもちろん、歯磨き粉なども引っかかる対象のものです。
こちらも容量制限をオーバーすると、廃棄や処分をしなくてはならなくなります。

タオルや歯ブラシは問題なく機内持ち込み手荷物にできますが、液体に関するものは容量制限以上のものを持ち込めないので注意しましょう。

洗顔料も歯磨き粉も100ml(g)を超える容量のものも多いので、どうしても持ち込みたいのなら小さいサイズのものを準備してくださいね。

4.衣類

ここからは衣類について解説します。
衣類は取り外してカバンやバッグに入れるか、そのままトレイに入れて検査を受けてくださいね。

4-1.ジャケット・コート

ジャケットやコートなどの上着は検査前に脱ぐことが必要です。
日本ではそこまで厳しくありませんが、海外では多くの空港で上着を脱がされることが多いですね。

国内線では大丈夫であっても国際線だと厳しいことがあります。
テロの影響などもあり、よりセキュリティが強化されているので、指示に従うかもしくは事前に自分で脱いでおくと安心です。

もちろん衣服にある金属の装飾程度なら引っかからないこともあります。
ただ、そこで引っかかるとタイムロスになるので、最初から脱いでおいた方がスムーズに通過できますね。

4-2.靴

靴によっては引っかかるものがあるかもしれません。
靴の場合は金属の装飾などから判断されることが多く、厚底靴や安全靴、ブーツなどが引っかかることもあります。

靴によっては引っかからないことも多いですが、海外の空港などでは事前に靴を脱いでから保安検査場を通過するというところもあります。
僕はグアムで靴まで脱がされ徹底的にチェックされました!笑

日本でも国土交通省の指示によって、無作為に検査しているようです。
検査対象は無作為抽出なので判断できませんが、「見せてください」と言われたら大人しく指示に従いましょう。

5.常識の範疇を超えるもの

常識的に考えて引っかかってしまいそうなものは最初から外しておくことをおすすめします。

意外かもしれませんが、実際にいるのがナイフや包丁、カッターなどの刃物を機内持ち込みしようとして止められる人です。
空港関係者に聞いたところ、稀にそういう人もいるとのこと。

明らかに危険なものを持っている人も当然引っかかります。
検査によっては手荷物検査場や保安検査場を通過できないことも。

常識の範疇で考えて検査を受けるようにしましょうね。

スムーズに通過するための時短術

空港はハイシーズンでもローシーズンでも混雑していることが多いです。
そのため、いつも手荷物検査場や保安検査場は大勢の人でごった返していることも!

普通の状態で通過するための所要時間としては10分~30分前後かかることが多いかもしれません。
これが大型連休や長期休暇と重なると、長蛇の列を待っているだけで1時間前後かかることもあります。

そこで、ここからは検査場をスムーズに通過するための時短術を紹介します。

1.荷物を整理しておく

検査直前になってからドタバタと荷物を整理する人もいます。
ただ、スムーズに通過したいなら事前に荷物は整理しておきましょう。

必要のないものはカバンやバッグに入れ、別途で検査が必要なものはすぐトレイに出せるようにしておくだけでも時短になります。

その他、廃棄や処分が必要なものも手荷物検査場や保安検査場で対応してもらうのではなく、自分で事前に捨てておくと良いですね。

2.写真撮影はしない

空港の手荷物検査場や保安検査場は撮影禁止となっています。
国によって規定が違いますが、これは基本的に万国共通だと思ってくださいね。

撮影しているだけでも時間がかかるし、そもそも禁止されているので地上係員に注意されている間にも時間を浪費してしまいます。

3.地上係員の指示に従う

混雑している時など、状況に応じて地上係員が支持を出しています。
その指示に従うことも大切なことですね。

そこで「なんでそんなことせにゃならんのだ」とクレームを入れている人もたまにいますが、そんなのはただの時間の無駄です。
常に状況に合わせて現場も変化するので、指示に従うのが一番効率的に検査場を通過できることに繋がっていきます。

抵抗しているだけで他の人の迷惑にもなるので注意しましょう。

まとめ

飛行機に乗るためには、手荷物検査や保安検査が必須です。
流れはとても簡単ですので問題はありませんが、初めて空港を利用する人はどのように検査場を通過すれば良いのかもわかりませんよね。

ただ、基本的な流れは搭乗券を用意し、荷物をトレイに出して、X線と金属探知機のゲートを通り抜けるだけです。
検査場ではカバンやバッグから出すもの、引っかかるものもあるので、手荷物を事前に整理しておくようにするとスムーズに通過できます。

ここで紹介した手荷物検査場・保安検査場の通り方を参考に、ぜひみなさんがスムーズに通過できますようにっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です