スーツケースのサイズの目安!海外旅行別による大きさの選び方

「スーツケースのサイズの目安がわからぬ……」

どうも!
旅行業界のお荷物野郎こと、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!笑

海外旅行で使うスーツケースのサイズって何を目安にすれば良いかわかりませんよね。
あまり旅行しない人は大きさの選び方もわからずに困惑してしまうかも!

ただ、バックパックやキャリーケースと同様に大きさはちゃんと選びたいところです。
そこで、ここでは海外旅行で使うスーツケースのサイズの目安や大きさの選び方について解説します!

旅行の相棒とも言えるものなので、ぜひ自分にぴったりなものを選びましょう!

スーツケースのサイズの目安

スーツケースのサイズの目安って何を基準にするかわかりませんよね!
海外旅行で持ち物を持っていくためには、必ずスーツケースの他、バックパックやキャリーケースが必要となってきます。

でもどれくらいのサイズを目安にすれば良いのかわからない人も多いです。
初めての海外旅行ではスーツケースの大きさの選び方も難しいです!
目安となる単位としては以下の3つです。

  1. リットル(L)
  2. センチメートル(cm)
  3. インチ(in)

これらはスーツケースのサイズや大きさを表す単位となっています。
まずはそれらを目安に選んでみてはいかがでしょうか?

ここからはスーツケースのサイズの目安について旅行日数と用途に合わせて紹介します。
人によって必要となるサイズは違ってくるので、そこは自分の持ち物を考えつつ最適な大きさを選んでみてくださいね。

海外旅行で1日の目安としては10L~15Lを考えておくと良いですね!
ただ、現地でたくさん買い物やショッピングをするならさらに5L~10L多めに!

1.SSサイズ(~25L)

・旅行日数:日帰り~1泊
・用途:日帰り旅行・弾丸旅行

SSサイズはいわゆる日帰りや弾丸旅行に最適なサイズとなります。
このサイズだと最低限のものしか入りませんが、短い旅行なら十分です。

日帰りだとそもそも必要ないことも多いですし、1泊なら10L~15Lで良いでしょう。
ただ、海外旅行となるとお土産なども買う人が多いですので、多めに25Lあると安心です。

海外旅行となると最低でも2泊や3泊することは多いですし、長ければ7泊や8泊することもありますよね。
あまりにも小さいと持ち物が入らないので、そこは十分に注意しておきたいですね。

SSサイズのスーツケース:https://www.traveler-store.com/products/list.php?category_id=750&top=32_2

1.Sサイズ(26L~40L)

・旅行日数:2泊~3泊
・用途:国内旅行・海外旅行・出張

Sサイズは国内旅行はもちろん、海外旅行や出張にもぴったりのサイズです。
主に台湾や韓国、中国他などアジア圏の旅行に最適なサイズとなっています。

2泊~3泊しかしないのであれば、26L~40Lでしっかりと荷物も入ります。
アジア圏の旅行の際には、このサイズのものを選びましょう。

ただ、今後も海外旅行に行く予定がある人は、汎用的に使えるサイズがおすすめです。

Sサイズのスーツケース:https://www.traveler-store.com/products/list.php?category_id=751&top=32_3

2.Mサイズ(41L~60L)

・旅行日数:3泊~5泊
・用途:国内旅行・海外旅行・出張

Mサイズは国内旅行の他、海外旅行や出張も余裕をもってできるサイズと言えます。
アジア圏はもちろん、オセアニア圏などもこれで十分かもしれません。
また、ハワイやグアム、サイパンなどのリゾート地にも最適です。

3泊~5泊となると、41L~60Lで十分に対応することができます。
ただ、リゾート地などを訪れる時には水着などの着替え、その他にもタオルなどが必要となるので、荷物は自然と多くなってしまいます。

余裕を見て少し大きめのものがあると良いかもしれませんね。

Mサイズのスーツケース:https://www.traveler-store.com/products/list.php?category_id=752&top=32_4

3.Lサイズ(61L~80L)

・旅行日数:5泊~7泊
・用途:国内旅行・海外旅行・出張・留学・ワーキングホリデー・ボランティア

Lサイズは国内旅行や海外旅行、出張の他にも留学やワーキングホリデー、ボランティアなどにも使えます。
海外旅行の憧れであるアメリカ圏やヨーロッパ圏でも楽々です。
必然的に海外旅行は目的地が遠くなると持ち物も増えるので、大きめのスーツケースがおすすめですね。

5泊~7泊するとなると、61L~80Lは必要となってくるかもしれません。
そんなに荷物がない人はSサイズやMサイズでも良いですが、普通に旅行するならLサイズほどあると良いですね。

アメリカ圏やヨーロッパ圏なら買い物を楽しみにしている人も多いですからね。
また、アフリカ圏や中東圏に行く時にもこのサイズがあると便利です。

その他、留学やワーキングホリデー、ボランティアをするために渡航する時にもLサイズがあると安心です。

Lサイズのスーツケース:https://www.traveler-store.com/products/list.php?category_id=753&top=32_5

4.LLサイズ(81L~)

・旅行日数:8泊~長期滞在
・用途:国内旅行・海外旅行・出張・留学・ワーキングホリデー・ボランティア

LLサイズは長期滞在をする人におすすめのサイズとなります。
留学やワーキングホリデー、ボランティアなどロングステイになるほど、大きなスーツケースがあると良いかもしれません。

ただ、逆に長い旅行ほどバックパックなどで十分という人もいますね。
そこはキャリーケースなどとも相談しながら、自分のスタイルに合わせたものを選んでみてください。

LLサイズのスーツケース:https://www.traveler-store.com/products/list.php?category_id=754&top=32_6

スーツケースの大きさの測り方がわからない

スーツケースの大きさの測り方がわからない人も多いのではないでしょうか。
そもそもスーツケースのサイズを測る機会がありませんよね……。

そんな機会があるとすれば、空港を利用する時ではないでしょうか。
空港にある各航空会社では、それぞれ機内持ち込み手荷物と預け入れ手荷物に規定サイズと制限を設けていることが多いです。

そのサイズを超えてしまうと超過料金が発生したり、そもそも受け取ってくれなかったりするので注意が必要となります。
基本的にスーツケースの大きさの測り方としては三辺の合計で考えることが多いです。

簡単に言えば「縦×横×高さ=三辺の合計」となりますね。
「×」を使っていますが、イメージとしては「+」で考えましょう。

これがスーツケースのサイズや大きさを表すもう1つの指標となります。
ただ、その他にも容量や重量を加味しなくてはならないので、利用する各航空会社ごとに規定サイズと制限を調べておくことが重要となります。

航空会社の規定サイズと制限

ANAやJALなど、各航空会社ごとにスーツケースには規定サイズというものがあります。
それを超える場合は預けることや持ち込むことができなくなることもある他、超過料金が発生することもあります。

ここからは平均的な規定サイズと制限について紹介するので参考にしてください。
ここではANAやJALの情報を参考にしていますが、航空会社ごとに規定サイズや制限は違うので注意してくださいね。

ちなみにサイズや大きさは総外寸、つまりキャスターやハンドルを含めたものとなるので、そこは測る時に注意しておきましょう。
また、規定サイズや制限は随時変わるので、直近の情報を参考に渡航してくださいね!

1.機内持ち込み手荷物の制限

機内持ち込み手荷物の制限は、主に三辺の合計で考えます。
主に国内線と国際線で規定サイズが変わってくるので確認しておきましょう。

ただ、厳密に調べられるのかと言えば、実はそうでもありません。
ちょっとしたサイズオーバーならギリギリでも見逃してくれることがあります!笑

さすがに重量オーバーとなると見逃してくれないので注意してください。
容量オーバーで荷物が溢れている場合も同様です。

1-1.国内線の場合

100席以上の国内線:55cm以内×40cm以内×25cm以内=115cm以内
100席未満の国内線:45cm以内×35cm以内×20cm以内=100cm以内

ANA国内線:https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/baggage/carry-on/carry-rule.html
JAL国内線:https://www.jal.co.jp/dom/baggage/inflight/

1-2.国際線の場合

国際線全般:A×B×C=115cm以内

ANA国際線:https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/baggage/carry-on/carry-rule.html
JAL国際線:https://www.jal.co.jp/inter/baggage/inflight/

2.預け入れ手荷物の制限

預け入れ手荷物の制限も、主に三辺の合計で考えます。
こちらも国内線と国際線で規定サイズが違うので注意が必要です。

預け入れるのであれば、ある程度は大きなものも預けることができます。
機内に持ち込む必要のないものは預けてしまいましょう。

2-1.国内線の場合

ANAの国内線:A×B×C=203cm以内
JALの国内線:50cm以内×60cm以内×120cm以内=225cm以内

ANA国内線:https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/baggage/checked-in/baggage-free.html
JAL国内線:https://www.jal.co.jp/dom/baggage/checked/

2-2.国際線の場合

ANAの国際線:A×B×C=158cm以内
JALの国際線:A×B×C=203cm以内

ANA国際線:https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/baggage/checked-in/baggage-free.html
JAL国際線:https://www.jal.co.jp/inter/baggage/checked/

スーツケースの大きさの選び方

スーツケースの規定サイズや制限についてはわかったけれど、選び方はどうするべきでしょうか。
事実、単なるサイズだけで判断するということはできませんよね。

人によって荷物が違うわけですし、現地で何をするかによって持ち物も違ってきます。
だからこそ、自分の旅に合わせて選んでいくことが必要となります。

ここからはスーツケースの大きさの選び方を解説するので、参考にしてみてくださいね。

1.日数で選ぶ

旅行日数は人によって全然違ってきます。
そのため、スーツケースは日数に合わせて選びましょう。

目的地によっては2泊~3泊のこともありますが、海外旅行だと4泊~5泊が多いです。
さらには6泊~8泊以上の海外旅行となる人もいるかもしれませんね。
まずは旅行日数がどれくらいなのかから判断してみましょう。

2.容量で選ぶ

容量によってスーツケースの大きさを選ぶのも良いです。
たっぷりの容量が必要な人は大きめのもの、そんなに容量が必要ない人は小さめのものなどを選んでいくと失敗しませんね。

荷物は人によって違ってくる他、国によって環境も違うため防寒着や防暑着が必要となることもあるし、水着や下着も必要ですよね。
着替えがどうしても多くなる他、タオルなども必要かもしれません。

容量で選んでスペースに余裕を持っておきましょう。
特にお土産などをたくさん購入する予定の人は大容量のものがおすすめです。

3.重量で選ぶ

スーツケースによって重量というのも変わってきます。
あまりに重い素材だと、持ち歩くのがかなり大変です。
できれば軽い素材のものを選ぶようにしたいですね。

移動の際にあまりにも重いと、それを運んでいるだけで疲れてしまいます。
また、スーツケース本体の重量が重いと、それだけでも航空会社の規定サイズや制限に引っかかってしまうこともあるかもしれません。

重量が軽いということだけで選ぶのは避けたいですが、簡単に持ち運びできる重量のものにしましょう。

4.強度で選ぶ

空港は毎日のように何千何万というスーツケースが行き交っています。
そのため、地上係員も扱いがとても雑になってしまうことが多いです。

そのため、サイズが大きいものほど衝撃や圧迫の影響を受けやすいです。
強度で選ばないと、現地に到着した時にスーツケースが壊れているなんてことも……。

ポリカーボネートやABS樹脂などの強化プラスチック素材のものがおすすめです。

5.セキュリティで選ぶ

空港には不特定多数の人がいるため、自分のスーツケースが標的にされることもあります。
サイズが大きいものだと目立つということもあって、狙われることもあるかも。

貴重品も入れることがあるからこそ、スーツケースはセキュリティでも選びましょう。
多くの場合はTSAという鍵が採用されていますが、その他にもスーツケースベルトを装着したり、自分で用意した鍵を設置したりするのも良いですね。

6.デザインで選ぶ

大きさで選ぶのも良いのですが、その大きさにはデザインが伴いますよね。
せっかくの旅行で使うことになる相棒ですから、デザインが良いものを選びましょう。

こればかりは好みによって変わってくるので、僕から言えることはありません。
ただ、カラーに黒や白を選ぶ人がいますが、極力は色があるものの方が良いです。

空港で頻発しているのが荷物の間違いです。
黒や白などありきたりなデザインのものだと、間違われることもあるかもしれません。
出来れば赤や青、緑に黄など派手な色のものがあると間違い防止になりますね。

その他、大きさなどから自分のものだと判断できるものを選ぶと良いです。

まとめ

海外旅行ではスーツケースが必需品です。
いや、そもそもスーツケースやバックパック、キャリーケースがないと持ち物を入れることができないので、旅行もできませんよね!

スーツケースのサイズの目安を知り、自分の旅に合わせたものを選んでください。
ただ、航空会社ごとに規定サイズと制限があるので注意しましょう。
また、選び方として日数や容量、重量の他、強度やセキュリティ、デザインなどでも選んでみると良いですね。

ここで紹介したスーツケースのサイズの目安や大きさの選び方を参考に、ぜひ思い出もたっぷり詰め込む旅を楽しんでくださいね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です