海外旅行のテロが怖い?テロに遭遇する確率を外務省・公安調査庁で考察

ハル
どうも!テロよりもぼったくりが怖い「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

世界では未だにテロが発生しています。
海外旅行をする人の中には、そんなテロが怖いという人も少なくありません……僕自身もテロは怖いです。

世界のテロに関する報道がより一層過熱したこともあり、中には海外旅行の自粛を考えている人も多いのではないでしょうか。
確かにテロに遭遇するのだけは避けておきたいですよね。

ただ、テロに遭遇する確率は低いです。
余計な不安を抱く必要もありません。
ここでは海外旅行でテロに遭遇する確率を考察してみたので、理由もなく怖がっている人はぜひ読み進めてみてくださいね。

世界で頻発するテロは怖い?

世界では今でもテロが頻発しています。
日本の報道は過熱したりしなかったりを繰り返しているので、ニュースされるかどうかは世の中の関心によって増減します。
ただ、日本で報道されていてもされていなくても、世界ではテロが頻発しているのが事実です。

当然、テロに対しては怖いと思うのが普通ですし、僕自身「もしテロに遭ってしまったら……」と思うととても怖いです。

事実として海外旅行を計画している人の中には、テロ発生によって自粛する人もいますし、テロが発生しそうというだけで自粛する人もいるくらいです。

テロはもともと標的がいるのが普通ですが、最近では無差別テロも多くなり、より一層物騒な治安情勢となっています!
日本人だからという理由で狙われることは少ないですが、宗教や人種に関係なく狙うこともあるのが事実です。

ただ、怖いと言ってもそこまで悩む必要はありません!

むしろテロは軽犯罪と同じように定期的に発生しているもので、日本にいて軽犯罪に巻き込まれる感覚に近いです。
規模は桁違いですが、テロもそんな事象の1つというだけ。

僕もすでに海外旅行は何度か行っていますが、テロに遭遇したことはありません。
単純に運が良かっただけかもしれませんが、それほどテロを怖がる必要はないということです。

海外旅行でのテロ対策!遭遇した際の影響と対処法と予防策

2019年3月22日

海外旅行でテロに遭遇する確率

いきなり結論からになりますが、海外旅行でテロに遭遇する確率は極めて低いです。

もちろん完全に安全なのかといえばそれは嘘です。
正直、テロリストが考えていることはわからないため、いつどこでどのようにテロが発生するかは予測不可能!

ある調査によると、テロに遭遇する確率よりも日本で高齢者が運転する車に轢かれる確率の方が高いと言われています。
ここからは個人的に集めた情報を含めて、海外旅行でテロに遭遇する確率を考察していきます。

個人の意見も含まれるのでご了承ください。
ダラダラと考察しているのですが、要は「海外旅行でそんなにテロに怯える必要はないですよ」ってことです!笑

1.英外務省のテロ脅威マップで考察

世界ではイギリスで発表された英外務省のテロ脅威マップが話題となりました。

これは色が濃いほどテロに遭う確率が高く、色が薄いほどテロに遭う確率が低いと判断できるマップとなっています。
災害大国日本のハザードマップみたいなもの。
危険度は「かなり高」「高」「低」「かなり低」の順に分けられていて、テロの危険性が一目瞭然です。

このマップを見る限りだと、世界でテロに遭わない国を探す方が難しいと言っても過言ではありません!

しかし、これはあくまでもテロが発生する可能性がある国を示しているだけであり、実際に発生するとは限りません。
それぞれの国や地域ごとに治安が違うように、テロによって命を落とす可能性も違ってくるので注意してください。

こればかりは世界情勢によって大きく変わります。

なお、このマップは犯罪発生率とは関係ないため、テロに遭う確率以外の治安についても調べておく必要があります。
どちらにしても、このマップで危険性がかなり高いと言われている国への渡航は避けた方が良いというのは事実です。

情報自体が2015年のものと古くなってきているので、海外旅行の際には最新の治安情報を調べると安心です。

▼出典:http://buzz-plus.com/article/2015/11/15/terror-threat-around-the-world/

2.日外務省の海外安全ホームページで考察

日本でも世界の治安に関する安全情報が発表されていて、日外務省が出している海外安全ホームページを見るのも安心です。

こちらも色が濃いほど治安が悪い国と判断されており、色が薄いほど治安の良い国と判断できるようになっています。
テロの脅威マップと比べてみるとアジアやヨーロッパ、オセアニアは真っ白になっていて比較的安全だと判断できます。

ただ、もともと治安が良いにも関わらずテロが頻発している国は、渡航の危険レベルも引き上げられているので注意
つまり、テロはもちろんもともとの治安まで調べ、それによって旅行するかどうか総合的に判断していくことが必要ということ!

人によっては「こんな情報なんて参考にならない」という方もいて、実際にスラムなどの危険地帯があるにも関わらず、そこまで危険視されていない国があるのも事実です。
その一方で、テロに遭うかどうかというのはその国の治安も深く関係しているので、治安が悪い国はテロ似合う確率も高いと考えるのが妥当です。

現実としてはすでに世界のどこでテロが発生してもおかしくない状況なので、危険な国には最初から近づかないのが賢明!

▼出典:http://www.anzen.mofa.go.jp/

3.公安調査庁の世界のテロ等発生状況で考察

公安調査庁では世界のテロ等発生状況を国ごとに情報公開してくれています。

こちらのホームページではいつどこでテロが発生したかが国ごとに記載されていて、被害状況なども簡単に紹介されています。
また過去5年分のアーカイブを月ごとに見ることができるので、より詳細な情報を調べてから渡航の判断をすることができます!

テロ発生の前後はむしろ厳戒態勢で安全度が増しますが、万全を期すならこちらのサイトの情報も参考にしてみてください。
直近でテロが頻発している国へは渡航しないようにしましょう。

世界のどこかで毎週毎月のようにテロが発生していると思うと、テロに遭遇する確率は高いように思うかもしれません。
ただ、世界のテロ等発生状況を確認しておけば犯行の手口もわかる他、当時の状況も判断しやすいので判断材料には最適です。

過激派組織の動向などを知るためにも、一度チェックしておくと良いと思います。

▼出典:http://www.moj.go.jp/psia/terrorism/index.html

4.日本人が1年間(10万人あたり)で命を落とす確率で考察

人生で交通事故に遭う確率や災害に遭う確率、雷に打たれる確率などなど、命を落とす危険は数えきれません。

そんな中、1年間の10万人あたりの死者数についてまとめてある記事「○○で死ぬ確率 海、山、噴火、交通事故、風呂溺死など一覧」があったので、そちらを参考に特に気になるものをピックアップしてみます。

・航空事故:0.0097人
・交通事故:3.2人
・風呂で溺死:3.1人
・階段で転倒死:2.1人
・落雷:0.011人
・大雪:0.074人
・火山噴火:0.0028人
・地震(津波):1.0人
・津波のみ:0.16人
・デング熱:0人
・熱中症:1.4人
・海難事故:0.28人
・山岳事故:0.24人
・他殺:0.27人
・自殺:21.9人

この情報は情報源となっている記事の信憑性が高くないですし、いつからいつまでで何を根拠にしているのかもわかりません。
ただ、この情報を見てみる限り1年間で死亡するほどの事故や事件、病気、災害に遭う確率は低いのがわかります。

日本人の人口に照らし合わせてもわずか。
もちろん、海に行かない人は海難事故に遭うことはないですし飛行機に乗らない人は航空事故に遭うこともありません。
その点を加味すると条件によって左右されるものの、海外旅行でテロに遭うという確率はほとんどないに等しいわけです!

可能性は0%ではありませんが、むしろ他の理由で命を落とす方が高いと思います。

テロが発生するとニュースなどで「50人が死亡」「100人が重軽傷」などと言われると怖くなると思いますが、実は現代の日本では1日に約50人近くが自殺していますし、2日で約100人近くが自殺しているのです。

ちなみに日本の年間自殺者数は約2万人~3万人。
これは統計上そうなっているだけで、原因不明の行方不明などは自殺として処理されないため、実際は10万人以上という声も!

そう考えるとテロのショッキングな映像が余計に心配を助長しているだけであって、発生する確率は自殺よりも低いです。
自殺は自分で起こすものですが、他人が起こすテロであれば被害に遭う確率も相当低いと考えて良いです。

▼出典:http://www.news-postseven.com/archives/20150814_341640.html

5.海外でテロの被害に遭う確率で考察

海外でテロに遭う確率と日本で高齢者による交通事故に遭う確率を具体的にまとめている記事があるので、そちらも参考にすると良いです。

ここからは「テロが怖くて海外に行かないなら、日本でコンビニに行かないほうが良いかもね」という記事を参考にさせていただきましたので、引用元の記事を読みたい方は出典から確認してみてください。

情報は少し古いですが、それでも参考になります。

「事故・災害」の項の「戦闘・暴動・クーデタ−」、それに「犯罪」の項の「テロ」について、死亡・負傷を2005-2014の10年分拾ってみた。結果、死亡が15名・負傷が20名。期間中の全死亡者は5,575名、負傷者は5,535名なので、テロによる死亡が占める割合は低い。
(中略)原因がテロやクーデターであれば、単なる強盗よりも在外公館が介入する確率は当然高くなるはずなので、「テロ関連死亡15名・テロ関連負傷20名」はかなり信頼性が高いデータと考えられる。10年間の渡航者は、のべ1億7,000万人。このうちの20人・15人のみでは、確率は極めて小さくなる。

この記事を書いた方は、過去の統計を詳細に考察しながらテロの遭遇確率を計算しています。
この引用文からもわかるように、海外旅行に行ってテロで命を落とすという確率は極めて低いことがわかりますね。

しかし、このデータだけでは「空港が閉鎖になった」とか「テロで国外に避難していた」などの間接的な被害については「考えていないじゃないか」という方もいるかもしれません。
それについても大丈夫、ちゃんと引用元で考慮してくださっています。

「戦闘・暴動・クーデター」も、「テロ」も、死亡と負傷のほかに「その他○名」の項目がある。「その他」は、細かい記述を見ると「クーデターで空港が閉鎖されて足止めを食らった」「政情不安で国外にいったん避難した」ような人が多く含まれる。肉体的なケガはないが、「テロのせいで『痛い思い』をした」と考えられなくもない。「その他」の延べ人数は、10年間で999人。これをテロの間接的な被害者としてカウントしよう。

つまり、命を落とすほどではなくても間接的に実害を受けている人も考慮し、この著者は考えてくれているわけですね。

テロの被害と聞くと真っ先に死を連想しますが、直接的被害よりも実は間接的被害の方が多いと考えられます!
それすらも被害に遭う確率は低いですが、テロによってフライト中止やツアー中止になることもあるので、そちらも考慮しておきたいです。

統計が揃っているのは2014年までだが、2015年のイラク人質事件・チュニジア博物館銃乱射事件、さらに今年のダッカ事件を計算に含めた。分母に相当する海外渡航者の人数は、法務省の出入国管理統計から2016年6月末までの数値を採用した。 (2015年1,621万人、2016年半年間で762万人)

それを合わせて考慮し、単純に1回の海外旅行平均日数を9日(旅行業協会「海外旅行に関する調査」)として計算してみます。2005年から2016年7月までの海外旅行者が約1億9,400万人なので、それを9日間分とすると約17億4,600万人となります。

少し統計が雑なものの、約17億5,000万人が海外で被害に合うリスクの総数と言えるわけです。

17.5億「人・日」で、1,064件の事件が発生している。それゆえ、1人1日あたりのリスクは1064÷17.5億。少々値が小さくなりすぎるので、「10万人日あたり」に直すと、0.0609となる。1,000万「人・日」で6.09人だから、「100万人が10日間の海外旅行をすると、およそ6人が1回テロに遭遇する」という値だ。

1人1日あたりのリスクは1064÷1750000000となります。
この記事の「1年間(10万人あたり)に命を落とす確率」では1年間の10万人あたりの死亡者数なので、その中でもさらに海外旅行でテロに遭遇して死ぬという確率は極めて低いわけです。

それこそ、日本でコンビニに行く方が断然危険!

ちなみに日本では年間の交通事故死者数が3,000人~5,000人ほどと言われていおり、過去には1万人前後の車による死亡事故が発生していました。

仮に被害者が50人規模のテロが月に1回発生しても、年間だと600人の被害です。
そう考えると、毎日のように発生している交通事故で亡くなる可能性の方が極めて高いと言えるのではないでしょうか。

日本の報道では視聴率が取れるように過激なテロ映像を放送し、いかに被害が大きいかを訴えています。
もちろん、被害に遭った人にとってはショックも大きいですが、国内外の日本人に余計な不安を煽る報道には要注意!

あたかも被害に遭う確率が高いように報道されていますが、過度な恐怖を抱くのは無意味です。

注意するに越したことはありませんが、テロに巻き込まれる確率は豆腐の角に頭をぶつけて死ぬ確率くらい予測不可能で曖昧なものということです。

▼出典:https://www.landerblue.co.jp/27835/

テロ直後の海外旅行は安全?危険?

テロに遭う確率は低いと言っても怖いものは怖いですよね。

僕も海外旅行をする時には、直近でその国でテロが発生していないかを調べる他、治安についても調べてから渡航します。
ただ、テロに遭遇することはもちろん、テロによって被害を受けるということはめったにありません!

ではテロ直後はどうなのでしょうか。
これは人によって考え方が違っていて、直後だからこそ安全と判断する人もいれば逆に危険と判断する人もいたりします。
割合としては安全派3割で危険派7割くらいでしょうか。

日本人の感覚としては、テロが発生すれば「テロがあったから行かない」と判断する人がほとんどだと思います。
ただ、むしろテロが発生した後の方が安全だと判断できることもあるのです。

そもそもテロを起こすには準備が必要です。
時間と資金をかけて用意し、万全を期して決行。
……そう考えると再び同じ国や同じ地域でテロを起こそうなんて考えるでしょうか?

テロリストの大半はメッセージとしてテロを起こします。
これは一言では語れない理由がいくつもありますが、無差別テロではない限り、何かしら伝えたいことが彼らにもあるわけです。
そう考えると、同じ場所で何度もテロを起こしたところでインパクトは少ないのではないでしょうか。

また、テロ直後というのは今まで以上に厳戒態勢となり、現場にも警備員や軍人、警察などが緊急配備されます。
むしろ、逆に守りが強靭になるわけです!

そんな状態でテロを起こすのは極めて困難。
もし起こすなら人々が油断している場所

つまり、テロ直後の方が安全ということ!
これは考え方も人によって違ってくるので一概には言えないですが、僕はテロ直後の方がむしろ安全だと思います。
ベルギーやエジプトを訪れた際は直前にテロがありましたが、街中には武装した人々が多く配備されていて逆に安全でした。

もちろん、テロは予測不可能なので完全に安全なのかといえばそれは嘘ですし、その他の危険も数えきれないほどあります。
ただ、テロを理由に海外旅行を自粛するのも、また違うのかなと思うわけです。

テロで海外旅行は自粛すべき?

テロを理由に海外旅行をキャンセルしたりするのは、本人の考え次第なのでどうすることもできません。
ただ、個人的なことを言わせていただくと、テロで海外旅行を自粛してしまうのはもったいないです。

みなさんは「置き引きやスリがあるって聞いたから行くのやめよう」「強盗があるって聞いたからキャンセルしよう」と思うでしょうか?

軽犯罪でも重犯罪でもほとんどの人は少し危険があるとわかっていても、それを理由に自粛することはないと思います。
海外に危険はつきものだとわかっていても行くはず!

テロで海外旅行を自粛するのは、そういう考え方と一緒です。
むしろ世界ではテロよりも恐ろしい犯罪が蔓延しているので、そちらに警戒しておく方が断然効果的です。

それでも旅行する人がいるのは、きっと日本で犯罪があっても「そんなのに巻き込まれることはほとんどない」と頭の中でわかっているからなのではないでしょうか?

もちろん「テロが頻発している国に行っても大丈夫」なんて無責任なことは言えませんし、危険だと思うなら行かないことに越したことはないです。
ただ、テロだけを理由にキャンセルするのはもったいない。

長い時間をかけて前々から情報収集し、飛行機やホテルを予約して、さらには現地ツアーなども申し込んでいる人もいますよね。
海外旅行は命あってのものですが、テロを怖がるのはそんな苦労を無駄にしてしまうのと一緒です。

どうしても行きたいのなら、テロに警戒しつつも旅行を楽しむ方向で考えてみてくださいね。

まとめ

海外旅行でテロが怖いと思うのも事実ですが、遭遇する確率を考えてみるとそこまで怖がる必要はありません。
危険な国には渡航しないことに越したことはありませんが、そもそもテロに遭うこともほとんどないと思います。
ましてや命を落とす確率は低いです。

確かに世界中でテロが発生しているのは事実です。
ただ、海外旅行は大半が数日間の旅程ですので、テロよりもむしろ身近な犯罪や事件、事故などの方が危険と言えます。
テロだけではなく、それらも含めて注意はしておきましょう。

ここで紹介した海外旅行でテロに遭う確率は参考程度に、まずはむやみに怖がることをやめて海外旅行を楽しんでくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です