海外旅行のキャンセル待ちを予約できる確率!旅行会社の仕組みと裏事情

海外旅行を予約しようと思ったら……「え?もう埋まってる!」なんてことありますよね!そんな時、旅行会社によってはキャンセル待ちとして予約することができます。ただ、本当に予約できるのかどうか曖昧だと、毎日生きた心地がしないかも!そこで、ここでは海外旅行のキャンセル待ちを予約できる確率と旅行会社の仕組みと裏事情を解説します。

海外旅行のキャンセル待ちを予約できる確率

どうも!予約を先延ばしにするキャンセル待ち常習犯、チキンジャーニーのハルです!笑

海外旅行の予約は早い人だと1年前、遅くても半年前くらいから進めておくのが理想ですよね。でも、仕事が休めるかどうかわからないし、一緒に行ける人がいるかどうかもわかりません。

そんな時は予約にもなかなか踏み切れないことがあるはずです!

ただ、予約が遅くなればなるほど、当然ですが埋まってしまうことも多くなりますね。その結果、予約ができずにキャンセル待ちとなることもあります。

そこで気になるのが「果たしてちゃんと予約できるのかな」ということ!

海外旅行のキャンセル料はいつからかかる?いつまでに伝えればいくらで済む?

2019年3月23日

1.キャンセル待ちの確率を計算するのは難しい

結論を言うと、キャンセル待ちの確率を計算するのは難しいです。キャンセル待ちの状態で出発当日までキャンセルが出なければ、予約できる確率は0%となってしまいます。

他の人たちも予約する段階まで進んでいるため、何か事情がない限りは原則として予約をキャンセルすることもありません。40日前~30日前を過ぎてしまうとキャンセル料も発生するので、損をしないためにもキャンセルを避ける人も多いです。

もちろん、急遽仕事が入ってしまったり、同行者が行けなくなったり、急病になってしまったりするとキャンセルも必要となりますよね。はたまたテロや犯罪などが発生して、自粛する人もいるかもしれません。

そのため、厳密にはキャンセル待ちでも予約できる確率は少なからず残っていると言えるでしょう!

ただ、詳細にその確率を割り出すということはできません。そのため、柔軟なスケジューリングで決めていくことをおすすめします。

2.キャンセル待ちでも予約できる確率

個人的にキャンセル待ちでも予約できる確率は、高くても40%~50%だと思います。

「あれ?意外と高いじゃん!」と思った人も多いかもしれませんね。これには理由があって、個人的にもキャンセル待ちを突破した経験から言うと、低くても20%~30%ほどは予約できると実感しています。

そもそもキャンセル待ちを受け付けているということは、旅行会社もキャンセルが出ると見越して、ある程度募集していることになります!中にはキャンセル待ちの順番を把握していて、詳細を教えてくれる旅行会社もあります。

……ということは、もし最初から予約のキャパシティを超えてしまうようであれば、その時点で予約の募集はストップするはずなのです!

仮にもキャンセル待ちで予約を受け付けている状態ということは、ある意味で「もうちょっとだけ余裕がありますよ」ということでもあります。

当然、キャンセル待ちが多くなればなるほど、自分が予約できる確率は下がってしまうでしょう。ただ、早めに申し込むことができれば、予約できる確率も上がってくるのです!

また、単純にキャンセルを待っている状態であることもあれば、旅行会社の飛行機やホテルの確認待ちということもあります。

予約できる確率は旅行会社によって違ってくるので、キャンセル待ちの状態を問い合わせてみるのもありです。ただ、旅行会社のスタッフも把握できていないこともあるので、無理に文句を言うとクレーマー扱いされてしまうので注意しましょう!笑

とにかく海外旅行予約の確率を高めたいのなら、早めに予約することに尽きますね!

あくまでもキャンセル待ち突破の予測は難しいため、状況によっては他の旅行会社で予約したり、飛行機やホテル、レストラン、現地ツアーのそれ自体を変えてしまうというのも手です!

旅行会社によっては飛行機の空席やホテルの空室を確保していることもあるので、数が明確な場合は、直接問い合わせた方が早いかもしれません。

旅行会社の予約の仕組みと裏事情

旅行会社の予約の仕組みというのは、ちょっとだけ複雑だったりします。そのため、キャンセル待ちになりそうな時には、裏事情についても知っておくと良いかもしれません!

ここからは旅行会社の予約の仕組みや裏事情について紹介します。

海外旅行でキャンセル料を払わない方法はある?かからないようにするコツ

2019年3月24日

1.旅行会社の予約の仕組み

まず、海外旅行を予約する時というのはリクエストという段階があり、そこで申し込みができるのかどうかを打診することになります。

旅行会社はある程度、飛行機の座席数やホテルの部屋数を確保していて、そこに予約する人たちの情報を埋めていくというのが一般的となっています。

主にキャンセル待ちには2つの状況が考えられ、1つが純粋に待っている状況もう1つが旅行会社で予約数をコントロールできずに便宜上キャンセル待ちとしている状況です。

前者の場合はシンプルに待つだけなのですが、後者の場合は飛行機やホテルの残りによっても左右されるため、確認して回答が返ってくるまで旅行会社の人でも把握できないことがあります!

予約はあくまでも空席や空室を押さえることなので、現地の航空会社やホテルから返信がないとわからないこともあるのです。つまり、旅行会社のスタッフにクレームを言っても意味がない場合もありますね!

さらにリクエストから返信まで2日~3日ほどかかり、もっと時間がかかると1週間前後は連絡待ちとなることもあるでしょう。

その場合は旅行会社に「キャンセル待ちがどれくらいいるの?」と聞いてもわからないこともあるので注意したいですね!

2.旅行会社の裏事情

旅行会社では、それぞれ座席数や部屋数を確保していることがあります!

これを旅行業界ではブロックと呼ぶようですが、このブロックがある程度把握できている場合は、キャンセル待ちがどれくらいいるのかも把握できることがあるのです。

大手の旅行会社となると申し込みも多くなるため、その度に飛行機やホテルを確保していては際限がありません。そのため、ある程度事前に契約し、予約漏れがないようにしています。

しっかり空席や空室をブロックしている旅行会社を利用すれば、キャンセル待ち突破の確率も、ある程度は予約することができるかもしれませんね!

たまに「HISはキャンセル待ちだったのにJTBは予約可能だったよ!」と思うこともあるかもしれません。

それはそれぞれの旅行会社が確保しているブロックの数が違うからなのです!こんな裏事情があるんですね!

海外旅行を確実に予約するための方法

海外旅行を確実に予約するためには、とにかく早く予約することですね!こればっかりしか言えない自分が悔しいですが、予約が埋まっていなければ100%予約できます。

ただ、場合によってはキャンセル待ち自体ができないところもあります。そういうところに「どうしても行きたいから、どうにかねじ込めないかな?」と打診しても、きっと「難しいですね」と言われてしまいます。

それは単純に旅行会社がケチとかそういうことではなく、仕方ないことなのです!

他の人も早めに決めて予約しているので、条件としてはみんな一緒です。そのため、確実に予約したいなら、キャンセル待ちではなく別の方法を考えた方が良い場合もあります。

ただ、キャンセル待ちとなっていても、他の旅行会社では予約が可能ということもあります。それも含めて、複数の旅行会社に相談してみるのもありですね!

ぜひ、早め早めに1年前、遅くても半年前には決めておき、旅行会社を利用するのなら先に予約してしまった方が良いです。

万が一の時は自分がキャンセルすれば良いだけなので、予定がわからない時は1ヶ月前後の余裕を見て予約してしまいましょう!

また、旅行会社で確保しているブロックがなくても、個人でなら予約できることもあります。

個人で飛行機やホテル、レストラン、現地ツアーを予約するのはそこまで難しくないので、いざという時には旅行会社を通さずに予約するのもありかもしれませんね!

海外旅行をキャンセルする理由は?返金してもらうことはできる?

2019年3月26日

まとめ

海外旅行を旅行会社経由で予約する時、キャンセル待ちになることも多々あります。それを突破して予約できる確率はそこまで高くないですが、実際には20%~50%はあると言っても良いです!

ただ、最初からキャンセル待ちが不可能なところもあるため、他の旅行会社にも相談してみてから予約について判断してみましょう。どこも埋まっている時には、個人で予約してしまっても良いと思います!

ここで紹介した海外旅行がキャンセル待ちでも予約できる確率や旅行会社予約の仕組み、裏事情などを把握し、計画的に予約していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です