海外旅行の飛行機や航空券の予約はいつから?いつまでにすれば良い?

「飛行機や航空券の予約っていつから?」

どうも!
「やらなきゃ」と思えば逆にできなくなる「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

海外旅行に行くためには飛行機や航空券の予約が必要ですよね。
でも、いつから予約できるのか、はたまたいつまでに予約すべきなのか。
あまり海外に行かない人はわからないことも多いと思います。

そこで、ここでは海外旅行の飛行機や航空券はいつから予約でき、いつまで予約すべきか解説します!

「そのうち予約すれば良いよね?」では、もしかしたら予約できないかも!
ここで紹介するのは僕が予約する時の目安なので、ぜひ参考にしてみてください。

海外旅行の飛行機や航空券はいつから予約?

飛行機や航空券を予約しようと思った時、予約時期に迷うこともありますよね。

「いつから予約できるの?」なんて声もありますし。
「いつまでに予約すべきなの?」という声もあったりしますよね。
具体的な線引きがないからこそ、迷っちゃうかもしれません。

それぞれの航空会社では航空券の販売期間購入期限を定めています。
そこをまずは確認し、自分が利用する航空会社の情報について知っておきましょう!

ここからは飛行機や航空券の予約について解説します。

海外旅行で必要な航空券と搭乗券の違いって?eチケットとは何?

2017年6月12日

1.予約時期は航空会社ごとに違う

飛行機や航空券は、予約・購入できる期間がそれぞれの航空会社によって違います。
以下、日本人利用客が多い航空会社の予約時期を紹介します。

~国内線~
・アナ(ANA):普通運賃で搭乗2ヶ月前の同一日9時30分から
・ジャル(JAL):同上
・スカイマーク(SKYMARK):普通運賃で登場3ヶ月の同一日9時30分から
・ジェットスター(Jetstar):運行スケジュールによる
・ピーチ(Peach):同上
・バニラエア(Vanilla Air):同上

~国際線~
・各社:330日前から

国内線は約2ヶ月前から予約・購入することが可能となっています。
国際線は約11ヶ月前から予約・購入が可能ですね。
もちろん航空会社ごとに違うので、そこは自分が利用する航空会社を調べてみましょう!

ANAやJALなどの大手航空会社の国内線は、「搭乗する2ヶ月前の同一日午前9時30分」と定めているのが特徴です。
一方で国際線は「330日前」というのが一般的となっています。

それを考えると、国内線は予約・購入する分には2ヶ月前から国際線は330日前からが1つの目安となりますね!

ただ、それぞれの航空会社で異なる点に注意が必要です!

また、航空会社では各種割引料金を提供しています。
よくある「早く予約すればするほど安くなるよ」みたいなアレです。
一部の割引運賃で利用したい場合は、条件に合わせて予約しましょう。

逆に出発の直前や搭乗の当日に購入できる航空券もあったりします。

どちらにしても飛行機の席が埋まってしまったら予約できなくなります。
考えている予定よりも早めに予約することが大切です!

なお、格安航空会社であるLCCは、それぞれ運航スケジュールというのを期間ごとに決定しています。

1月には3月~5月分、6月には8月~10月分という感じです。
それぞれのLCCが決めた期間内で予約することが必要となってきますね。
安い代わりに、その点は制限も多いので注意が必要でしょうね!

2.半年前~1年前がマスト

航空券がいつから予約するのかと考えるより、まずはとにかく早め早めに予約しておくことが重要です!

僕の場合、イタリアに行こうと思って「2ヶ月前で良いかぁ」とのんびりしていたら、いつのまにか飛行機が埋まっていたこともあります!

いつまで予約できるかについても、それぞれの航空会社によって異なります。
大手航空会社もLCCでも、前日まで予約できるところはあります。
しかし、それも国内線と国際線で変わってしまいます。

理想としては半年前~1年前くらいがベストですね。
それこそ長期休暇が重なる時期は、より早めに予約しておくのがマストと言えます。

つまり、すでに予定を決めているのであれば、航空券は何よりも先にゲットしておくべきなのです!

何ヶ月前の予約がベストなの?

こればかりは国や地域で違いますし、シーズンや時期でも違います。

例えば同じ国でもベストシーズンに入ると、世界中から観光客が訪れます。
そのため、同じ地域での渡航であっても、時期によっていつ予約すべきなのかも変わってきてしまうわけです。

個人的にはベストシーズンに旅行するのなら半年前~1年前が良いです。
さすがに1年以上前だと、そもそも予約が開始されていないこともあるのでそこは注意してくださいね。

ただ、逆に観光客が少ない時期となれば、数か月前でも簡単に予約できちゃったりするんですよね。
突然のキャンセルなども狙っていけば、前日に予約することだってできます。
人によっては1ヶ月~2か月前に予約して渡航するという人もいるでしょう。

いつ予約するのがベストなのかは条件次第で変わってくるので注意してくださいね!

ツアー手配と個人手配の落とし穴

ここで知っておきたいのは、ツアー手配なのか個人手配なのかという点ですね!

旅行初心者の方は、航空会社ではなく旅行会社を使ってツアーで予約してしまうことがあるでしょう。
もちろんそれも良いのですが、実はここに落とし穴があるのです。
個人で手配する場合は手間がかかるものの、落とし穴に落とされずに済みます!

その落とし穴というのが旅行会社が確保している座席数です。

旅行会社のJTBやHISなど、それぞれの旅行会社ごとにツアーを提供していますよね。
その都度必要な分を旅行会社は常に確保しているわけです。
ツアーを利用する場合は、その枠内で利用することになります。

例えば、極端な例ですが300席ある飛行機を、1つの旅行会社がすべて占めているということはありません。

それぞれの旅行会社ごとに、50席や40席というように確保しています。

つまり、JTB経由で予約する時「予約がいっぱいです」と言われれば、その飛行機の座席がすべて埋まってしまっていると勘違いしがちなのです。

JTBの席数が埋まっていても、もしかしたらHISの分は予約できるかもしれません。
また、それぞれの旅行会社が確保していない分を、個人で手配できるかもしれません。

ツアーを利用する場合はそういう落とし穴があるので注意しましょう!
個人で手配する場合であっても慎重に予約していくことが必要となりますね!

まとめ

旅行で飛行機を使うなら、必ず必要となるのが飛行機や航空券ですよね!
でも、初心者の人ほど飛行機や航空券って不安や心配も多いですよね。

利用するのが国内線なのか国際線なのかで、予約の時期も変わります。
いつから買えるのか、いつまで予約すべきなのか、渡航する国ごとに決めてくださいね。
また、大手航空会社かLCCなのか、ツアー手配か個人手配なのかによっても違います。

とにかく予約は早めにすることで、安心して海外旅行できます。
ここで紹介した飛行機や航空券の予約がいつからなのか、またいつまでなのかを確認しておき、快適な空の旅を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です