世界のクセが強くてうざい国ランキング!中毒性抜群のやばい海外旅行先

世界はコッテコテのクセが強い人で溢れています!そんなクセが強すぎると「うざい!」なんて思ってしまうものです。僕はその濃厚なクセにハマっちゃうことが多いですが、あまりにもクセが強いというのも困りもの!そこで、ここでは世界のクセが強くてうざい国についてランキング形式で紹介します!

クセが強い!でも好きになっちゃう!笑

どうも!クセがなくてまったく覚えてもらえないチキンジャーニーのハルです!笑

海外旅行をしていると、その国のクセにハマってしまうことはありませんか?

僕は世界三大うざい国と言われるエジプトやモロッコを旅しましたが、これらの国は本当にクセが強くて、特に現地人がもう本当にうざかった(誉め言葉)です!笑

特に中東やアフリカは異様にフレンドリーだったり親切だったりするのですが、その裏には必ずと言って良いほどお金が絡んできますし、何か裏があります。クセが強い国ほどやっぱりお金が大好きなんですよね!

大好きというよりは、お金がないと生きていけないという人も多いから、仕方ないことでもあるんですけどね……。

僕の場合は、そういうクセのある人がいる国ほど中毒性が強くて好きになってしまうことがあります。人間らしくて良いじゃありませんか。もちろん、ぼったくりや詐欺などは許せませんが、それもまた海外旅行の醍醐味として愛してしまうことだってできるかも!

実際にもう1つ、世界三大うざい国として知られるインドなども好き嫌いがかなり別れる国ですね。

ただ、本当につまらない国は好きにも嫌いにもならないのです。クセがあってうざいくらいがちょうど良い……のかな?旅のネタになるし、そういう国を旅してみても良いかもしれませんね!

世界のクセが強くてうざい国ランキング

世界にはかなーーーーりクセが強い人たちがいます。旅をしているとそういう人に出会うのも素敵な思い出になりますよね。もちろん、うざすぎる人もいるので現地人には要注意ですが、出会う人によって強烈に思い出に残ったりしますよね!

僕自身、旅先で出会った人たちのことは妙に記憶に残っていて、忘れることができません。それほどクセの多い人だらけだったってことかもしれません。

そこで、ここからは「クセが強くてうざい」と言われてしまう国をランキングで紹介します!実際に僕が旅してうざいと思った国はもちろん、他の旅人の意見も参考に作成してみました!

なお、うざいと言われる国でも大半の人は素敵な人ばかりです。人によって違います。ここではうざいんだけどクセになるような国を基準に選出していますので、その点はご了承くださいね。

1位.エジプト

・クセが強くてうざい度:★★★★★

エジプトはアフリカの中でも人気No.1と言って良いほどの観光大国です。世界遺産ギザのピラミッドやアブシンベル神殿、その他にも古代遺跡の数々が魅力的ですよね!僕も大好きな国です!

ただ!ただですよ!この国、クセがめちゃくちゃ強いです!世界三大うざい国の1つとしても有名で、僕自身その執拗なまでのうざさに、心身ともにミイラ状態に!

物売りが妙ちくりんな日本語を連呼しながら、50mほどずっとついてくる!「ヤマモトヤマァ~」「ヤマモトジョージィ~」……まさに世界の七不思議!笑

また、エジプト人の中でも有名観光地や人気スポットにいるような物売りは息をするように嘘をつきます!「プレゼント」「タダ」「フリー」という言葉を巧みに使い、手に取った瞬間にお金を要求することも!……悪質ですよねぇ。

物売りのしつこさは世界屈指、それでいてお金が大好き、平気でぼったくりもする。……かと思ったら妙に馴れ馴れしく触れてきて「友達だろ?」と言うフレンドリーさも!憎めないからこそ余計に厄介です!笑

【エジプト】空路ドバイを経由!エミレーツ航空で中東初上陸【海外旅行記1日目】

2位.インド

・クセが強くてうざい度:★★★★★

インドはタージマハルなどの世界遺産をはじめ、スパイスの効いたカレーなどの食文化も魅力的な国です。ただ、混沌の国とも呼ばれており、クセの強さで好き嫌いが分かれる世界三大うざい国の1つでもあります!

カレーのスパイスよりクセが強いと言われるインド人は、何をするにもお金と神様が第一優先。事あるごとにお金を要求する一方で、都合の悪いことからは逃げて他人に丸投げしてしまう人がたっくさん!厚かましくてお礼もしない人が多いのだとか。

助け合いの精神を大切にしている国なので、助けられて当然という考え方なのかも。

「インド人は嘘つかない」が口癖の嘘つきばかり……と呆れている旅人も多いです。性欲が抑えられない人も多く、女性が旅するには最悪の国と悪名高いです。性欲に任せてナンパして「君の部屋に泊めて」なんて言う最低な人も!中には直接身体に触れてくることもあるそうな!

優しくて真面目で誠実な人も多いですが、多くの旅人からやばい国認定されています!ただ、憎めなくてリピートしまくる旅人も多いんですけどね!

3位.エチオピア

・クセが強くてうざい度:★★★★★

アフリカの中でも独特の自然を持つ国として知られ、極彩色のダナキル砂漠やダロル火山など、コアな旅人から人気を集めているのがエチオピアです。

そんなエチオピアですが、旅人によっては「世界一うざい国」との呼び声高く、世界三大うざい国よりもやばい話を耳にします。ぼったくりや詐欺の嘘つきは当然のこと、観光客は金のなる木としか思っていないようで……。執拗な「お金ちょうだい」攻撃にヘトヘトになる人も!

自己中心的な人が多く、考え方の根底に「自分のため」というのがあります。もしくは家族のためや友達のため、恋人のため……という感じ。当然、見知らぬ観光客など、彼らにとってはお金を落としてくれる存在でしかないわけです。

ただ、彼らにとってはそれが当たり前なので、洗礼を受けないよう情報収集すれば大丈夫。もちろん人懐っこくて気さくに話しかけてくれる人も多いから、旅好きがハマる要素も多いようですけどね!

4位.モロッコ

・クセが強くてうざい度:★★★★☆

モロッコはどこまでも広がるサハラ砂漠や青い街並みを持つシャウエンなど、魅力が尽きない国です。海外旅行先としてもじわじわと人気を集め、今では多くの国から観光客が訪れています!

そんなモロッコも世界三大うざい国の1つであり、人によって好き嫌いが極端な国です。僕が旅をした時は優しい現地人にも出会えましたが、ぼったくりの蛇使いにも出会いました!

悪人のドス黒さはタジン鍋の底にこべりついた焦げのようですね。観光客には吹っかけまくりなので、買い物の際には交渉が必須。性格が悪いというよりは、稼ぐために必死な人が多いような気がしますね。こればかりは仕方ないことでもあります。

ただ、モロッコは人によって本当に良し悪しがまったく違います。世界三大うざい国と言われる割には、物売りなどもそこまでしつこくありませんでした。特に現地のベルベル人など、ビジネス抜きで優しく陽気な人もいるという印象でした!

【モロッコ】砂漠の国へ!エミレーツ航空の深夜便で映画三昧な空旅【海外旅行記1日目】

5位.中国

・クセが強くてうざい度:★★★★☆

中国は広大な土地と人口を持つ国で、北京や上海などの大都市は日本とあまり変わりません。アジア屈指の経済大国ということもあって、都会は可もなく不可もなくというところでしょうか!

ただ、観光客が多い場所では気をつけておきたいことも!中国人は世界三大悪人としても知られ、ビジネスのやり方が汚いようです。有名観光地や人気スポットでは、お金を要求できる状況を無理やり作ろうとする人もいるそうな!

中国人はマナーの悪さも有名で、世界中の中国人観光客に対する苦情が巻き起こっています。声が大きく自己中心的でルールも関係なし……なんてことも。

美味しい中華料理も多く日本からも近いということでハマる人もいますが、クセの強さは一級品ですね!変な達人が多い面白い国でもありますね!

6位.パキスタン

・クセが強くてうざい度:★★★☆☆

パキスタンはひょうきんな人が多く、クセは強いものの親日的な人も多い国です。実は親日国であり、海外旅行先に選ぶ旅人もいます。

ただ治安が悪く決して平和な国とは言えず、それでいてイスラム教の宗教色が非常に強いです。インドのヒンドゥー教と対立し、印パ戦争を三度引き起こしています。宗教に対しては譲れない人々が多く、そのクセはパキスタン人にもよく表れているようですね!

パキスタン人は、自己主張が強く他人に厳しく自分に甘いと言われています。時間にもルーズでお金が好きおしゃべり好きでしつこいのだとか。男尊女卑も根深く、未だに男性優先で考えることも多いそうです。

でも、情に厚くて約束はしっかり守る国民性とも言われています。人懐っこくフレンドリーなので、人によってはハマるかも!僕もベトナムでパキスタン人に出会ったのですが、気さくに話しかけてきてとても良い人たちでした!クセは強いけれど好きになれる国民性かも。

7位.ベトナム

・クセが強くてうざい度:★★★☆☆

ベトナムはハノイやホーチミンなど、人気の観光都市を持つ国です。世界遺産も多く、美味しいグルメやスリムな男女の多い国と言われています。

そんなベトナムは、かつて「ぼったくり大国」と呼ばれていました。それは現代でも同様で、悪気もなくぼったくってくる人が多いです。僕もベトナムを旅した時はぼったくられましたし、彼らにとってはそれが普通。悪気がないからこそ厄介ですよね!

ベトナム人は一見すると大人しくて良識人が多いように思いますが、夜の街を歩いているとかなりクレイジーな光景を目の当たりにすることもあります。裏路地が放つ異様な空気は、クセの強さとは別の奇妙な世界を醸し出しています。

うざさはそこまでないものの、軽犯罪も多く気をつけたい国ですね!

【ベトナム】喧噪の町ハノイを一人旅!ホテルのドアノブが!【海外旅行記1日目】

8位.バングラデシュ

・クセが強くてうざい度:★★★☆☆

バングラデシュはアジアの国の中でも、穏やかな国民性を持つ国として知られています。絶景やグルメなどはあまり有名ではありませんが、一人旅やバックパッカーの舞台として人気も高いです。

バングラデシュ人の特徴としては、内気で人見知りするのにフレンドリーという少し変わった感覚です。街を歩いているだけで現地人に話しかけられまくることが多いのだとか。悪気がある人も悪気がない人も見境なく話しかけてくるので、馴れ馴れしいのが苦手な人にはクセが強いかも!

また、話しかけてきて質問攻めし、飽きたらいきなりいなくなるなど自己中心的な面もあるそうで……。その他にも宗教色が強く融通が利かない人も多いため、旅人からは意外と「旅しづらい」という意見が多いですね!

9位.ネパール

・クセが強くてうざい度:★★★☆☆

ネパールは世界最高峰の山、エベレストで知られるヒマラヤ山脈が広がる国です。美しく雄大な自然が広がっていることもあり、世界中のアルピニストや登山家が憧れる国でもあります。

そんなネパール人は多民族国家ということもあって、色々な人種が混ざり合っています。そのため、とても優しい人も多いのですが、逆に優しくない人も多いそうで。特にインドからの移民なども多数暮らしていて、その国民性に馴染めない旅人もいるそうですね。

日本で働くネパール人労働者も増え、近年はネパールに対してイメージが変わってきた日本人も少なくありません。

10位.韓国

・クセが強くてうざい度:★★★☆☆

韓国はエンターテイメントで世界に影響力を持っており、K-POPは今では世界中で人気を集めています。観光としての魅力は少ないですが、エンターテイメントの他、美容や健康に対する意識の強い国として知られています。

そんな韓国はぼったくりが多いことで有名でした。会計の時にトラブルになる旅人もいて、観光客が多いところでは問題も頻繁に発生していた過去があります。近年は減ってきたようですが、詐欺の他にも軽犯罪が多く、「嫌い」という人も多いです。

また、韓国は火がついたようにブチ切れる人がいるなど、反日感情を向けられることもあるそうです。そういう人ばかりではなく、むしろ日本が好きな韓国人もたくさんいます。ただ、クセはちょっと強いかもしれませんね!

まとめ

世界には愛すべきうざい人がたくさんいます。ここではクセが強すぎてうざい国を紹介しましたが、当然のように変な人ばかりではありません。人によって性格はそれぞれ違いますから、もしかしたら「逆に好きだよ」と思うこともあるかも!

実際に「うざすぎる」と思ってしまう人がいるのも事実ですが、そういう人ばかりではないということは頭に入れておくと良いでしょうね。ただ、本当に厄介な人が多い国もあるので、海外旅行の際には情報収拾が必須だと思います!

ここで紹介した世界のクセが強くてうざい国を参考に、効き目抜群な海外旅行先を選ぶのか、もしくは避けるのか……あなた次第です!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です