世界の食事・料理が不味い国ランキング!ご飯・食べ物で選びたくない海外旅行先

「共産党ホールの如く崩壊するほっぺ」

どうも!
世界一の子供舌を持つ小僧こと「CHICKEN JOURNEY」のハルです!笑

海外旅行の醍醐味と言えば現地のグルメ。
しかし、世界一とも言われる日本食で肥えた舌を持つ日本人にとっては、海外のグルメが口に合わないこともあります。
不味い食事に絶望したり、その国の料理が好みではなかったり、ホームシックならぬグルメシックになったり……!
もちろん、そこも含めて現地のご飯や食べ物も楽しみだったりするんですけどね。

世界には残念なことにグルメが美味しくないと言われている国もあり、海外旅行でがっかりしてしまう人もいたりします。
そこで、ここでは世界の食事・料理・ご飯・食べ物が不味い国をランキングにして紹介します。

ゲテモノを食べて鬼が出るか蛇が出るか。
ほっぺを突き抜けてため息が出てしまうようなグルメ……あえてそんな国を訪れてみてはいかがでしょうか?

海外旅行にゲテモノもあり!

世界には日本人の口に合わない食事や料理も多いです。
僕は幸いにもそこまで美味しくないものに出会ったことはありませんが、旅人の間でご飯や食べ物が不味い国として恐れられる国もあるのが現状!

海外旅行で現地のグルメが不味いというのはとても悲しいはず……せっかく楽しみにしていたのにグルメシックまっしぐら
もちろん、味覚は人それぞれなので美味しいと思う人もいるでしょうし、その逆もまた然りです。

そんな中で海外旅行先を決めるのなら「美味しくない」「不味い」と言われる国は避けておきたいところですよね。
個人的には食事や料理よりも絶景や世界遺産、秘境があれば良いと思っているので僕はあまり気にしません。
むしろ、不味かったら不味かったでそれが良い思い出になることも!笑

ただ、美味しいものが食べられるならそれに越したことはなし。
どうせ旅をするなら現地の絶品料理に舌鼓したいですよね。

世界では一体どんな国が不味いと言われているのでしょうか。
中には見た目がグロテスクなものや匂いが臭くてダメなもの、食感が最悪なものなどほっぺも崩壊してしまう問題児がいるのも事実!笑

怖いもの見たさで深淵を覗くのはご法度。
そんなグルメが美味しくない国を海外旅行先に選ぶかどうかは……あなた次第です!笑

世界のトイレが綺麗な国ランキング!清潔だから海外旅行も安心

2019年10月5日

世界の海外旅行初心者におすすめの国ランキング!初めてでも観光しやすい国

2019年6月20日

世界の子連れ海外旅行におすすめの国ランキング!赤ちゃんや子供連れに最適な旅

2019年3月25日

世界の激辛グルメ大国ランキング!辛い料理がやみつきになる海外旅行先

2019年2月22日

世界の食事・料理が美味しい国ランキング!ご飯・食べ物で選ぶグルメな海外旅行先

2018年10月2日

世界のもう一度行きたい国ランキング!行って良かった満足度の高い海外旅行先

2018年6月24日

世界の二度と行きたくない国ランキング!がっかりした満足度の低い海外旅行先

2018年6月21日

世界の物価が安い国ランキング!節約したい人におすすめの海外旅行先

2018年1月10日

世界の治安が悪い国ランキング!海外旅行が危険な平和度指数の低い国

2017年12月23日

世界の治安が良い国ランキング!海外旅行も安全な平和度指数の高い国

2017年12月20日

世界の水道水が飲める国ランキング!軟水・硬水の硬度や海外旅行での注意点

2017年9月14日

世界の食事・料理・ご飯・食べ物が不味い国ランキング

海外旅行の最中、偶然見つけたグルメを口へ……それ以来その味が脳裏にこべりついて離れないほど不味かったものはありますか?

僕は運が良いのか悪いのか、はたまた単純にバカ舌なのか知りませんが毎回あまり美味しくないものとは出会っていません。
食べるものによっては「微妙だなぁ」と嘆きたくなるものもあることはあるのですが、いつも予想を超える激マズ料理には出会いません。

でも、世界には屈強な旅人たちも尻尾を巻いて逃げ出すほどの不味いグルメがあると言われています。
せっかく楽しみにしていた食事や料理、気になっていたご飯や食べたかった食べ物……それらが不味かったらと思うと怖いですよね!笑

ここからは世界の食事・料理・ご飯・食べ物が不味い国について、旅人の意見を参考にランキング形式で紹介します!
世界一周をした人はもちろん、海外旅行好きな人からも話を聞き、僕自身の体験なども含めてまとめてみます。

当然、高級レストランと大衆レストランでは味も各段に違ってくるし、国ごとに美味しい店も不味い店もあるのが事実です。
ここでは客観も主観も含まれていることを前提にします。
味覚は人それぞれなので、美味しいと思う方がいたらごめんなさい!
それもまた1つの意見として、このブログでも参考にさせていただきます。

さてさて、世界にはどんな不味いものがあるんでしょうかね?

1位.イギリス

・不味い度:★★★★★

イギリスは紳士の国として知られる一方、食事が不味いことでも知られている国です。
美食家も一瞬で不機嫌になる悪名高き醜食大国

美しい世界遺産や雄大な絶景を持つイギリスですが、料理に関しては旅人の間でも「美味しくない」との悪評が出回っています。
事実、イギリス料理について調べてみると「やばい」「食べられたものじゃない」と出てくるほど……そこまで酷いのかと疑ってしまうほどに!

近年はロンドンをはじめとする大都市にグルメが密集し、名店と呼ばれる店も増えてきていることは増えてきています。
実際にミシュランで星を獲得している店もあり、普通に美味しい店は数えきれないほどあると言っても良いと思います。
ただ、それは高級店に限ったことであり、大衆店だとやはり不味いとの意見も多いです。

理由としては紳士の国だったことが原因!
紳士は質素であるべきというイギリス古来の思想が根付いていたことで、食事や料理も暴飲暴食を避ける傾向がありました。
食事中は会話もせず、沈黙に満たされた食事も多かったとか。
その結果、食事がつまらないものとなり食の発展も鈍化したのです。

その他、産業革命によって地方が廃れ、自給できる野菜や果物も減り、伝統料理の断絶も進んだことが食の進化を妨害しました。
大都市では労働者の栄養を補給するためだけの料理が幅広く広まってしまい、庶民の味は一向に向上しなかったのです!
それもあり美味しくないものが定着してしまいました。

もちろん大衆向けのフィッシュアンドチップスやステーキ、ローストビーフなど美味しいものもあることはります。
ただ、旅行先にイギリスを選ぶなら、何を食べるかしっかり吟味したいところですね!

2位.アメリカ

・不味い度:★★★★☆

アメリカは世界一豊富な人種が集まるサラダボウル大国。
グルメな話題だけにサラダボウ……はぁぁあいっ!

大都会ニューヨークロサンゼルスなどでは、店自体が多いのでグルメも世界的に見るとかなり発展しているのが特徴です。
シカゴヒューストンなども美味しいグルメが多数!
ただ、アメリカは世界各国のグルメ文化が混然一体となったこともあり、その分レベルにも大きな差があります。

ある店はとても美味しいのに、ある店はめちゃくちゃ不味いなんてこともざらにあるのがアメリカ料理の特徴。
店によってはかなり大味で、適当に味付けしたのではないかと疑ってしまうなどその悪名の高さは世界有数!

僕もアメリカのラスベガスを訪れてジャンクな食べ物をいただきましたが、中にはお世辞にも美味しいとは言えない食べ物も!
ステーキやバーガーなどは美味しいですが、伝統料理というかナバホタコのような観光客向けの料理は美味しくないです。

北海道の人気ローカル旅番組「水曜どうでしょう」でアメリカを訪れた大泉洋さんも「僕の作った方がまだうまい」と言い放ったほど!笑
アメリカが嫌いになる理由は人によって違いますが、ご飯が美味しくないことで嫌いになってしまう人も少なくありません。

どうしても日本人好みに作っていない現地のグルメは、口に合わないこともあるということですね!

【アメリカ旅行】世界一の娯楽都市ラスベガス!カジノホテルの夜景とショー【観光1日目】

2017年7月27日

3位.オーストラリア

・不味い度:★★★★☆

オーストラリアは豊富な海洋資源に恵まれ、一見すると美味しいものに囲まれていそうな国ですよね。

ただ、オーストラリアはグルメの不味さで悪名高いイギリスの植民地だったこともあって、その影響を強く受けている国です。
実際に現地ではフィッシュアンドチップスが定番グルメの1つであり、他の食べ物はイギリス同様になかなかのやんちゃぶり
激マズ料理は少ないですが、逆に激ウマもなし!笑

肉料理が美味しいと評価されていますが、評判が良いのは高級なオージービーフくらいで他は微妙なものばかりとの声も。
世界有数のオージービーフでさえ不味いなんて言ってしまうセレブ舌な人もいるほどです。

僕もオーストラリアではカンガルーやワニ、エミュー、バッファローなどを食べましたが……どれも癖が強くて苦手でした!
焼き加減も適当だったり、味付けも適当だったり、良い意味でも悪い意味でも愉快なジャージーたちの性格が出てしまった感じ
日本みたいな繊細な料理は少ないです。

海産物は美味しいのですが、それも限られたものだけ。
それでいて物価も高いってんだから困りもんよ!

【オーストラリア旅行】南半球の国へ!飛行機の眠れないの夜【観光1日目】

2017年6月22日

4位.ロシア

・不味い度:★★★★☆

ロシアは東はアジアから西はヨーロッパまで広がる、世界で最も大きな面積を持つユーラシア大陸の大国ですよね。

国土が広すぎて一概に「美味しい」とも「不味い」とも言えないのですが、海外旅行客の中には美味しくないと思う人が多いです。
日本人観光客に向けて味付けされた飲食店では肥えた舌も満足してくれるのですが、特に家庭料理が微妙なのだとか!
外食産業もあまり発展していないため、どうしてもご飯が日本人の満足できるレベルに到達していないわけです。

では、なぜロシアの食べ物は不味いのか。
これは国土の大部分を寒冷地が占めているため、自国で生産できる食材に限りがあったというのが理由となっています。
また、調理のレパートリーが少ないこともあり、甘味や酸味や塩味や苦味や旨味など味覚を活かした食事が少ないのも原因!
サラダは野菜そのまま、肉は切って焼くだけ、スープも食材を入れて煮込んだけというものが多いのだとか。

調味料文化があまり浸透していない国柄のため、味に工夫を加えるということ自体が少ないからこそ生まれた味音痴大国。
その一方でハーブやスパイスは多め!
ロシアならではの食材もあることはあるのですが、それを活かすための調理法や料理法が確立されていないことも考えられます。

ただ、ボルシチやピロシキなど美味しいと言われる代表料理もあるので、ロシア旅行の際には無難なものを食べるのが良いです。

5位.ドイツ

・不味い度:★★★★☆

ドイツは旅人にも人気の世界遺産や絶景を多く持つ国で、海外旅行先の人気ランキングなどでも常連の国となっています。

そんなドイツ料理と言えば、ほとんどの旅人がビールとソーセージを思い浮かべるのではないでしょうか……僕もそうです!笑
毎日のようにソーセージを食べながらビールで流し込んでいるドイツ人が勝手に脳内再生されてしまうわけです。

一見すると美味しいソーセージとビールがあるならその他の食べ物も美味しいのではないか……と思いますよね?
でも、実際はそれ以外の外食産業があまり発展していないですし、家庭料理もそこまで美味しくないという意見が多いです。
多様な味付けに慣れている日本人の舌では、一辺倒なドイツのご飯に満足できる人も少ないのかもしれません。

ドイツは日本のようにこだわり抜いて食材を厳選したり、下味などの味付けをしたりすることも少なく、良くも悪くも味がストレート!
味の調整も濃いか薄いかくらいなもの。
薄くて味がしないものもあれば、逆に塩辛くて味が濃すぎるものもあるなど、料理の腕前自体が日本のように高くないわけです。
中でもスープはしょっぱいものが多く、日本人のガラスのように繊細な舌を持つ人たちが飲めば不味く感じてしまうのは必然。

また、ドイツはシリアル文化が根強いため、土日祝日など休日以外の平日は適当に冷たいもので済ませることが多いです。
朝もシリアル、夜もシリアルなんてこともざらにある。
むしろドイツのメインは昼という意見もあるほど。
一言で言えば……活きの良い食材の息吹が感じられない!

ただ、シュニッツェルやクノーデルなど、ドイツを代表とする美味しいご当地グルメもあるので、好みによって意見も分かれそうな国ですね。

6位.モンゴル

・不味い度:★★★★☆

モンゴルは草原広がる広大な土地を持つ国。
どこまでも続く草原を駆け抜け、お腹が空いたら美味しいご飯を食べたいところ……でも好き嫌いがかなり別れること間違いなし!

昔から遊牧民が伝統的な生活を送ってきた国ということもあり、長期保存に優れた食材を使う傾向が多いと言われています。
遊牧民ならではの家畜も多く、特に羊は古くからモンゴルで重宝されてきた貴重な食材と言えるでしょう。
しかし、この羊の臭み……苦手な人も相当多いはず!

日本で提供されている羊は肉本来の匂いを消せるように調理しているのですが、モンゴルはそのまま料理することが多いです。
そのため、強烈な臭みがどうしても残る……。
味覚にも影響を与えることが多いのが嗅覚のため、独特の獣臭に参ってしまう人もいるわけです。

まさ、モンゴルは外食をあまり好まないため、食材を調達してきて自炊するという家庭が一般的だと言われています。
外食産業が競争社会ではないからこそ、美味しいグルメを開発する必要もないのが不味いと言われる原因の1つ!

ただ、そんなモンゴルでもボーズやホーショルという美味しいものもあり、旅人の中にはハマる人も続出しています。
普通の餃子や揚げ餃子のようなもの。
モンゴル旅では羊肉よりもボーズやホーショル!

7位.ノルウェー

・不味い度:★★★☆☆

ノルウェーは空気が綺麗な北欧の国。
ただ、食べ物と空気の美味しさは比例する……というわけではありませんのでご注意を!

北欧と聞くと料理や食事も洗練されていて「繊細な味がしそう」だなんて幻想を抱いてしまう人も多いかもしれません。
しかし、現実は意外なことにご飯や食べ物が不味い国として知られているのがノルウェー……というより北欧全体がそこまで美味しくないという噂もあるほど!

その背景にあるのは北欧特有の物価の高さ
物価が高すぎるので、観光客はもちろん地元客まであまり外食をするという文化がないと言われています。
店に立ち寄る人が少なく競争もあまりないので、自然と淘汰されるわけでもなく、店も依然として成長しないまま。

地方に行けばレストランの数は減り、廃れた店が多いです。
例外もあって都会には美味しい店もあるのですが、寒冷地ということもあって肉類や野菜類のメニューが少なめです。
魚介類などは美味しいものもありますが、食文化自体が日本のように苛烈な競争をしているわけでもなく……一言で言えば普通!

ちなみに、税金が高い北欧のデンマークやスウェーデン、フィンランドも物価が高いため全体的に美味しくないと言われています。
……というよりは自信を持って「これは美味しい」と言えるものが少ないですね。

ただ、アイスランドだけは別格!
アイスランドも物価は超絶高いのですが、現地で水揚げされた海産物の美味しさは忘れられないほどです。

8位.フィリピン

・不味い度:★★★☆☆

フィリピンは亜熱帯の温暖な気候に恵まれた国。
陽気な人々と常夏の熱気が相まって、特にセブ島などは海外旅行客からも高い人気を集めていますね。

日本からの海外旅行客も多いです。
そのためか、近年は外国人観光客に向けたグルメが多く、日本人向けの飲食店も多くなってきているのが特徴です。
ただ、そんなフィリピンのグルメと言って良いのかわかりませんが、食材として有名なものは……バナナくらいでしょうか?

実際に現地でもバナナを使った料理が多く、陽気な気候で育つ島国だからこそ独自に発展してきた食事も多々あります。
しかし、そんなフィリピンも不味いのだとか。
その原因は調味料文化が根付いていないこと!

かつてはインドなど周辺諸国の影響を受けてきたのですが、フィリピンでは他国の食文化を受け入れずに排除してきた歴史があります。
食事の多くが発展途上であり、現地を旅行した人から聞くと甘い味付けばかりで飽き飽きなんて声も!

また、フィリピン人の料理人は自分の舌に自信を持っていて、レシピも適当で目分量で作ることもしばしば
そのため、他の国のオーナーがフィリピンで店を出しても、現地の料理人が自分の味付けにしてしまうこともあるそうです……ちゃんとレシピを守って!笑

スペイン統治時代があったのでグルメ大国スペインの源流があるとは言っても、気候がまったく違う国ということもあってスペイン料理の文化は根付いていると言えません。
これもフィリピンの食文化を鈍化させている一因。

また、観光立国とは言ってもマニラなどは治安も悪く、未だに観光客で賑わう地元の店というのがそこまで多くありません。
観光客よりも現地人の利用者が多いので、現地人の口に合うように作るしかないんですよね……それも他の国の人から不味いと思われてしまう原因!

9位.中国

・不味い度:★★★☆☆

中国は世界三大料理の一角を担う国。
歴史の深い中華料理に絶対的自信を持っており、事実として数々の絶品中華料理を世に送り出しています。

「コレゾ中国4000年ノ歴史アル……食ラエ!」と言わんばかりに中華料理は全世界に広がっていますよね!
僕も中華料理は大好きですし、一度は本場で食べてみたいです。
それこそ中華料理はどれも美味しいものばかりだと思います。

ただ、そんな中国も人によっては「ご飯が不味い」と感じてしまう人がいるなど、好き嫌いが分かれる国となっています。
人口が多いので必然的に美味しい店も不味い店も増えてしまうというのは、アメリカにも通ずるものがあるかもしれません。
不味いところは舌を引っこ抜きたくなるほど不味いのだとか!

なお、中華料理は四川料理や広東料理、湖南料理、福建料理などそれぞれの地域ごとに異なるため、一概に評価できません。
地域ごとに使う食材も調味料も違う他、調理方法なども違ってくるほど中華料理は細分化された料理となっています。

また、中国はゲテモノ料理も半端ではなく、ここでは言えないようなゲテモノを食べてしまった人もいるのだとか!
上海北京など中国を代表とする大都会には美味しい店もたくさんあることはあるはずですが、その陰に隠れている珍妙な店には気をつけて!笑

10位.インド

・不味い度:★★★☆☆

インドは混沌の国と呼ばれる中毒性抜群の国。
旅人の間でも好き嫌いがはっきり分かれる国として知られ、食べ物の評価も二極化しているのが特徴です。

インドと言えば、みんな大好きカレー!
豊富なスパイスを使ったカレーは店だけではなく、それぞれの家庭でもこだわり抜いて作られたものばかりです。
カレーだけでその種類は数十数百との意見も。
インド人の数だけカレーがあると言っても過言ではありません。

しかし、そんなインドもゲテモノ料理がたくさんあり、日本人の口に合わない味付けの食べ物もかなり多いです。
日本とは違って数十種類のスパイスを使った料理もあるため、苦手な人は本当に苦手だと思ってしまうかもしれません。

また、インドは衛生面も気になるところ。
東南アジアは衛生管理が行き届いていないことも多く、免疫力のない日本人の胃袋では耐えられないかもしれません!
事実としてお腹を下す人も多いです。
身体が受け付けてくれないことも!笑

世界中の観光客が集まってくる国ですが、地元客が圧倒的に多いこともあってローカルな店の多くは現地人の口に合わせています。
和食だと味が薄いと思ってしまうインド人が多いと言われることからもわかるように、全体的に食事の味付けが濃すぎ!
ハーブや香草が苦手な人はまず無理かも。

そこは旅人が恐れる混沌の国。
お腹の中がカオスになりませんように!

その他の国

その他の国というより、僕はパクチーなどの香草が苦手なので、それらを使っている食べ物は美味しいとは感じられません。
パクチーが好きな人……ごめんなさい!
実際にベトナムやタイなどの東南アジアの国々はハーブを使った料理も多く、意外と苦手な人も多かったりしますね。

また、意外と多かった意見がメキシコです。
僕もメキシコは訪れたのですが、確かにツアーで提供されるような店のものはあまり美味しいとは言えませんでした。
人気のタコス屋などは美味しいところもあるようですが、僕が食べたタコスはちょっと微妙でした。

それと世界三大料理と言われるトルコも微妙だという意見が多く、むしろ世界三大料理降板の危機かもしれません。
個人的に世界三大料理は日本料理と中国料理、そしてイタリア料理だと思います……他意は認めません!笑

ただ、結局のところ日本でも同じことが言えるのですが、競争率が低い地域などはあまり美味しくない傾向があります。
そのため、同じ国の中でも地方に行く場合には注意が必要。
そこは海外旅行なら美味しくても不味くても良い思い出になるとは思うのですが、できれば美味しいものが食べたいですからね!

その他、南米やアフリカなどにも不味いところは多々あるようです。
これも日本人の口に合わないだけですが、現地の人もあまり美味しいとは思っていない人もいたりします。
僕が好きな旅番組「クレイジージャーニー」や「世界の果てまでイッテQ!」でも不味いものを食べているシーンもあるなど、一概には言えません。

こればかりは自分で確かめてみるしかありません!

まとめ

世界にはグルメがイマイチな国もあります。
それは海外旅行ではご愛嬌なのですが、やっぱり楽しみにしているグルメが美味しくないとがっかりしますよね。
もちろん、みんなが不味いと評価する国であっても、大抵はある程度お金を出せば美味しい店を見つけることもできます。

味覚は自分の舌のみぞ知る。
ゲテモノでも絶賛して食べる人がいるように、逆にどんな高級食材を使ったセレブな皿が出てきても酷評する人もいます。
僕もトリュフよりしいたけが好きですし、キャビアよりいくらが好きですし、フォアグラよりレバニラ炒めが好き……つまりそういうこと!笑

ここで紹介した世界の食事・料理・ご飯・食べ物が不味い国を知り、海外旅行先選びの参考としてください。
いや、あえて挑戦してみても良いかもしれないですけどね!笑

関連記事

2 件のコメント

  • 私は、GOURMETなので行くなら食事&菓子が美味しい国ですねぇチリって馬いたら嬉しい&食べ物&菓子も美味しいそうです♥️従姉妹が大学の卒業旅行✈️でコロンビア&コスタリカ&チリに行って治安が良くて日本人女性が人気があると言っていました

    • 恭子さん、コメントありがとうございます!
      食べ物が美味しい国を訪れるのも楽しみの1つですよね^^
      チリの情報は初耳だったので、いつか行ってみたいです。
      コロンビアやコスタリカなど、南米には魅力的な国が多そうですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ライター、ブロガー、フォトグラファー。 チキンだけど世界の絶景、世界遺産、秘境を求めて彷徨っています。 臆病者だからこその目線で、海外旅行初心者の方のために情報をまとめています。