世界の日本から直行便で行ける国ランキング!飛行機が楽なおすすめ海外旅行先

「直行便で気軽に海外旅行してみたい!」

どうも!
直行便と聞くだけで何時間でも飛行機に乗っていられる気がしてくる「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

海外旅行の飛行機で乗り継ぎがあると面倒。
行くならやっぱり直行便が良いですよね。
フライトが何度も続くと疲労困憊……現地に到着した瞬間から観光に出かける気力も体力もすっからかんのすっからけっち!

海外行くなら楽なことに越したことはありません。
そこで、ここでは世界の日本から直行便で行ける国をランキングかつ首都や主要都市との距離、所要時間も含めて紹介しますね。

意外と直行便が就航している国も多いので、夢だったあの国ももしかしたら簡単に渡航できるかもしれません。
ぜひ、夢の海外旅行を楽しんでください。

直行便あれば海外旅行も余裕!

「海外旅行に行きたいけれど直行便じゃないと嫌」なんてわがままを言う子はいねぇがぁぁぁあ!!!???

はいはいはい……その気持ちわかります。
そんなわがままっ子でも海外旅行を楽しみたいのは事実で、僕自身も乗り継ぎがあると思うとちょっとだけ気が重くなっちゃいます。

海外旅行に行きたいけれど移動がネックになっていて、なかなか遠くの国まで足を延ばすのは躊躇してしまうのではないでしょうか。
せっかくの海外旅行でも移動はやっぱり楽したい!

せっかくバカンスに行くのに移動だけで疲れてしまったら本末転倒ですもんね。

ただ、直行便がある空港は多いのでご安心を!
日本には海外と繋がる大きな国際空港も多く、成田国際空港や関西国際空港の他にも、羽田空港や伊丹空港などがあります。
その他、新千歳空港や福岡空港など地方でも直行便で海外に行けてしまう空港は多いです。

初めての海外旅行はもちろん、初心者にとってはそういう直行便で行ける国がおすすめだったりします。
日本人観光客に人気があるあの国も直行便が就航しているので、ぜひ海外旅行先選びの参考にしてみてくださいね。

世界の日本から遠い国ランキング!地球の裏側まで続く海外旅行先の距離と経由便の移動時間

2019年8月29日

世界の日本が嫌いな反日国ランキング!海外旅行は避けたい反日家が多い国と理由

2019年8月9日

世界の日本語を学ぶ国ランキング!海外旅行でわかる勉強する目的や難しい理由

2019年5月24日

世界の日本人と出会いやすい国ランキング!海外で待つ運命の人との恋

2018年12月20日

世界の日本から近い国ランキング!近場で穴場な海外旅行先の距離と直行便の移動時間

2018年10月17日

世界の日本が好きな親日国ランキング!海外旅行でおすすめの親日家が多い国と理由

2018年9月21日

世界の日本人に優しい国ランキング!海外旅行で選びたい親切な国

2017年11月23日

世界の日本語が通じる国ランキング!英語も通じやすい海外旅行先

2017年6月30日

世界の日本から直行便で行ける国ランキング

日本から直行便で行ける国と言えば、イメージとしてはアジアしか行けないと思っている人も多いかもしれません。
ただ、日本なら直行便で世界中を回れます!

ここからは世界の日本から直行便で行ける国を紹介し、首都や主要都市との距離の他、飛行機の便数やフライト時間も紹介します。
このランキングでは直行便で行けるおすすめの国という意味でまとめているので、主観が含まれているのはご了承ください。

また、直行便は突然運休したり廃止したりすることもあるため、就航する航空会社ごとに直近の情報を確認しておく必要があります。
その他、距離や移動時間に関しては東京(成田・羽田)を基準としているため、東京発の直行便限定の話となる点は要注意!

地方からそのまま移動する人は空港ごとにどのような直行便があるのか調べてみて、行けそうな国があればチェックしてみてください。

1位.トルコ

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★★
・イスタンブールまでの所要時間:約8,950km(1日1便前後、直行便で約12時間25分)

トルコはアジアとヨーロッパの架け橋。
世界の文化が交差する有数の親日国です。
僕の個人的意見となってしまうのですが、海外旅行をするのなら絶対に観光してもらいたい国の1つ、それがトルコです。

トルコは息を呑むような世界遺産や絶景、秘境に絶品グルメの数々、何より日本人のことが大好きなトルコ人だらけと魅力満載!
世界中の写真家が憧れるカッパドキアパムッカレなど自然の宝庫でありながら、歴史文化も見逃せない魅惑の国なのです。

直行便が繋がっているイスタンブールまで気軽に飛ぶことができる他、韓国を経由して大韓航空で行くというのもおすすめです。
僕自身は直行便ではなかったのですが、現地のトルコ人たちと一緒に撮った写真は宝物!

【トルコ旅行】魅惑の世界の文明交差点!前泊の関西国際空港で足止め【観光1日目】

2018年7月11日

2位.アメリカ

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★★
・ニューヨークまでの所要時間:約10,840km(1日5便前後、直行便で約12時間45分)
・ロサンゼルスまでの所要時間:約8,800km(1日8便前後、直行便で約10時間)

アメリカは理想の旅を叶えられる国です。
旅を満喫するための要素が詰まった国。
世界遺産に絶景、秘境に映画や音楽などのエンターテイメント、レジャーにアクティビティにショッピング……旅の楽しみは無限大!

世界遺産グランドキャニオンを訪れたり、イエローストーンの異世界を冒険したり、ハリウッドで映画の聖地に溺れたり。
年末年始のカウントダウンをニューヨークで過ごしたり、世界最大の音楽フェスに参戦したり……海外旅行の醍醐味が詰まってる!

僕もグランドサークル周辺をロードトリップしたのですが、「これぞ旅」と叫びたくなる夢のような時間を過ごすことができました。
日本からの直行便も多いので、西海岸と東海岸に分けて観光するのもあり、レンタカーで大陸横断に挑戦するのもあり。

【アメリカ旅行】世界一の娯楽都市ラスベガス!カジノホテルの夜景とショー【観光1日目】

2017年7月27日

3位.イタリア

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★★
・ローマまでの所要時間:約9,850km(1日1便前後、直行便で約12時間55分)
・ミラノまでの所要時間:約9,710km(1週5便前後、直行便で約12時間45分)

イタリアと言えば世界有数の観光大国。
豊かな食文化を持つのはもちろん、洗練された美しい建物や芸術の数々、そこに住む陽気なイタリア人たちなど魅力は尽きません。
リピーターたちの旅の満足度がとても高いことでも知られます。

日本人観光客がたくさん訪れる見所満載!
日本のように縦長の国土を持つ国だけあって、ローマヴェネツィアなどを周遊する添乗員付きツアーが高い人気を誇っています。
どこを訪れるかによって見られる景色も千差万別

軽犯罪などはあるものの治安も良好だと言われているので、普通に観光する分には特に危険を感じることがないのも嬉しいところ。
中国と並んで世界一世界遺産が多い国としても知られるので、歴史や文化を肌で感じてみてはいかがでしょうか?

4位.台湾

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★★
・台北までの距離:約2,100km(1日27便前後、直行便で約4時間)
・高雄までの距離:約2,370km(1日4便前後、直行便で約4時間20分)

台湾は舌がとろける絶品グルメの宝庫!
世界でも日本のことを好いてくれている友好国の1つであり、世界有数の親日国としても知られている国だったりしますよね。

そんな台湾は日本人旅行客がとても多く、特に台北は直行便ですぐに行けることもあって老若男女問わず学生から社会人まで大人気!
飛行機での移動時間も短いので、到着してすぐ観光することもできる他、時差も1時間なので時差ボケにもなりにくいと思います。
現地の台湾人も優しくて温もりたっぷり。

観光地は意外にも少ないですが、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台に似ている絶景と称される九份のレトロな街並みも魅力。
紅提灯が揺らめく段々畑のような街並みは忘れられない思い出に……臭豆腐の匂いだけは勘弁してもらいたいところですけどね!笑

【台湾旅行】台北一人旅!悪臭漂う雙城街夜市の屋台グルメ【観光1日目】

2017年8月4日

5位.フランス

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★★
・パリまでの距離:約9,710km(1日5便前後、直行便で約12時間40分)

フランスはヨーロッパの中でも屈指の人気を誇る観光大国であり、世界遺産モンサンミッシェルなどをはじめ、エッフェル塔凱旋門などパリ観光だけでも十分に旅を謳歌できる国です。

歴史を匂わせる古き良き建物はもちろん、フェミニンでモードな雰囲気溢れる文化、流行の最先端を進むおしゃれスポットも満載!
旅の満足度も高く、男性より女性に人気の旅先となっています。
果てしなく遠いと感じるヨーロッパ諸国ですが、実は日本からの直行便も多く、フランスなどへの観光大国へも渡航しやすいです。

映画の中を歩いているかのような世界を肌で感じたいのなら、フランスを選んでみるというのもおすすめです。

6位.オーストラリア

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★☆
・シドニーまでの距離:約7,820km(1日3便前後、直行便で約9時間35分)
・ケアンズまでの距離:約5,880km(1日1便前後、直行便で約7時間30分)

オーストラリアは雄大な自然に囲まれた国。
南半球の国ということもあって北半球の日本とは季節の流れが逆のため、夏は避暑地で冬は避寒地として旅行できるのも嬉しいところ。

何より魅力なのは溢れんばかりの大自然です。
世界遺産のグレートバリアリーフウルル(エアーズロック)などはもちろん、カカドゥ国立公園ブルーマウンテンズ国立公園など。
自然を全身で浴びられる観光地が盛りだくさん!
ビーチリゾートもあるのでのんびりするのもあり。

オーストラリアまでの直行便であれば意外と短いフライトで済むこともあり、時差もあまりないので渡航しやすさはピカイチです。
広大な自然を見ながらレンタカーでドライブもあり、熱気球で野生動物観察もあり、バンジージャンプやスカイダイビングもあり。
自然の中で童心に帰って遊びたい人におすすめ!

【オーストラリア旅行】南半球の国へ!飛行機の眠れないの夜【観光1日目】

2017年6月22日

7位.タイ

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★☆
・バンコクまでの距離:約4,610km(1日19便前後、直行便で約6時間55分)

タイは旅人たちが夜な夜な集まる聖地。
格安で海外旅行ができるということからバックパッカーの聖地として崇められるようになり、経済成長を遂げた現在も人気は衰えず!
旅を愛する人なら一度は行ってみたい国の1つ。

アジアの中ではちょっと距離は遠いかもしれませんが、東京だけではなく日本の地方都市からでも直行便が就航しています。
あまりにも近い国が嫌なら首都バンコクへ。
旅人の聖地と言われるカオサン通りはもちろん、魅惑の夜遊びスポットだらけなので女性よりも男性におすすめしたいところ。

僕も小さな背中にバックパックだけで訪れたのですが、バンコクはインフラも整っていてすでに日本の地方都市よりも発展しています。
交通機関も充実しているので観光もストレスフリー!

【タイ旅行】旅人の聖地バンコクでバックパッカーデビュー!臆病者の一人旅珍道中【観光1日目】

2018年9月4日

8位.シンガポール

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★☆
・シンガポールまでの距離:約5,320km(1週14便前後、直行便で約7時間25分)

シンガポールは世界屈指の夜景を持つ国。
一極集中の都市国家ということもあり、数日間の限られた海外旅行であってもコンパクトに観光できるのが最大の魅力です。

市内観光ツアーも多く男子旅女子旅ともに人気。
3つのビルの上に船が横たわる形状をしたマリーナベイサンズをはじめ、世界最大級の植物園ガーデンズバイザベイもマストな観光地。
太陽が沈むと宝石のように輝き始める夜景は必見!

世界三大がっかりの1つと言われるマーライオンも、トリック写真を撮影するなど思い出の残し方によってはがっかりなんてしません。
シンガポールは何度も訪れて楽しむという国ではありませんが、人生で一度は訪れておきたい国の1つではないでしょうか?

9位.ニュージーランド

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★☆
・オークランドまでの距離:約8,830km(1日1便前後、直行便で約10時間30分)

ニュージーランドは自然豊かな温泉大国。
かのオールブラックス率いるラグビー強豪国としても知られ、2020年の東京オリンピックでもその活躍が期待されていますね。

ニュージーランドはラグビー好きにはたまらないのはもちろん、オセアニアらしい雄大な自然は目の保養になること間違いなし!
その広大な自然を活かしたレジャーも多く、巷ではアクティビティ大国なんて言われたりするほど海外旅行にもおすすめ。

現地のニュージーランド人はとても温厚で優しい人が多いこともあって、観光で訪れた日本人の満足度が高いことでも知られています。
僕も現地ではとても優しくしてもらいました。
清らかな心で接してくれているような雰囲気

ワーキングホリデーや留学で訪れている日本人も多い他、ミルフォードサウンドやマウントクックなどの絶景、食事も絶品。
世界一美しいと称されるテカポ湖星空が格別!
直行便はオークランドに就航しているので、北島と南島のどちらを観光するか決めてから計画することをおすすめします。

10位.フィンランド

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★☆
・ヘルシンキまでの距離:約7,830km(1日2便前後、直行便で約10時間15分)

フィンランドはオーロラを望む美しい北欧の国。
南にはヘルシンキなどの都会が広がり、北には北極圏の幻想的な景色も広がるなど、どちらの観光も満喫できる国だったりします。

北欧に直行便で行けるというのは意外ですよね。
世界の果てという印象が強い北欧ですが、日本からであれば意外とフライト時間も短くて行きやすいのが特徴です。
ヨーロッパ圏に直行便で行くより短いかも!

サンタクロースの聖地として知られるサンタクロース村などのテーマパークもあって、子供から大人まで楽しめるおすすめの国です。
クリスマスが待ちきれない人は、逆に迎えに行くのもあり!笑
キュートなパステルカラーの街並みは歩いているだけでも楽しいですし、日が沈むと一辺するメルヘンな世界は一度訪れる価値あり。

11位.インドネシア

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★☆
・ジャカルタまでの距離:約5,790km(1日6便前後、直行便で約7時間50分)
・デンパサールまでの距離:約5,560km(1日1便前後、直行便で約7時間30分)

インドネシアは海に浮かぶ熱帯の島国。
首都ジャカルタでの観光はもちろん、バリ島コモド島レンボンガン島など離島のリゾートアイランドが人気となっています!

のんびりとした時間が流れる島での時間。
現実逃避のバカンスを過ごすのにおすすめ
熱帯特有の蒸し暑さはありますが、せっかく海外旅行を満喫するのならそれがちょうど良い熱気に感じられることもあるかもしれません。

インドネシアへの直行便は数も多く、日本人にとってのちょっとした海外旅行先としても大変人気があっておすすめです。
秘境もあるなど冒険を楽しむ舞台としても最適

12位.カナダ

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★☆
・トロントまでの距離:約10,340km(1日1便前後、直行便で約12時間)
・モントリオールまでの距離:約10,380km(1週4便前後、直行便で約12時間)

カナダは美しい山々に囲まれた国です。
カナディアンロッキーなど世界遺産の大山脈が眼前に広がる景色に魅了され、移住を決めてしまう人も少なくありません。
トロントモントリオールなど大都市はアクセス良好!

日本から留学する大学生や高校生も多く、留学生にとっては最高の国だと称されるほど学問でも高い人気を誇っているのが特徴です。
世界の中立国として平和を望み、移民が多くて外国人にも寛容ということもあって海外旅行をするにも最適。

僕もカルガリーを訪れましたが、カナダ人は英語ができなくても親切丁寧に対応してくれて、本当に海外旅行しやすいです。
自然も都会も洗練されていて海外旅行にもぴったり。

【カナダ旅行】ロッキー山脈のバンフ国立公園へ!ヒッピーとの遭遇と旧友の気絶【観光1日目】

2017年10月23日

13位.イギリス

・直行便で行けるおすすめ度:★★★★☆
・ロンドンまでの距離:約9,560km(1日5便前後、直行便で約12時間35分)

イギリスは紳士たち集うダンディな国。
映画や漫画、アニメ、小説など数々のミステリー作品の舞台になっている霧の都ロンドンを中心に4つの地域から構成される国です。

ヨーロッパ屈指の経済大国で治安も悪くなし。
ロンドンだけでも数々の世界遺産が観光できます。
有名なウェストミンスター宮殿ビッグベンをはじめ、バッキンガム宮殿ロンドン塔など観光客に人気のスポットが満載です!

直行便も多くて移動が楽なおすすめの国です。
大人気ファンタジー映画「ハリーポッター」や話題沸騰のアクション映画「キングスマン」が好きなら行くしかないですね。
僕は子供の頃に「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」を観て以来、不気味な空気が充満する夜のロンドンを歩いてみたいと思っています!笑

14位.メキシコ

・直行便で行けるおすすめ度:★★★☆☆
・メキシコシティまでの距離:約11,290km(1日2便前後、直行便で約12時間25分)

メキシコはカリブ海を望む海賊とマヤ文明の国。
映画「2012」で一躍注目されたマヤ文明の古代遺跡が現存しており、古代の世界遺産好きにとってはたまらない国の1つです。
世界遺産チチェンイッツァテオティワカンウシュマルなどなど時間が止まったままの遺跡はまさに圧巻の迫力!

カンクンなどのリゾート地でバカンスを過ごすも良し、オアハカグアナファトメキシコシティなど人気都市で滞在するも良し。
治安には要注意ですが、観光の魅力は底知れず。

映画「リメンバー・ミー」で一躍注目された死者の日に参加するなど、一風変わった死者祭りに揉まれてみるのもあり

【メキシコ旅行】太陽と海賊の国!カリブの五つ星ホテルグランドフィエスタアメリカーナコーラルビーチカンクン【観光1日目】

2018年5月7日

15位.中国

・直行便で行けるおすすめ度:★★★☆☆
・北京までの距離:約2,100km(1日4便前後、直行便で約3時間55分)
・上海までの距離:約1,800km(1日16便前後、直行便で約3時間15分)

中国は急激な経済成長を続ける大国。
その発展ぶりはアジアでも有数であり、すでに経済規模としては日本市場を大きく上回るほど拡大している国でもあります。

そんな中国は言わずと知れた絶景大国!
万里の長城をはじめ、武陵源九寨溝など風景区に指定されている地域が多く、絶景マニアにとっては欠かせない海外旅行先の1つ。
世界遺産もイタリアと並んで世界一の多さを誇っています。

日本からも近くて行きやすいですし、中華料理の本場で食べ歩きするのはもちろん、買い物をするのも楽しみの1つかもしれません。
気軽に直行便で行けて、最短2日~3日で漫喫できるのも魅力!

その他の国

その他にも日本から直行便で行ける国はたくさん。
日本の主要空港は世界でも有数の規模を誇る空港となっており、世界中の都市に直行便が就航しています。

直行便で訪れることができる国は常に変化しているので、今後乗り継ぎをしないと行けない国も出てくるかもしれません。
しかし、むしろ新しく直行便が就航する可能性もあります。
そうなれば行ける国はさらに増えていくことも。

例えば、急成長を続ける東南アジアやアフリカの国々にも、いずれは直行便が就航してもおかしくありません。
そんな未来がやってくればもっと海外旅行も楽しめそうですね!

まとめ

日本から直行便で行ける国は意外にもたくさんあって、飛行機が苦手な人でも気軽に海外旅行できてしまう時代となっています。
乗り換えがあると旅の疲れも溜まりやすいので、初めての海外旅行などは特に直行便が就航している国がおすすめです。

ただ、直行便が就航しているとは言っても、それぞれの時期やシーズンによって就航状況が変わってしまうこともあります。
そこは直近の情報を調べてから計画を立ててくださいね!

ここで紹介した世界の日本から直行便で行ける国を参考に、素敵な海外旅行の思い出を手軽に残してみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター、ブロガー、フォトグラファー。 チキンだけど世界の絶景、世界遺産、秘境を求めて彷徨っています。 臆病者だからこその目線で、海外旅行初心者の方のために情報をまとめています。