世界の絶景ランキング!海外旅行で絶対に行くべき感動スポット

「世界を旅して見つけた僕だけの宝物」

どうも!
絶景を食べて生きる旅人、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

世界を旅していると出会えるもの。
心臓が震える絶景や息を呑む世界遺産、未知の秘境。
……自分で冒険してみないとわからない世界の果て。

そんな神秘の光景に出会えたことはありますか?
旅で出会う奇跡は自分の目でしか見つけられない宝物です。
ここでは僕が出会った世界の絶景をランキング形式で紹介します。

これが僕の旅の集大成……さぁ、絶景の世界へ!

世界は感動の絶景に満ちている!

みなさんは一瞬で心が燃えるような絶景に出会ったことはありますか?

僕は旅人の中でも超弩級の臆病者、まさにチキン野郎です。
そんな自分が海外に行くなんて考えたこともありませんでした。

でも、旅を通して知ってしまいました。
この世界には神秘の絶景が溢れているということ。
そして、それは自分の目で見てこその絶景なのだと。

そうして旅をする度に、より絶景を求めるようになっていました。
気づけば絶景を見て感動することの虜になっていたのかも。
……この世界は感動の絶景に満ちています!

そんな景色が目の前に横たわっているなら見に行くしかない。
自分の目で実際に見てみないことにはわからない。

死ぬ前に一度は見ておきたい絶景が世界にはたくさんあるのです。
僕はそれを制覇することができるのなら死んでも良いです。
出会ったことのない絶景には、そんな魔力が詰まっています。

ぜひぜひ、みなさんも世界の絶景を訪れてみてはいかがでしょうか?

世界の幸せな国ランキング!その理由と日本の順位や幸福度が低いのはなぜか考察

2017年10月18日

世界の死んでも良いかなと思える国ランキング!海外旅行で死に場所を探す旅

2018年10月15日

世界のクセが強くてうざい国ランキング!中毒性抜群のやばい海外旅行先

2018年12月15日

世界の人気リゾートランキング!最高のバカンスを過ごせるビーチ満載の海外旅行先

2018年4月9日

世界の美容整形大国ランキング!海外旅行の外科手術成功・失敗談

2018年8月23日

世界の絶景ランキング

僕が初めて海外というものに触れたのは2013年。
大学の友達とグアムに行ったのが始まりでした。

現地に降り立った瞬間、全身を包む南国の風。
何が待っているのかわからないワクワク感。
そこは心も身体も解放される異国の楽園。

旅をする人にとっては本当に簡単な旅かもしれない。
でも、僕の旅の始まりはそこからでした。

日本に帰ってきた僕を待っていたのは海外への好奇心。
そこから世界に興味を持ち、肝っ玉から勇気を絞り出した僕。
旅をすればするほど、その国にしかない魅力に飲まれていく快感。

臆病でチキンでコミュニケーション能力もない人見知り。
引きこもりがちで内気な僕を壊したのは世界に溢れる絶景の数々!

このランキングでは僕が出会った世界の絶景を一挙大公開。
完全に独断と偏見ですが、感動に満ちた絶景の数々を厳選しました。
僕と同じようになかなか世界に踏み出せない人が、少しでも「旅をしてみたいな」と思っていただければ幸いです。

これまで世界で集めてきた絶景は唯一無二の宝物

1位.“スーパーブルー” 氷の洞窟:アイスランド

・絶景度:★★★★★
・衝撃度:★★★★★
・感動度:★★★★★

世界で最も美しい氷の絶景と称される氷の洞窟
そこはアイスランドのスカフタフェットル国立公園内。
ヴァトナヨークトルの奥地にある秘境。

スーパーブルーと呼ばれるその場所は青い氷が燦然と煌く世界。
現地では神の洞窟とも呼ばれるほどの絶景として知られています。

アイスケイブとも呼ばれており同じものは二度と見れません。
毎年崩れては蘇ることを繰り返す不滅の絶景。

この光景を見た瞬間、僕は心は一瞬で氷漬けに……。
透き通る氷には朝焼けが乱反射し、氷の芸術と混ざり合う。
その色合いは見たことのない幻想的な色彩

まるで青い天の川が頭上に流れるかのような景色。
眼前でキラキラと光る天然のステンドグラスは圧巻。
氷の厚さによって通す光の量が変わり、色合いはより神秘的に!

崩壊と再生を繰り返す氷の洞窟。
何度訪れても違う表情を見せてくれるこの場所。
その日その時その場所だけを刻む儚く美しい絶景。

幻想的で神秘的で刹那的だからこそ美しい
世界で唯一無二、同じものが存在しない絶景。

その青の流星群に願いを聞いてもらうのも良いかも。
条件が厳しい場所だけに、見れた時の感動は言葉にできない。

気温が低く、晴天であることが絶対条件。
洞窟の形状が良くなければ見られない奇跡の絶景。
だからこそ、こんなにも儚くて美しいのかもしれませんね。

個人でのアクセスは難しいので、現地ツアーへの参加が必須です。
洞窟の場所はガイドが毎年のように調査しています。
行き方もガイドのみ知るため、くれぐれも単独で遭難しないように!

【アイスランド旅行】青く爆ぜる氷の洞窟!神秘のヨークルスアゥルロゥンとダイヤモンドビーチ【観光4日目】

2017年9月11日

2位.“ナバホ族の聖地” モニュメントバレー:アメリカ

・絶景度:★★★★★
・衝撃度:★★★★★
・感動度:★★★★☆

荒涼とした大地から点を穿つ巨大な岩盤。
ナバホ族の聖地として知られるその場所。
現地ではモニュメントバレーと呼ばれるナバホ族の聖域。

果てしなく続く地平線の先まで伸びる広大で雄大で壮大な谷。
アメリカらしさを全身で体感できる場所。

無限に続く地平線を眺めて人生について考えるのも悪くない。
無音に包まれるその静寂の谷は、生きていることを実感させてくれる。

そこにあるのは古き良きアメリカの原風景
ハリウッド映画に登場するような場所が、この谷にある。
ここは映画のロケ地として有名なフォレストガンプポイント

しばし立ち尽くし、伸びてゆく果てしない旅路に思いを馳せる。
人生に悩んでいるのなら、ここで立ち止まって振り返ろう。

砂漠と荒野が織り成す絶景に骨の髄から震えることは間違いなし。

あまりの広大さに自分の存在がちっぽけだと思えるほどの絶景。
赤褐色の大地に響く馬蹄の音も、またアメリカらしさ満点。

夢で見たような絶景の旅をするならここで決まり。
荒野の世界が包むモニュメントバレーは、まさに映画の中。

生き物を拒絶し命を枯渇させる世界
命の儚さと脆さを見せつける荒野に全身も震える。
この絶景を見ないことには、アメリカを旅したとは言えない。

アクセスとしてはラスベガスから車で7時間~8時間前後。
周辺に交通機関がないため、レンタカーでの行き方がメインです。
もしくはラスベガスなどから日帰りの現地ツアーに参加するのもマスト!

【アメリカ旅行】ナバホ族の聖地モニュメントバレー!絶景のジョンフォードポイント【観光3日目】

2017年7月29日

3位.“黄金の砂絨毯”サハラ砂漠:モロッコ

・絶景度:★★★★★
・衝撃度:★★★★☆
・感動度:★★★★★

遥か地平線の先まで続く広大なサハラ砂漠
命を枯れさせる大砂丘が延々と続く景色は、世界有数の絶景。
旅と言えば砂漠……そこはまさに冒険の舞台に相応しい!

歩けば歩くほどこの砂の絶景に飲み込まれる。
黄金の絨毯を歩くだけで感じられるはず。
特にサハラ砂漠の朝焼けと夕焼けは別世界。

昼と夜で表情を変えるサハラ砂漠。
メルズーガにある宿から見える星空だけでもこの絶景。
オアシスに浮かぶ天の川を眺めながら、砂の上で寝る特等席。

ここは無数の星々を肉眼で見られる貴重な場所でもあります。
空気がキリリと澄んでいて、そこはまるで夜空というより宇宙。
どこまでもどこまでも……宇宙の果てまでも見えるかも!

太陽の光に照らされて黄金に輝く砂丘。
ふわふわとした魔法の絨毯に乗って、気分はアラジン。
夢にまで見た冒険の世界が目の前に横たわる。

「これぞ旅」を味わえるのが、このサハラ砂漠の魔力。
ぜひともラクダに乗り、この砂の世界を冒険してみてください。

金色に染まった砂の上を歩くラクダの影もまた絵になる。
朝焼けと夕焼けで違った色合いを見せる砂にうっとり。

シルエットになった砂丘と太陽のコントラストもまた絶景。
そこを進むラクダのキャラバンに手を振ってみては?

ここに生息する限られた命もまた美しい。
生命を拒絶する砂漠を眺めていると、人生が変わるかも。

サハラ砂漠へのアクセスは国によって違うので注意。
僕が訪れたモロッコからだと、メルズーガでの宿泊がマスト。
ぜひ朝と夜で表情を変える姿を目に焼き付けてください。

車をチャーターして移動することもできますが、ツアーが安心。
日本から添乗員付きツアーもあるので、それらを活用する行き方もおすすめです。

【モロッコ旅行】サハラ砂漠の絶景黄金絨毯!砂の惑星とトドラ渓谷ツアー【観光6日目】

2019年2月4日

4位.“妖精の煙突”カッパドキア:トルコ

・絶景度:★★★★★
・衝撃度:★★★★☆
・感動度:★★★★☆

絶景中の絶景として知られる世界遺産カッパドキア
そこは妖精の煙突と呼ばれる岩々が紡ぐ童話の世界。

メルヘンの世界一色に染まりたいのならここは絶対に外せない。
その絵本のような世界に飲み込まれて迷子になっちゃいましょう。

キノコ岩とも呼ばれる岩の絶景は、最強のSNS映えスポット。
奇妙で珍妙な岩々の中を縫うように歩き回るだけで楽しい。

世界中を探したって、こんな景色は他にない!

自分が「ここだ!」と思う場所で写真を撮ってみるのがベスト。
撮り方次第で千変万化する景色は無限に遊べる夢の国。

岩の影からひょっこりと妖精たちが出てくるかもしれない。
……脳内まで花畑に染められてしまうような絶景。

ここに立っているだけで思わず童心に帰る。
誰もが子供に戻れる童話の世界がここにある。
子供の頃に忘れてしまった心を探してみるのもまた良し。

世界遺産に含まれるギョレメ国立公園も絶対に外せない絶景の1つ。
ここはギョレメ野外博物館、摩訶不思議な未知の景色。

かつてここに作られた岩窟都市の面影もファンタジック。
フォトジェニックな世界を歩けば、気分はフォトグラファー。
洞窟で暮らしていた時代のものが残っている姿に感動すること間違いなし。

カッパドキアと言えば熱気球からの絶景もマストです。
風が強ければ打ち上げられない熱気球、まさに運次第。
乗ることができた人は、幸運の持ち主だと言えるでしょう。

風のない日にだけ飛ぶ熱気球は、まるで絶景の祭典!
カラフルな熱気球が気持ちよさそうに舞う姿は圧巻。

無数の熱気球がカッパドキア上空に浮かぶ姿に感動。
熱気球は事故があったこともあり、旅行会社や旅行代理店によっては催行中止となっていることもあります。
事前に確認し、現地ツアー会社に相談するのが安心です。

なお、カッパドキアへのアクセスはなかなか難しいです。
イスタンブールなどの陸路からだと車で約11時間~12時間。
拠点となる周辺の町には空港が2つあるので、そちらからの行き方もあり。

【トルコ旅行】世界遺産カッパドキアとギョレメ国立公園!要塞ウチヒサールの少女【観光6日目】

2018年8月2日

5位.“アドリア海の真珠” ドゥブロヴニク:クロアチア

・絶景度:★★★★★
・衝撃度:★★★★☆
・感動度:★★★★☆

紺碧の海に浮かぶ箱庭のような都市、世界遺産ドゥブロヴニク
クロアチアにあるこの旧市街は、世界で最も美しい旧市街の1つ。
世界中を見てもこのような港湾城壁都市は希少です。

街並みの絶景を挙げるとすれば、ここは絶対に外せません!
世界中から観光客が訪れるほどの人気都市であり、その美しさは必見。

中でもスルジ山山頂から見る景色は格別です。
青く染まった海と橙屋根の旧市街が描く絶景はまさに絵画のよう。

悠久の歴史を刻む旧市街を守ってきたのは堅牢な城壁
この城壁は4つの門があり、要塞のようになっているのが特徴。

幾多もの戦禍を耐え抜いてきた城壁が物語る歴史に震える。
今では観光客で賑わう美しい町で、数々の船が行き来する。
映画「魔女の宅急便」や「紅の豚」のような景色は必見!

ドゥブロヴニク旧市街観光の目玉と言えば城壁巡り
その城壁からは美しい街並みを望むことができます。

城壁巡りは体力勝負ですが、それもまた観光の醍醐味。
弁当箱に敷き詰められたような旧市街を歩けばお腹もペコペコ。
自分の足で踏みしめて、この偉大な世界遺産を味わいましょう。

スルジ山から見渡して、城壁からも見渡すという楽しみ方もあり。
違った角度で切り取ればまた違う絶景に見えてくる不思議。
深い歴史を越えて現代に残る世界遺産をぜひ堪能してみてください。

ドゥブロヴニクへの行き方は、クロアチア本土から陸路が定番。
ただ、陸路で繋がっていないため、ボスニアヘルツェゴビナ国境を越える必要があるのは要注意。

周辺に空港もあるので、ザグレブなどから空路で訪れるのもあり。

【クロアチア旅行】世界遺産ドゥブロヴニクで城壁巡り!要塞都市スプリット【観光4日目】

2018年1月20日

6位.“波打つ岩の峡谷” アンテロープキャニオン:アメリカ

・絶景度:★★★★☆
・衝撃度:★★★★★
・感動度:★★★★☆

アメリカにある波打つ岩を知っていますか?
ここは旅人憧れの地、アンテロープキャニオン

世界の冒険家や探検家、旅人が屈指の絶景として崇める秘境。
眼前に迫る流れるような岩の迫力に思わず感動の波が押し寄せる。

岩肌に刻まれた曲線を触れながら悠久の時間を感じる。
自然が作り出した芸術は、まさにアートの領域!

好奇心を撫でる摩訶不思議な岩の世界は天然の迷路。
ちなみにアンテロープキャニオンにはロウワーアッパーがあり。
こちらはロウワーですが観光客に人気なのはアッパーですね。

どちらかというとアッパーのようが歩きやすいとのこと。
ロウワーはむしろ迷路のようになっていて起伏もあります。
どちらを観光するかによって受付が違うのでそこは注意。

太陽の光によってメラメラと燃え盛る炎のように見える。
もしくはゆらゆらと揺れる布のようにも見えるかもしれない。

幾重にも重なる時代の流れとともに形成されたこの聖域。
何百何千という年月が作り出した奇跡の絶景は、まさに冒険の地。

この岩に刻まれた水と風の痕跡は鳥肌が立つほど美しい。

こんな荒野の見知らぬ隙間にできたアンテロープキャニオン。
そこは世界中どこを探しても同じものはない美しい赤褐色の芸術。
ただ、夢中になって頭をぶつけないように注意!

アクセスとしては最寄りの田舎町ページから車で訪れるのがマスト。
レンタカーでの移動が便利ですが、現地ツアーもあり。
英語に自信がないなら、日本からのツアーに参加しましょう。

なお、天候によっては鉄砲水が発生するため、雨天は観光不可です。
それだけに天候に恵まれた時には見たこともない絶景が見られるはず!

【アメリカ旅行】ホースシューベンドとアンテロープキャニオン!癒しの地セドナ【観光4日目】

2017年7月31日

7位.“古代王の墓” ピラミッド:エジプト

・絶景度:★★★★☆
・衝撃度:★★★★☆
・感動度:★★★★☆

古代の王族が眠る墓、世界遺産ギザピラミッド
世界遺産の中でも最も有名なものの1つかもしれません。
それでいて世界の七不思議の一角としても知られる謎多き場所です。

一言で言えばロマンが詰まった世界遺産ですよね。
未だに解明されていない謎が残っていると聞くだけで身震いするほど。

古代文明の最高傑作とも言える世界遺産。
その絶景は個人的にはNo.1と言っても良いほど!

巨大な石を積み上げて作られたピラミッドは未知の塊。
徐々に謎は解明されているものの、未だに謎多き場所です。
圧倒的な威圧感を放つその姿は、まさに古代の絶景!

ちなみにピラミッド内部には入場することも可能。
未知の空間が広がる内部を進めば、気分はトレジャーハンター。
神聖な空気に首を絞められるような感覚をぜひ体験してみてください!

ピラミッドは近景よりも遠景の方がより美しく映えるかも。
砂漠の中で天を貫く巨大な建造物は、まさに威風堂々。
人間が作ったとは思えないほどのロマンを全身で感じるべし。

これを見ただけでエジプトに恋をしてしまうはず!
僕も憧れていたエジプトを旅した時は恋に落ちました。
ラクダとともに眺めるロマンは素敵な思い出になること間違いなし。

エジプトの醍醐味と言えば物売り商人たちとの攻防
観光地では執拗に追いかけてくる商人との交流もまた面白いです。
地の底まで這ってくるようなしつこさは天下一品!

値切れば値切るほど安くしてくれるので、買い物もぜひ。
品質は良くありませんが、旅の思い出にはぴったりです。

ピラミッドと言えばスフィンクスも忘れずに!
堂々と鎮座するスフィンクスに関する伝説も多し。
その逸話に耳を傾けながら眺めるのもまた乙なもの。

ピラミッドへの行き方としてはカイロからメトロやバスが定番。
タクシーで向かっても良いですが、ぼったくりもあるので注意。
安全に旅をするなら現地ツアーに申し込むのがおすすめ。

【エジプト旅行】世界遺産ピラミッドの謎の部屋とスフィンクス!砂に埋もれた夢と古代文明【観光3日目】

2018年3月16日

8位.“天国へ続く温泉” ブルーラグーン:アイスランド

・絶景度:★★★★☆
・衝撃度:★★★★☆
・感動度:★★★★☆

天国へと続く絶景の露天風呂、それがブルーラグーンです。
雄大な絶景大国アイスランドの中でもここは別格中の別格。
美しいミルキーブルーの温泉に浸かれば身も心もとろんとろん。

その美しさはここが天国なのかと錯覚してしまうほど。
温泉大国日本の名湯さえ超越するほどの露天風呂がここに!

何もない溶岩の大地に突如現れる温泉の煙。
その煙を目印に道を進んでいくと見えてくる看板。

ここが入口かと思いきや温泉施設らしきものは見当たらない。
どこまでも焦らしてくる愛すべきアイスランド。
見えるのは火山によって作られた苔の荒野。

一本道を進むと見えてくるのが、ミルキーブルーの美しい温泉。
広大な火と氷の国の国民を温めるソウルホットスプリングス
ここは立ち入る者を天国へと誘う場所

ちょうど良い温度でついつい長風呂をしてしまう。
気づけば全身とろけて昇天してしまいそうになるほど。
シリカ泥を塗って美しさに磨きをかけるのもマスト。

白い湯気の中をのろのろ歩く人たちは、まるでゾンビの様相。
まさに極楽浄土、湯煙の美しき黄泉、終わらない至福の冥土

もしかして本当に死んでしまったのかと錯覚させる温泉。
……というよりも死んでも良いと思えるほど気持ち良い温泉。
混浴を楽しむカップルやファミリーの姿もまた風情あり。

アクセスはケプラヴィーク国際空港からレンタカーやバスで約30分。
レイキャビクからだと所要時間は50分前後となっています。
アイスランドは道路も少なく道がわかりやすいので、迷うことはなし!

【アイスランド旅行】世界最大の露天風呂温泉ブルーラグーン!最果ての町レイキャビク【観光1日目】

2017年9月7日

9位.“地球のゴッドファーザー” グランドキャニオン:アメリカ

・絶景度:★★★★☆
・衝撃度:★★★★☆
・感動度:★★★★☆

世界で最も有名な世界遺産の1つ、グランドキャニオン
アメリカを代表とする世界遺産の1つで、合衆国初期の国立公園。
その圧巻の姿はこの地球のゴッドファーザー的存在

生命力溢れる無限の荒野を目にすれば、腰が砕けること間違いなし。
どこまでも続く大渓谷、そこは壮大な地球の歴史を刻む爪痕!

この絶景を語る時、もう言葉なんて必要ないのかもしれません。
無限に広がる大地に耳を傾けていれば、自然と語りかけてくる。
考えるのではなく心と身体で感じる場所。

太陽の向きによって浮き出る陰影は、まさに地球の肌!
その岩肌に立ち、吹き抜ける風と音を全身で受け止める。

見たこともないような迫力の世界遺産は絶景中の絶景。
ただただここに座って何時間でも眺めていたくなる感覚。
世界遺産の王様と言えばこのグランドキャニオンなのかもしれない。

ゴッドファーザー……いやゴッドマザーとも言うべきかも。
そんな地球のゴッドペアレンツに挨拶し、地球との結婚するのもあり。

グランドキャニオンはあまりにも広大。
ドライブをすれば自分だけの絶景ポイントが見つかるはず。
サウスリムからの眺めが人気ですが、ノースリムも穴場でおすすめ!
各ポイントから見える違った一面を体感するのも素敵な楽しみ方。

グランドキャニオンへはラスベガスから車で約4時間~5時間。
レンタカーで国立公園内をドライブするのがマスト。
ロードトリップするならぜひ朝日や夕日もご覧あれ!

その他、バスや飛行機、ヘリで訪れることも可能です。
楽々にアクセスしたいなら現地ツアーへの参加がベスト。

【アメリカ旅行】憧れの世界遺産グランドキャニオン!絶景の大迫力渓谷【観光2日目】

2017年7月28日

10位.“青く輝く湖水” ペイトー湖:カナダ

・絶景度:★★★★☆
・衝撃度:★★★☆☆
・感動度:★★★☆☆

カナダ屈指の絶景と言えばカナディアンロッキーですよね。
その他だとコロンビア大氷原など、自然が豊かな国と言えます。
その中でも、湖の美しさは世界屈指と言っても良いほど。

数あるカナダの湖の中でも絶景中の絶景と言えばペイトー湖です。
山肌から眺める絵具を溶かしたような氷河湖はまさに圧巻!
雨上がりに虹の橋が架かる姿には、僕自身も感動。

カナダはバンフ周辺、そこあるボウ湖モレーン湖エメラルド湖
これらはカナダでも屈指の美しさと称され、多くの観光客が訪れます。

その中でも一番綺麗なのがこのペイトー湖です。
氷河から流れる水は太陽の光で青く光るのですが、その光景は神々しさすら感じさせます。

山肌から見下ろすとそこに広がるのは幻想的な色彩。
氷河が溶け出して形成されているこの湖は純度抜群。
その色合いには思わず吸い込まれてしまいそうになるほど。

湖だけではなく、雄大な山々が作り出す景色もまた格別。
どの角度から切り取っても絵になる景色は一見の価値あり。

命知らずの人は、岩の先から眼下に広がる湖を眺めてみるのもあり。
雄大な自然に囲まれたこの地は、まさにカナダが誇る絶景。
湖の絶景を見るのなら、ここで決まりかもしれないですね!

ペイトー湖へはバンフから車などでのアクセスが定番です。
ただ、バンフ観光では他の湖も周遊するのがマストなので、ツアーに参加して効率よく回ってみるのもおすすめかもしれません。

また、湖周辺は足場が悪いので歩きやすい服装で!

【カナダ旅行】ボウ湖とペイトー湖巡り!コロンビア大氷原とグレイシャースカイウォーク【観光3日目】

2017年11月6日

11位.“幽霊が漂う湖” ヨークルスアゥルロゥン:アイスランド

・絶景度:★★★★☆
・衝撃度:★★★☆☆
・感動度:★★★☆☆

巨大な氷河がぷかぷかと浮かぶ世にも奇妙な湖。
そこはヨークルスアゥルロゥンと呼ばれる不思議な場所。

アイスランドの湖の中でも純度の高い氷の絶景を楽しみたいならここ。
悠然と流れていく砕けた氷河の残骸は、まるで幽霊の大名行列
何もないからこそ美しい氷点下の絶景がここに!

絶景好きの間でも知られる希少な場所ということで特別感もあり。
知っている人こそ知っている絶景という意味ではここも外せない。

朝や昼には青く煌めく氷河がみられるのですが、おすすめは夜。
太陽が沈むと、そこは幽霊が漂っているかのような景色に……。
ゆらゆらと揺らめく氷河の大行進を眺めながら過ごす夜なんていかが?

湖を漂う氷はキリキリと音を立てながら、浮かんでは沈む。
圧縮された氷河は気泡が少ないため、このような色になるのだとか。

濃縮された青の世界は純度100%の氷河湖。
水の中でダンスを踊るように舞う氷は見惚れるほどの絶景。
人の手が入っていないこの世界をただただ眺めるのが、旅の醍醐味。

砕けた氷が流れ流れてヨークルスアゥルロゥンにやってくる。
その形はこの世に1つと同じものはない。
まさに自然が創造する氷の造形美。

周辺にはダイヤモンドビーチと呼ばれる絶景の海岸もあり。
そこには透明度抜群の氷が打ちあがり、宝石のような氷を見ることができます。

行き方としてはレイキャビクから日帰りも可能です。
ただ、移動時間がとても長いので周辺の町で宿泊するのがベスト。
レンタカーやバスの他、現地ツアーが便利です。

【アイスランド旅行】青く爆ぜる氷の洞窟!神秘のヨークルスアゥルロゥンとダイヤモンドビーチ【観光4日目】

2017年9月11日

12位.“茶畑の絨毯” キャメロンハイランド:マレーシア

・絶景度:★★★☆☆
・衝撃度:★★★☆☆
・感動度:★★★☆☆

マレーシアの奥地にある秘境、キャメロンハイランド
そこで自由奔放に広がる紅茶畑は目の保養になる癒しの絶景
実はマレーシアでも隠れた絶景として観光客に人気です。

のんびりとした時間が流れる癒しの山岳オアシス。
ここで茶畑でも摘みながら、悠々自適な時間の香りを楽しみましょう。

急勾配な階段を下りると、腰の高さほどの紅茶畑がポコポコ。
太陽の光で黄緑や深緑に色を染めていく茶葉は目の保養。

都会で擦れてしまった心は田舎で癒すに限ります。
ここに来ればどんな汚れた心でも洗い流してくれるはず。

キャメロンハイランドは避暑地としても人気急上昇中!
マレーシアに移住した人も、その熱気が嫌になったらここへ。
現地人が憧れる場所でもあり、ロングステイや長期滞在にも最適
この景色の中でぜひのんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

キャメロンハイランドへはクアラルンプールからの行き方が定番。
バスも出ている他、ツアーで訪れるというのも良いかもしれませんね。

【マレーシア旅行】キャメロンハイランドの紅茶畑!双璧の摩天楼ペトロナスツインタワー【観光4日目】

2017年9月30日

その他の国

世界には絶景と呼べる風景が数えきれないほどあります。
そのため、何を絶景と感じるかは人によって違ってくるかも。
このランキングではあくまでも僕が感じた絶景の数々。
人によっては他の場所が絶景だと思うかもしれませんね!

世界有数の絶景と言えば北米や中南米、ヨーロッパにもあります。
さらには中東やアフリカにも見たことがない景色があるはず。
オセアニアやアジアでも探せば見つかるはず。

こればかりは感じ方次第で変わってくるかもしれません!
だからこそ、自分だけの宝物を探しに行ってみてはいかが?

世界一の絶景と言われるボリビアにはウユニ塩湖。
これは世界中の旅人が大絶賛しているということもあって有名ですね。
ただ、他にも世界には絶景と呼ばれる絶景がたくさんあります。

個人的にはエチオピアのダナキル砂漠は絶対訪れたいですね。
さらにはマダガスカルのバオバブ街道も見てみたいところ。
オーストラリアのウルルだって、中国の武陵源だって見たいです。

そんな自分だけの絶景を探して旅をするのも楽しいですよね!
僕はそんな旅をこれからも続けていきたいと思っています。
まだ見ぬ世界の絶景を求めて、もっともっと世界に飛び立とう!

まとめ

世界には見たこともないような絶景が無限に広がっています。
海外旅行で出会うそれらの絶景は、きっと自分だけの宝物になるはず。
それを見つけるために旅立つというのも良いかもしれませんね!

一体この世界にはどんな絶景が待っているのでしょうか?
考えただけでワクワクしませんか?

自分が見たことのない世界を歩く旅。
夢想空想が現実になる瞬間が待っている。
その日その時その場所を訪れた人しか見られない感動の絶景。

世界で見た景色は、自分の心の中にだけ残る宝物です。
ここでは僕が出会った宝物と呼べる絶景を紹介しました。
みなさんも自分だけの財宝を見つける旅へ出かけてみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です