世界の面積が大きい国ランキング!周遊向けな国土の広い海外旅行先

「世界に横たわる圧倒的サイズの国たち!」

ハル
どうも!身体の表面積が領土問題を引き起こしそうな「CHICKEN JOURNEY」のハルです!笑

世界一面積が大きい国であればロシアとすぐ出てくるものの、その他の国土が広い国に関してはなかなか出てきませんよね。
カナダにアメリカ、中国、ブラジルくらいが限界。

そこで、ここでは世界の面積が大きい国を調べてみたので、周遊するのにおすすめな国土の広い海外旅行先として紹介します。
1回じゃとても回りきれないほど広大な土地を持つ国々なので、訪れる場所ごとに分けてプランを立ててみてくださいね。

近年では各地域の周遊ツアーも増えています。
ぜひ、何度も訪れてじっくり味わえるスルメのような国へ!

1回の海外旅行じゃ回りきれない!

海外旅行はそう何度も行けるものではないので、できれば1回の旅行で行きたいところをすべて回りたいですよね。
僕もお金がないので、海外旅行に行くなら「あそこ行きたいしここも行きたい」とつい予定を詰め込んでしまいます!笑

せっかくの海外旅行ならそれくらいで良いと思いますが、あまりにも広大な国だと「これ無理や」と計画の時点で頓挫します。

面積が広い国だととても1回の海外旅行では回りきることなどできず、泣く泣く予定を削らなくてはならないこともあるわけです。
僕もオーストラリアやアメリカやカナダを旅行しましたが、同じ国であってもまだまだ訪れたい場所が残っています!

まさに無限に続く終わらない夢
夢だった国を訪れたのに終わらない。
でも、それもまた海外旅行の醍醐味です。

1回じゃ回りきれないからこそ、何度だって訪れてその国のことをちょっとずつ知っていく……そんな旅も素敵ですよね!
ぜひ、あえてラスボス級にでかい国を訪れてみてはいかが?

世界の面積が大きい国ランキング

世界で一番大きな国ってどこなんだろう。
人類が足を踏み入れたことすらない土地が存在するほど、広大な面積や国土を持つ国……そこで待つのはラスボス級の大冒険!
そんな途方もない国を永遠に旅するなんてのもロマンですよね。

そこで、ここからは世界の面積が大きい国をランキングにしつつ、その国が持つ国土の広さも含めて紹介しようと思います。
なお、ここでは総務省とGoogleの情報を参考に細かな数字は四捨五入して紹介しているので、その点はご了承ください。

参考までに日本の面積はどれくらいなのかというと378,000km²ほどで、これは世界で61番目のサイズなのだとか。
果たして……世界で最も大きい国はどこなのか?
意外な国もランクインしているかもしれません。

なお、資料によってどこまで領土として含むのか違ってくるため、国土面積の表記も若干変わってくることがあります。
ここでは陸地ではなくても、内陸にある湖や池や川などを含めた数値となるので、そこも頭に入れて読み進めてみてくださいね。

1位.ロシア

・国土の面積:約17,100,000km²

ロシアは世界一の国土面積を誇る国です。
この数字はロシア連邦を構成する共和国を含んでいるものの、実に世界の陸地の約11.5%を占めるほどの規模となっています。
領土の大きさだけで世界を圧倒するほど広大な国!

地球の六大陸の中で最も大きいユーラシア大陸の面積は約54,760,000km²なので、ロシアはその約3割を占める割合。
共和国を除いても12,213,046km²とマンモス級。
その大きさは他国の追随を許さないほど圧倒的に世界一です。

国内だけでも時差が最大10時間あり、アジア側とヨーロッパ側で文化や風習も違い、さらには暮らしている人々の顔立ちも違う。
圧倒的なまでの面積が生んだ地域差だけでも世界レベル。

2位.カナダ

・国土の面積:約9,985,000km²

カナダは西半球で最大の国土面積を持つ国。
広大な北米大陸は狭義ではカナダとアメリカとメキシコの3カ国のみとなっており、どの国の国土面積も広いのが特徴です。
その中でもカナダは世界総陸地の6.7%を占める大きさ

恐竜が闊歩していた名残を感じさせる規模!
不毛の土地から森林が生い茂る豊かな土地、荒々しい土地までそれぞれ広大な敷地を持ち、それはまさに地球を凝縮した地域。
世界遺産に登録されている雄大な大自然を求め、毎年のように数え切れないほどの観光客が訪れている国でもあります。

【カナダ旅行】ロッキー山脈のバンフ国立公園へ!ヒッピーとの遭遇と旧友の気絶【観光1日目】

2017年10月23日

3位.アメリカ

・国土の面積:約9,834,000km²

アメリカは北米大陸でカナダに次ぐ面積の国。
自由の国をスローガンに掲げている他民族巨大国家で、現代では世界で最も影響力のある大国の1つでもあります!
観光名所も多く、海外旅行先としても大人気

アメリカはあまりにも広大な土地ということもあり、海外旅行で訪れても決して一度ですべて回ることなど不可能に近いです。
ちなみにここでは国連やCIAワールドファクトブックの数値を考慮しており、認識によっては中国の方が大きいという意見も。
それでもアメリカに広がる世界は大冒険が待つ場所!

【アメリカ旅行】世界一の娯楽都市ラスベガス!カジノホテルの夜景とショー【観光1日目】

2017年7月27日

4位.中国

・国土の面積:約9,597,000km²

中国は東洋で屈指の面積を誇るアジア最大の国。
ユーラシア大陸ではロシアに次いで大きな面積を誇り、豊かな自然と大都会が混然一体となった広大な敷地を有しています。
各地に観光地が点在するため、一度の観光で回るのは厳しめ!

なお、特別行政区の香港やマカオ、台湾、ブータンなどはこのブログでは中国とは別途で考えているため、除外しています。
中国が実質支配しているアクサイチンやカラコルムにおいてはインドも領有権を主張しているため、こちらも除外しています。
それでもこの圧倒的サイズ……赤兎馬にまたがる呂布の如く!笑

5位.ブラジル

・国土の面積:約8,511,000km²

ブラジルは南米大陸で最も大きな面積の国。
それでいて南半球最大の国でもあります。
そこにあるのは圧倒的スケールの山々や木々、滝に川に湖などなど、世界最大の水域面積を誇るアマゾン川もここにあります!

その圧倒的な大きさを誇るこの国には豊かな自然が未だに残っているだけではなく、リオのカーニバルなどの祭事も有名です。
世界有数の親日国に無数の絶景、スタイル抜群の美女に絶品のグルメ……海外旅行で訪れる価値も相当大きいはず!

ただ、飛行機での所要時間の長さも相まって難易度は高め。
治安の関係もあって観光できる場所も限られてくるのは要注意。

6位.オーストラリア

・国土の面積:約7,692,000km²

オーストラリアは太平洋に浮かぶ巨大な島国。
世界最大の珊瑚礁地帯グレートバリアリーフや世界最大の一枚岩ウルル(エアーズロック)など、世界最大尽くしの観光大国です。
当然の如く島でありながらもその大きさは桁違い!

厳密には世界一の一枚岩は同国のマウントオーガスタスなのですが、そこは大きな心で細かいことは気にしないように!笑
そこに広がる大自然にただただ圧倒されるのみ!

ちなみに同国が領有権を主張しているオーストラリア南極領土を含めると13,588,937km²となり、世界2位の国土となります。
ただ、このブログではそちらは除外して考えています。

【オーストラリア旅行】南半球の国へ!飛行機の眠れないの夜【観光1日目】

2017年6月22日

7位.インド

・国土の面積:約3,287,000km²

インドは国土を覆うほど人口爆発が続く国。
毎年2500万人前後産まれるという驚異の出生率を誇る国であり、世界一の人口を誇る中国に追いつき追い越すほど怒涛の勢い。
少子高齢化社会の日本からすれば夢のような話ですね!

意外なことにインドは国土も世界で7位と大きく、アジアでは中国に次ぐ敷地面積を誇るほどの大きさとなっています。
タージマハルなどの世界遺産はもちろん、実は隠れた絶景の名所が多いことでも知られ、多くの旅人を虜にしてきた国でもあります。

かなり好き嫌いが分かれる両極端のサドマド国家ですが、その癖の強さを旅のスパイスとして楽しめる人にはおすすめです!笑

8位.アルゼンチン

・国土の面積:約2,780,000km²

アルゼンチンは南米に広がっている広大な国。
南米大陸で最も大きなブラジルに次いで大きな面積を誇り、世界一縦長のチリをさらに太くような敷地面積となっています。
ブラジル同様サッカー大国としても知られていますね!

地球の神秘を全身で感じられるペリトモレノ氷河イグアスの滝は南米最大……息を呑む大自然に腰を抜かすこと間違いなし!
海外旅行で訪れるのは少し大変ですし、1回ですべて回るのはまず不可能に近いですが、それでも訪れる価値のある国です。

9位.カザフスタン

・国土の面積:約2,725,000km²

カザフスタンは内陸国で世界最大面積を誇る国。
世界最大の湖として知られるカスピ海に面し、ロシアや中国やキルギス、ウズベキスタンやトルクメニスタンなどに面しています。

日本人がデザインした近未来都市をはじめ、悠久の時を超えて形成された荒野の絶景など、底なしの魅力は未知数!
海外旅行ではあまり馴染みがないかもしれませんが、マイナーな旅先を訪れたい人にはぜひともおすすめしたいです。

10位.アルジェリア

・国土の面積:約2,382,000km²

アルジェリアはアフリカ大陸最大の国。
もともとスーダンが同大陸で最も大きい面積だったものの、2011年の南スーダン独立によって逆転する形となりました!
今では世界10位の敷地面積を誇る国となっています。

人類の起源があると考えられているアフリカの中でも、アルジェリアは旧宗主国フランスの影響を強く受けている国です。
アフリカでありながらヨーロッパのような街並みが広がっているため、近年は海外旅行の穴場としても人気があるようですよ!

その他の国

その他の国なら、世界最大の島として知られているグリーンランドの面積も約2,166,000km²とかなり大きいです。
緑の島という意味の名前を持ちながら国土の大部分が氷床と万年雪に覆われている不毛の土地であり、居住区は沿岸部のみ。

また、サウジアラビアも忘れてはなりません。
約2,150,000km²と中東最大の面積を持つ国となっており、世界2位の石油埋蔵量を持つオイルマネー大国でもあったりします。
ただ、天然資源頼りで産業の多様性がないため、いつまでオイル天下が続くかは未知数です。

中南米のメキシコも約1,973,000km²となかなかの大きさを持ち、北米大陸ではカナダやアメリカに次ぐ大きさとなっています。
……って言っても北米の主要な国はこの3カ国だけですけどね!笑

その他、インドネシアも意外と大きいです。
東南アジア最大の島国国家であり、その大きさは約1,905,000km²と日本の5倍~6倍ほどの国土を持っています。
島国ということで小さく見えますが、実は経済規模も大きく、今後間違いなく東南アジアを牽引していく国の1つになると思います。

まとめ

日本は極東の小さな島国なんて言われますが、経済規模などを見ると世界有数の影響力を持っていると言えるでしょう。
ただ、その国土は確かにとても小さい国です。
世界には日本の数倍数十倍の面積を誇る国もあります。

世界で最も大きいのはロシアだと誰もがわかると思いますが、それ以下のランキングというのは意外と知らない人も多いですよね。
僕自身も調べている間に「この国ってこんなに大きかったんだ」と思えるような国もありました……やっぱり世界は広い!

ここで紹介した世界の面積が大きい国を参考に、ぜひ海外旅行でぐるっと周遊してみてはいかがでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です