世界の男性・男子平均身長ランキング!海外の外国人・日本人年代別比較

「世界にはトロールのような巨漢だらけ」

どうも!
心だけは大きい168cmの小さな巨人こと「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

海外旅行で世界に降り立つと……目の前には50m級の超大型巨人が!
そんな光景が当たり前なのが旅の醍醐味ですが、圧倒されちゃいますよね。
低身長の人はあまりの高身長の人ばかりで衝撃を受けるかもしれません。

時には子供扱いされることもあるほど、海外には大きい人ばかりです。
そこで、ここでは世界の男性・男子の平均身長についてランキングで紹介します。

日本人男性・男子の年代別平均身長

日本人男性・男子は世界的に見ても小さいと言われています。
しかし、実はそこまで大差があるわけでもないんですよね。

江戸時代など大昔の日本人は確かにとても小さい人が多かったのですが、現代はでは世界の人と同じくらいの人もいれば逆に大きい人も多いです。

日本人の男性・男子の年代別身長は下記のようになっています。

  • 20代:171.8cm
  • 30代:171.2cm
  • 40代:171.2cm
  • 50代:170.2cm
  • 60代:167.3cm
  • 70代以上:162.5cm

おおよそ日本人男性・男子の平均身長は170cm~171cm前後です。
欧米に比べると小さいですが、他のアジアなどに比べると実はそこまで小さくはありません。

ただ、僕は約168cmなので平均よりも小さいですね。
このように身長というのは人によって大きく変わるので、一概には言えないこともあります。

世界の女性・女子平均身長ランキング!海外の外国人・日本人年代別比較

2019年5月21日

世界のイケメンが多い国ランキング!海外旅行の女子旅で恋する男前大国

2018年3月7日

世界の日本人女性・女子がモテる国ランキング!海外旅行でイケメンパラダイス

2018年4月26日

世界の男性・男子の平均身長ランキング

海外旅行をしていると、海外の男性や男子の大きさに衝撃を受けます。
日本と比べると世界の国々はやはり大きい人が多いですね!
特に大きいのはアメリカやヨーロッパなど欧米の人たちです。

ここからは統計から調べた世界の男性・男子平均身長をランキングで紹介します。

統計によって情報が変わってくる他、時代によって身長も変わります。
そのため、ここでは身長を前後という表記にしています。
情報はその時々で変化するのでご了承ください。

ここではウィキペディアの情報を参考にしています。
参照元:https://en.wikipedia.org/wiki/Human_height
参照元:https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_average_human_height_worldwide

1位.ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

183.9cm前後

ボスニア・ヘルツェゴヴィナはバルカン半島北西部にある国。
首都にサラエボを持つ小さな連邦国家です。

世界一身長が大きい人が多い国としてはオランダが有名でした。
その他、アメリカやイギリスも大きいと言われてきました。
それら高身長大国に肩を並べて称されるのがこの国です。

平均身長で見るとボスニア・ヘルツェゴヴィナの人はかなりの高身長。
古くから交易の拠点で様々な人種が混ざり合った結果、高身長が増えたようです。
その平均身長も世界屈指の高さだと言えます。

2位.モンテネグロ

183.2cm前後

モンテネグロはバルカン半島北西部に広がる首都ポドゴリツァを持つ国。
豊かな自然と歴史、文化を持つことで知られ美しい国としてコアな観光客からも人気の国となっています。

そんなモンテネグロも身長がとても大きいと言われています。
身体が大きいというよりはスキニーでスレンダーな人が多いです。
見た目もシュッとしていてスタイリッシュでスマートです。

3位.デンマーク

182.6cm前後

デンマークは北欧の可愛らしい街並みが残る国です。
歴史や文化も色濃く、童話の国やおとぎ話の国としても知られています。

デンマークは北欧のヴァイキングたちが移り住んだ地域も多く、身長が高いです。
混血によって多くの血が混ざり合ったことで、より強い遺伝子が残り高身長な人が増えたという説がある他、寒い地域ということでベルクマンの法則も関係していると言われています。

ベルクマンの法則とは寒い地域の生き物の身体が大きくなるという法則です。
環境と遺伝による影響を強く受けたことで高身長の人が多いのかもしれません。
また、イケメンや男前が多い国としても知られています。

【デンマーク旅行】世界最古の遊園地!チボリ公園のイルミネーション【観光1日目】

2017年9月2日

4位.セルビア

182cm前後

セルビアは旧ユーゴスラビアの中央に位置するバルカン半島の国。
ヨーロッパの火薬庫と呼ばれたバルカン半島の中でも、政治や経済の中心として栄えた歴史を持つ国として知られています。

そんなセルビアも高身長の人が多く、体格も大きい人が多いです。
この地域の特室から見ても、バルカン半島周辺は多民族紛争が多く、さらには混血も多かったことで背の高い遺伝子が強く残ってきたと考えられています。

5位.リトアニア

181.3cm前後

リトアニアはエストニアやラトビアと並ぶバルト三国の1つです。
歴史深い街並みが特徴で、美しく洗練された中世の色鮮やかな街並みが残っている国として、海外旅行でも人気の国となっています。

リトアニアはヴァイキングが移り住んだこともあり、高身長な人も多いです。
荒波の中で戦った屈強な海賊たちの血が人間の身体をより強くしたのかも。

また、北欧にほど近い寒冷な国ということもあり、身体も大きくなりやすいです。

6位.アイスランド

181cm前後

アイスランドはヨーロッパの果てにある島国です。
火山と氷河が作り出した太古の世界が広がっていて、多くの自然が残る観光大国としても知られています。

アイスランドはその特異な気候と地形もあり高身長な人が多いと言われています。
また、ヴァイキングの血が強く残っており屈強な身体の持ち主が多いです。
古くから資源が豊かな食生活を送ってきたため、身体も自然と大きくなった人が多いのかもしれませんね。

僕もアイスランドを訪れた時には、周りの人の大きさに衝撃を受けました。
極寒の地でも耐え抜くために大きな身体に進化したのかもしれませんね。
寒い国だけにベルクマンの法則がより顕著に表れている国でもあります。

【アイスランド旅行】世界最大の露天風呂温泉ブルーラグーン!最果ての町レイキャビク【観光1日目】

2017年9月7日

7位.オランダ

180.8cm前後

オランダは世界一身長が大きい人が多い国と言われる国です。
世界共通の認識としてオランダの人は大きいと言われており、実際に身長が高い人もとても多い国となっています。

中欧や南欧、東欧の方が高身長の人が多い傾向ですが、オランダも巨人だらけ。
巨人の国とも言われるほど身長はとても大きい人ばかりです。

豊かな気候と風土もあって動植物が豊富なことや多様な食文化が根付いていることで、より身長が大きくなった人が多いと言われています。

8位.クロアチア

180.4cm前後

クロアチアはアドリア海に囲まれた美しい国。
ドゥブロヴニクをはじめとする世界遺産を多く有することで、日本人の観光客からも急速に人気を集めている国の1つとなっています。

クロアチアは海洋資源に恵まれ、古くから豊かな食文化がありました。
また、列強国に囲まれていて交易が盛んだったことも食生活に大きな影響を与えた要因となっていると考えられています。

【クロアチア旅行】カタール航空でドーハへ!評判の良い航空会社に初潜入【観光1日目】

2018年1月11日

9位.チェコ、ノルウェー、スロベニア

180.3cm前後

チェコをはじめ、ノルウェーやスロベニアも高身長の国です。
どの国もヨーロッパの人々特有の高身長遺伝子を受け、高身長が生まれやすい特色を持っていると言えるでしょう。

ヨーロッパは昔から食文化が栄え、栄養豊富な食事を食べてきた歴史があります。
乳製品や肉製品などをより多く摂取する食生活だったことから、他国に比べても高身長が多いと考えられているのです。

10位.コソボ

179.5cm前後

コソボはバルカン半島中部にある内陸国。
独立運動などが活発で、数多くの紛争も経験した国としても知られています。

そんなコソボも高身長な人が多いと言われています。
首都プリシュティナに多くの人が集まり、日本人が歩いているとかなり浮くほどに高身長な人が多い国と言われることもあるようです。

生き残るために進化を続けてきた人種で、生物として強くなることを繰り返してきたため、自然と身体も大きくなったのかもしれませんね。

その他の国

全体的に見てもやはりヨーロッパ圏は高身長の男性・男子が多い傾向にあります。
ベルクマンの法則により体格が大きくなりやすいのはもちろん、チーズや牛乳などの乳製品や肉製品を多く摂取する食文化も関係しています。

実際にヨーロッパで見てみると他にもスロバキアやエストニア、オーストリア、フィンランド、ポーランド、ベルギー、ドイツ、スウェーデン、イタリア、ロシア、ギリシャ、アイルランド、イスラエル、イギリスなどの国が高身長です。

その他、アメリカ圏も身長が大きい人が多いです。
アメリカやカナダなどは高身長の人も自然と多くなりがちですね。
こう見てみると北半球の中でも寒い地域には身長が高い人が多いことがわかりますね。

さらにはオセアニア圏で見てみるとオーストラリアやニュージーランドも屈強な身体をしており、ラグビーの強豪としても知られていますよね。

身長は人によって全然違うので、国ごとに判断することは難しいです。
ただ、地域によってやはり体格が大きくなりやすい人が生まれやすい地域があるのは確かだと言えるでしょうね。

まとめ

海外には巨漢のような男性や男子が壁のように立ち塞がっています。
海外旅行でもその大きい身体に驚いてしまう人もいるかもしれません。
世界の男性・男子の平均身長を見てみると、やはりヨーロッパに集中して高身長の人が多いことがわかりました。

特にヨーロッパ圏の中でも西欧ではなく、東欧に大きい人が多いです。
旧ユーゴスラビア諸国に関しては、交易が盛んで混血も多く、さらには四季がはっきりしていて寒い時期が多いということが高身長の理由と考えられます。
他にもアメリカ圏やオセアニア圏などにも大きい人が多いです。

ここで紹介した世界の男性・男子の平均身長を参考に、異国情緒を感じられる国を旅して人間として大きくなりましょう!笑

6 件のコメント

    • ATさん、コメントありがとうございます!
      ヨーロッパの女性って本当に大きいですよね!男性はおろか、女性よりも身長が低かったりして驚いちゃいます!笑

    • クトリ・ルカさん、コメントありがとうございます!
      高校生活は一生に一度しかないので、ぜひぜひ楽しんでくださいね!僕も高校時代に戻れるのなら戻りたいです。
      海外では年齢確認が必要なことも多いので、子供料金はちょっと無理かもしれませんね!笑
      逆に子供扱いされることもあるので、そこはパスポートをバシッと提示して年齢確認してもらいましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です