世界の物価が安い国ランキング!節約したい人におすすめの海外旅行先

「物価が安ければ安いほど旅行者天国♪」

ハル
どうも!人間としての価値が格安バーゲン中の「CHICKEN JOURNEY」のハルです!笑

海外旅行するなら旅費は抑えたいところですよね。
そんな時は物価が安い国を観光するのがマストです。
物価が安い国ほど観光などで必要なお金も節約できますからね!

限りある予算の中で最大限に楽しみたいと思っている人も多いです。
そこでここでは世界の物価が安い国をランキング形式で紹介します。

ちなみにその中でも人気があっておすすめの国なども考慮しています。
節約して旅行をしたいと思っている人はぜひ読み進めてみてくださいね!

物価は経済情勢で変化

安く海外旅行できるならそれに越したことはありませんよね。
世界には物価がとても安い国も多いです。
そういう国での観光はかなり安上がりで旅人にとっては夢のよう!

海外旅行の良し悪しは安いか高いかで決まるわけではありません。
僕も海外旅行はケースバイケースで予算を考えています。
ただ、安くて楽しい旅行になればそれが一番ですよね。

そこで1つ注意しておきたいのが物価の変動です。
常に物価というのは世界の経済情勢によって変化します。
現に経済成長中のベトナムやマレーシア、タイ、インドの都会は物価上昇中。
逆に経済が安定している国でも状況によっては物価が下降することも。

また、海外で何をどうするかによっても大きく違います。
高級レストランを利用するのか格安レストランで済ませるのかは人それぞれ。
つまり、旅費という面で見ると物価だけでは単純に判断できないこともあるので注意してください。

海外旅行をする時には、直近の物価を調べておくことをおすすめします。
その上で予算を組んでいけば完璧ですね!

世界の物価が安い国ランキング

物価が安ければ現地での移動や宿泊、飲食などの観光も安く楽しめます。
そもそも海外旅行をする人はセレブやお金持ちだけではなくなっているので、安く済ませられるのなら安く済ませたいと思う人も多いですよね。

僕もできる限りは安く済むように旅費を考えています。
そこでポイントとなってくるのが物価の安さです。

そこで、ここからは世界の物価が安い国を紹介します。
ここでは物価が安いだけではなく、その中でもおすすめできる国を紹介します。
さすがにアフガニスタンやシリアの物価が安いとは言っても、観光すること自体避けたい国を紹介しても意味がないと思うので……。

また、このランキングでは日本人観光客が行くような国のみ紹介します。
世界の僻地にはここで紹介する国よりも物価が安い国はあります。
あくまでも旅行で行ける国ということを前提にしておくのでご了承ください。

また、物価自体は安くても何をするかによって旅費は大きく変わります。
観光する予定の国などの情報は、常に直近のものを調べてから渡航してくださいね!

1位.インド

・物価が安い度:★★★★★

インドは世界一物価が安い国の1つと言われる国です。
東南アジアでも物価の安さは屈指で一人旅やバックパッカーにも人気です。
旅人たちの間でも中毒性が高い国として知られ、二度と行きたくない人と何度も行きたい人にはっきり分かれる国となっています。

インドは多くの世界遺産を持つため、観光地はかなり発展しています。
ただ、大都会は物価も高いですが、少し中心部から離れると物価は格安です。
大自然に囲まれた田舎だとより一層物価は激安になります。

ある人は1ヶ月滞在しても10万円以下だったという怪物旅人がいるほど!
約20日旅をして5万円で済んだ方もいるとのことで節約旅との相性抜群。
移動費も宿泊費も飲食費も観光費も自由自在に安くできる魅惑の国ですね。

地元の小さな飲食店や商店を利用すれば格安旅行も可能です。
観光客向けの店だと高いので、ローカルの店を中心に入るのがコツ。

平均月収もまだまだ安くて経済格差がとても大きい国です。
そのため、物価は他国に比べてもかなり安いのが特徴となっています。

ただ、安いのには理由があります。
食べ物は腹痛を起こすこともあり、衛生面は問題も多いです。
またゲストハウスや民宿は安全性も低いと言われています。
交通機関は問題が発生する確率も高いです。

軽犯罪の坩堝と呼ばれるほどの国なので貴重品の管理には要注意。
カオスな国だからこそ安いということを忘れずに!笑

2位.ネパール

・物価が安い度:★★★★★

ネパールは南アジアにある共和制国家です。
アジアでも最貧国の1つと言われる国で、物価は非常に安いです。
ただ、ヒマラヤ山脈など大自然が人気で観光客が年間通して多いのが特徴。

食料品や衣料品などが特に手頃な価格で売買されています。
質はそこまで良くないものの格安で旅行できる国として人気
また、世界中から登山家やアルピニストなどの冒険家からも人気があります。

平均月収が1万円以下という人も多く、まだまだ貧困に苦しむ人も多いです。
観光客が集まる地域は物価も旅行者向けですが、ローカルでは現地の人に合わせた物価なので格安となっています。

それぞれバザールなども点在していて、定価という発想はありません。
そのため、交渉次第によっては恐ろしいほど安く商品を買えることも!
基本的には現地の人に向けて生活必需品が安い傾向にあります。

ただ、首都カトマンズを中心に緩やかな物価上昇が続いています。
インフレの影響もあって今後は物価高騰も進むかもしれません。

3位.スリランカ

・物価が安い度:★★★★☆

スリランカはインド南部にある島国です。
旅人の間ではインド洋の涙やインド洋の真珠と呼ばれる国です。
世界遺産目当ての旅行者が多い他、アーユルヴェーダなども人気。

戦後の経済発展もあり、物価自体は徐々に高くなってきています。
ただ、それでも日本に比べると物価は安く、観光しやすい国です。
南アジアの中でも穴場と言われており、物価の安さはピカイチです。

現地人の平均月収が2万円~3万円と低いのも、物価の安さの要因となっています。
役職クラスでも7万円前後とあまり余裕のある国ではありません。

旅行の仕方では飛行機もホテルも食事も安く済ませることが可能です。
都会の急速発展で今後は貧富の差がより拡大するかもしれません。
ただ、屋台などもまだまだ多く1食200円前後で済むことも!
水も1,500mlで約45円で買えるなどかなり安いですね。

観光立国ということで今後の経済発展も考えられるため、物価上昇には注意。
ただ、それでも日本に比べるとまだまだ安いので節約海外旅行に最適です!

4位.ベトナム

・物価が安い度:★★★★★

ベトナムは東南アジア屈指の激安大国です。
世界遺産はもちろん、フォーや揚げ春巻きなどグルメも人気の国。
旅人たちからは賛否両論ですが、個人的にはおすすめの国です。

首都のハノイをはじめ、大都会ホーチミンなどが人気滞在地です。
都市部であっても比較的物価が安いのがベトナムの特徴と言えますね。

観光のコスパは世界一と言われることもあります。
コストを抑えようとすれば極限まで抑えられる国です。
安宿を探せば1泊1,000円から見つけることもできますし、食事も地元の屋台や露店で食べれば1食100円前後で済ませられることも!

また、食べ物や飲み物などもバザールで購入すれば格安です。
コンビニも近年は増えていますが、若干高いので要注意。
衛生面を気にしないのであれば出店で買ってローカル感を楽しんでください!

ただ、ぼったくりなどは世界屈指の多さです。
特に欧米系の旅行者からは評判が悪いので注意してください。
それでも基本的には優しい人が多くて素敵な国……美人も多いことですし!笑

【ベトナム旅行】混沌と喧噪の町ハノイを一人旅!ホテルのドアノブが……【観光1日目】

2017年7月5日

5位.インドネシア

・物価が安い度:★★★★☆

インドネシアは首都にジャカルタを持つ東南アジアの国です。
火山島で構成される国で世界最大のムスリム人口を有する国でもあります。
リゾートも豊富でセレブやお金持ちからも人気ですね。

日本に比べて給与水準はかなり低く、物価自体も安いです。
ローカルレストランなどで食事をすれば1回100円~200円前後で済むはず。
他のアジア諸国同様、屋台や露店で食べればかなり安上がりです。

ミネラルウォーターも500mlで約40円と安いので水分補給も問題なし。
販売している店によって異なるので、いくつか比較してみると良いです。

都会も田舎も持つインドネシアですが、実は平均月収が3万円前後。
物価の安さはそれに関係していると言えるでしょう。
観光地は旅行価格なので日用品はローカルの店を使うのがベスト。

ただ、観光客がとても多いバリ島などでも物価は高くありません。
感覚的にはフィリピンのリゾート地より少し高いくらいでしょうか。
ハワイやグアムに比べると安いという感覚ですね!

6位.フィリピン

・物価が安い度:★★★★☆

フィリピンは7,000以上もの島々で構成される東南アジアの国です。
発展を続ける首都マニラの大都会の他、リゾート地のセブ島も有名。

そんなフィリピンも旅人に人気の国で物価は日本に比べても安いです。
外食をしても1回の食事で50円~300円前後で済みます。
屋台や露天のようなローカルフードも多く、食べ歩きの観光も楽しめます!

ただ、外国人観光客向けのレストランなどは普通に料金も高いです。
観光大国であるフィリピンはホテルも観光客向けのものが多くなっています。
スタンダードクラス以上だと高いので、ゲストハウスや民宿を使うと安く済むはず。

日用品などは安くて、ロングステイには向いているかもしれません。
未だに平均月収は4万円前後と低いため、物価もそれに合わせて低いです。

物価の安さが顕著に見られるのは、食料品や衣料品、日用品、交通機関など。
しかし、アジアで一番電気代が高い国とも言われています。
それと都会では物価上昇も進んでいるので注意してください。

7位.エジプト

・物価が安い度:★★★★☆

エジプトはアフリカ北東部に位置する国です。
古代の遺跡が残る荘厳な絶景や世界遺産を数多持つ国でもあります。
砂漠などの秘境を訪れることができ、ロマンを求める旅人に人気ですね!

現地の人々がかなり人懐っこく、個人的にも大好きな国です。
そんなエジプトもまた物価の安さに定評があります。
治安が気になるところですが、安く旅したい人にとっても魅力は大きいですね。

食料品や衣料品、日用品などが安く、ホテルも格安宿なら1泊300円ほど。
少し高いホテルでも3,000円ほどから利用でき、質もなかなか良いです。
ただ、あまりにも安いホテルはトイレやシャワーなどの設備の質が劣悪なので注意!笑

気をつけておきたいのは観光に使うお金ですね。
著名な世界遺産などはどこも入場料がかかります。
ナイル川沿いに都市が点在しているため、観光名所を回るなら旅費は高め

それでも平均月収が世界的に見ても相当低いエジプトは、物価が安いです。
貧富の差が異様に激しい国でもあるので、そこはローカルな旅で激安に。

お土産などは交渉次第で激安になるので、ぜひ値切ってみてください。
物売りから買うお土産は質が良くないものの、交渉次第で値引きも可能!
僕も30枚のポーチを1,000円で買いました!笑

【エジプト旅行】空路ドバイを経由!エミレーツ航空で中東初上陸【観光1日目】

2018年3月9日

8位.バングラデシュ

バングラデュは東南アジアのベンガル湾に面する国です。
豊かな自然と共存する社会は市街地を中心に発展を続けていますが、物価は格安。
まだまだ発展途上国から抜け出せていない国でもあります。

この国は観光客の誘致を進めているため、観光地では若干物価も高めです。
ただ、近年は多くの会社や企業も進出するなど、ビジネス面で注目されています。
その結果、中心部の発展はかなり急速となっています。

それでも平均月収がかなり安く、現地には貧しい人も多いです。
その影響もあり、まだまだ物価が安い国としての認知度も高いと言えますね。

日本とはフェアトレードでの交流も深いです。
活発なフェアトレードにより、今後は経済も活性化するかもしれませんね!

9位.カンボジア

・物価が安い度:★★★★☆

カンボジアは世界中からボランティアが集まる発展途上国です。
世界有数の最貧国の1つと言われており、その経済は未だに下火。
ただ、近年のカンボジア経済は観光産業も相まって急成長中です。

日本の会社をはじめ、他国の企業が参入してきたことで経済が活性化。
それによってかつての最貧国というイメージは少なくなりました。
実際に物価も高くなりつつあるので、今後は情勢も変わるかもしれません。

それでも平均月収は2万円前後となっていて、まだまだ物価は安いです。
ボランティア大国として有名なため、貧しい子供たちのために海外ボランティアに励む旅人も多いです。

世界遺産をはじめ、現地の子供たちとの触れ合いも旅の魅力ですね。
また、レストランやホテルが格安なエリアもまだまだ多いです。
特にローカルになると格安なので、長期滞在にも最適な国!

旅人の中には数ヶ月ほどカンボジアでのんびりと過ごす人も……。
旅の達人ともなると月2万円~3万円ほどで滞在している人もいますよ。
ただ、こればかりは人によって違うので注意してくださいね!

10位.エチオピア

エチオピアはアフリカにある荒野と砂漠の国。
この国は人類の起源としても知られ、近年は観光でも注目されています。

まだまだ観光地としての整備はされていないものの、旅人の間では人気も高め。
異様な世界を体感できるダナキル砂漠ダロル火山など魅力は尽きません。

それでもエチオピアは経済発展が進んでおらず、貧しい人も多いです。
貧困生活を送っている人はアフリカ全土に広がっており、この国以外にも物価がとても安い国は多いでしょう。

正直、エジプトやモロッコは欧米との関係も強く、アフリカらしからぬ国です。
しかし、ここエチオピアは言うなればオリジナルアフリカそのもの
観光地化されていない地域では、地元の人と同じ感覚で交通機関や宿が利用できるはず。

ただ、純粋なアフリカらしさもあり、現金収入にはかなり貪欲です!
現地の人から理由もわからずにチップを要求されたりすることもあります。
不審なお金の動きには注意したいところですね!

11位.マレーシア

・物価が安い度:★★★★★

マレーシアは東南アジアの国で、首都にクアラルンプールを持つ国です。
豊富な自然を持ち、動植物の楽園とも言われています。
中心部の発展は目覚ましく、都会と田舎が共存する美しい国です。

そんなマレーシアは日本に比べても物価がかなり安いのが特徴です。
飲食物はもちろん、日用品までかなり安く手に入ります。
ただ、現地で暮らしている人の感覚ではそこまで物価も安くありません。

特にアルコールなどが入ったお酒は高いです。
イスラム教徒が多いマレーシアではアルコール類をあまり飲みません。
だからこそ、観光客に向けて売られているお酒は高めに設定されています。

リタイア後、老後移住するという人もいますが、生活レベルも人それぞれ。
先進国の仲間入りを目指しているマレーシアは経済成長も相当なもの。
徐々に物価自体は高くなってきているので注意してくださいね。

【マレーシア旅行】絶品なANAの機内食とスープ!熱気に満ちたクアラルンプールへ【観光1日目】

2017年9月23日

12位.タイ

・物価が安い度:★★★★☆

タイは東南アジアの仏教の国です。
バックパッカーが多く集まるカオサン通りなどを持つ首都バンコクが有名。
バンコクはアジア屈指の大都会でありながらも物価は安いです。

その他、リゾート地でも物価は安いですね。
タイはリゾートもとても多いので、南国で優雅に過ごす人も……。
世界一周などでも訪れる人は多く、旅人の間では天国と呼ばれることも。

水は600mlで25円前後と物価はかなり安いです。
他にも小さな飲食店が街中にあり、1食100円~300円前後で済ませることも可能。
もともと外食文化が強いので、ローカルたちのために激安となっています。
日本人の口にも合うし、グルメの衛生面もインドやネパールより安心です。

観光地でも安く海外旅行を楽しむことができるのが魅力。
現地の市場はまさに激安の宝庫となっていますね。

旅人の聖地ということで、ゲストハウスや民宿などの宿も格安です。
世界一周など長い旅になりそうな人にとっては、安くて快適なところも多くておすすめ!

何より有名な観光地だけではなく人気のスポットも満載。
仏教の文化が生み出した美しい世界遺産など魅力の尽きない国。
観光の観点から見てもとてもおすすめできる国ですね!

ただ、バンコクはまだまだ物価も安いですが、近年は高くなりつつあります。
急成長する大都市の物価上昇は止まることを知りません。
そこは安いうちに訪れてみて、旅行の仕方も工夫してみましょう!

【タイ旅行】旅人の聖地バンコクでバックパッカーデビュー!臆病者の一人旅珍道中【観光1日目】

2018年9月4日

13位.メキシコ

メキシコは美しいカリブ海に沿う古代文明の国ですね。
死者の日など死生観が変わるイベントもある他、マヤ文明なども有名です。

リゾート地も多く持つメキシコで、特に有名なのはカンクンですね。
高級リゾートが立ち並ぶエリアなどは物価も高いと言えます。
ただ、実はメキシコ全土で見てみると物価は安いところも多いです。

日用品が安いので、観光向けとは言いませんが長期滞在には向いています。
現地にはまだまだギャングや麻薬が蔓延しているので、そこは要注意。
物価が安いエリアは治安が悪いことも多いので観光する時は近寄らないように!

ただ、格安なのかと言えばそうでもありません。
海外旅行目的なら移動費や宿泊費だけでも相当かかります。
そこは旅を工夫してみることが必要となりますね!

14位.トルコ

・物価が安い度:★★★★☆

トルコは西洋と東洋の文化が交差する美しい国ですね。
日本との国交も良好で、世界有数の親日国としても知られています。

現地にいるトルコ人の日本人への愛は本物!
全身から「日本人大好き」という雰囲気が伝わってきます。
どの国でも日本人はお金があるから人気なのですが、それとは関係なく日本に対してとても有効的なのがトルコの特徴です。

そんなトルコも実は物価が意外と安いことで知られています。
先進国でも発展途上国でもなく、独自の文化を持つ新興国です。
経済発展している国の中でも、観光業がとても発達しています。
そのため観光だけで訪れると物価の安さはそこまで感じないかもしれません。

ただ、現地のスーパーなどに立ち寄ってみると物価が安いことに気づきますね。
日本からも直行便が出ているし、ツアーで予約しても他国よりも相場が安いのでコスパも良いです。

ぐるっとトルコを周遊したとしても約15万円ほどあれば十分かも!

トルコ人も平均月収は4万円前後ということで、それも物価の安さの要因です。
中心部のイスタンブールなどでも裕福な人と貧しい人がそれぞれ存在している国となっています!

【トルコ旅行】魅惑の世界の文明交差点!前泊の関西国際空港で足止め【観光1日目】

2018年7月11日

15位.台湾

・物価が安い度:★★★★☆

台湾は台北を中心に日本人から大人気となっている国です。
現代的な都市や歴史的な中国寺院、美しい自然やリゾートなどが広がる国。
日本からも近い海外ということもあり、人気の観光地ですよね。

そんな台湾は物価が安いのもイメージ通りとなっています。
急激な経済発展によって平均月収は世界的に見ても高くなりつつあります。
ただ、夜市で予算をあまりかけずに絶品グルメを楽しむことも可能です。
ローカルグルメが段違いで安いので、食べ物を楽しみにしている人におすすめ!

さらには交通機関がかなり安いことでも知られています。
タクシーに電車、バスなど交通機関が格安で利用可能です。
台湾は島国ということもあり、島を一周したいという方も多いかも!
そういう時にも交通機関が安くてとても便利です。

その他、日本のように酒税は高くありません。
ビールなどのお酒も安く購入できます。
あまりおすすめはしませんが、タバコなども安いですね。

フライト時間も3時間~4時間ほどで行けるということでおすすめの国です!

【台湾旅行】台北一人旅!悪臭漂う雙城街夜市の屋台グルメ【観光1日目】

2017年8月4日

その他の国

近年は急激な経済発展によって発展途上国や新興国の勢いが著しいです。
徐々に先進国と呼ばれる日本も追い上げられてきていると言えるかもしれません。

特にアジアやアフリカなど今まで発展が遅れていた国も急成長中です。
今後、世界の中心はアメリカでも中国でも日本でもなく、他の国になるかも。
事実としてアジアやアフリカの他、中東などでも物価上昇が見られる国も多いです。

その結果、物価が安い国というのは徐々に少なくなってきています。
それでも物価はいつ下降するか予測が難しいものです。
時代の進化に流されてしまって経済格差が生まれている国も多々あります。

特にアジア圏やアフリカ圏ではそれが顕著です。
中にはこの記事で紹介した国よりも物価が安いところはあります。
渡航前には経済情勢を加味しつつ、物価の変動も予測してみてくださいね!

まとめ

世界には日本では考えられないような物価の国もあります。
日本で500mlの水を購入すれば100円ほどするのが一般的です。
ただ、物価の安い国なら20円~30円ほどで買えるところもあります。
物価が安いとそれほど安く海外旅行を楽しむことができます。

経済は常に変動するもので、景気も情勢で上下します。
そこは世界の流れを見ながら旅行先を決めても良いですね。
また、どのように旅行をするかで、旅費も大きく変わります。
そこはどのような旅にしたいのかを考えてから選ぶと良いかもしれません!

ここで紹介した世界の物価が安い国を参考に、格安海外旅行に挑戦してみてはいかがでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です