世界の人気リゾートランキング!最高のバカンスを過ごせるビーチ満載の海外旅行先

「最高のバカンスを見つけに行こう!」

どうも!
超インドアなリゾート好き、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

毎日の喧騒、忙しい仕事、煩わしい人間関係……それらから解放されるための手段と言えば海外旅行なのではないでしょうか?
どこか遠くでのんびりしたいなんて思っちゃいますよね。

僕も何も考えずに旅に出たくなることも。
いつもは絶景や世界遺産、秘境を旅していますが、たまにはベタベタな汗……じゃなくてベタベタな王道リゾートに行きたい!

そこで、ここでは世界で人気のリゾートを大公開。
個人的に超絶おすすめしたい国もランキング形式で紹介。
……さぁ、最高のバカンスを見つけに行きましょう!

海外旅行の定番ならリゾートで決まり!

「リゾートでのんびりしたいなぁ」
「ビーチで癒されたいなぁ」
そんな心の声も聞こえてきます。

天国のような楽園で過ごす時間は、日々の疲労やストレスから解放してくれるはずです。
何も考えず、ただただ砂浜に打ち寄せられる潮騒に耳を傾けていたい……そんな気持ちになることもあるのではないでしょうか?

人生疲れたなんて言えば大袈裟ですが、忙しい毎日に追われていると南国でのんびりしたくなることもあるかもしれません。
何もかも忘れて癒されたい気分になることもあります。

ふと旅に出たくなる人もいると思います。
そんな海外旅行の定番と言えばビーチリゾートですよね。

多くの人が大型連休や長期休暇を利用して訪れるのは、世界各地に広がる人気のリゾート地なのではないでしょうか。
白い砂浜に青い海、無限に広がる空……考えただけでもワクワクしてきませんか?

僕も普段は絶景や世界遺産、秘境を旅しています。
ただ、たまには世界のリゾート地でのんびりすることも。
やっぱり「海外旅行=リゾート」という印象が強いですよね。

冒険のような日々を過ごせる海外旅行ならリゾートがおすすめ。
次の海外旅行先として人気のリゾート地を選んでみては?

ぜひぜひ自分だけの楽園を探しにいきましょう!

世界の絶景ランキング!海外旅行で絶対に行くべき感動スポット

2018年3月5日

世界の幸せな国ランキング!その理由と日本の順位や幸福度が低いのはなぜか考察

2017年10月18日

世界の死んでも良いかなと思える国ランキング!海外旅行で死に場所を探す旅

2018年10月15日

世界の癖が強くてうざい国ランキング!中毒性抜群のやばい海外旅行先

2018年12月15日

世界の美容整形大国ランキング!海外旅行で失敗も成功もある手術事情

2018年8月23日

世界の人気リゾートランキング

海外には魅力的なリゾート地が点在しています。
地球の7割は海で3割は陸……つまりリゾートだらけ!笑
そんな海外旅行ではぜひ人気のリゾートを訪れてみてください。

世界のセレブやお金持ちもリゾートが大好き。
日本の芸能人や有名人もリゾートは大好き。
そんな場所で同じく過ごせるのは夢のようですよね!

ここからは世界の人気リゾートをランキング形式で紹介します。
その中でも軒並み高評価の国を個人的な主観も含めてまとめましたので、次の目的地を決める時の参考にしてみてください。

メジャーなところからマイナーなところまで。
どこが自分の楽園かどうかは行ってみて決めてください。
世界のどこかにある最高のバカンスを求めて……いざ出発!!!

1位.ハワイ

・人気リゾート度:★★★★★

ハワイはアメリカ領土の島国で、太平洋の真ん中にぽっかりと浮かぶ常夏の島です。
所要時間6時間~7時間ほどで直行便もあり。

どこまでも見渡す限り美しい海が広がっていてまさに楽園。
一昔前の日本では誰もが憧れる人気のある旅行地でした。
もちろん、その人気は今でも衰えることを知りませんよ!

ハワイはたくさんの島があり、その中でもオアフ島は別格。
かの有名なダイヤモンドヘッドパールハーバーがあります。
美しいワイキキビーチがず~~~っと続いている海岸も素敵。
根強くNo.1の人気を誇るリゾートです。

海岸エリアには高級ホテルから格安ホテルまでずらり!
どこに宿泊しても満足できるほどクオリティも高いです。
ショッピングエリアも広がっていて買い物にも最適。
世界的リゾートということもあり、治安も良いですね。

日本人観光客が多いため、海外とは言っても日本語が聞こえない日はないほど日本人でも観光しやすいのが特徴です。
また、街中にも日本語が溢れていて難易度も低め。
海外旅行初心者にも最適なリゾート地ですね!

その他にハワイ島マウイ島カウアイ島などの自然を思う存分楽しめる島もあるので、アイランドホッピングでのんびり回れば理想のバカンスを過ごせること間違いなし!

2位.グアム

・人気リゾート度:★★★★★

グアムは日本人に大人気の海外リゾートですね。

日本から近いということで、アクセスも良好。
関東からも関西からも直行便が出ていて、フライトの所要時間も3時間半~4時間ほどとかなり渡航しやすいのが魅力となっています。

グアムは日本語も通じやすくて日本語表記も多く、日本人観光客も多いので観光しやすさは格別です。
初めての海外にも自信を持っておすすめできます。
ポカポカな南国は手軽で身軽で快適な旅にぴったり!

僕も訪れたことがありますが、グアムはマリンスポーツやマリンアクティビティも充実していて飽きません。
ダイビングやシュノーケリング、シーウォーカーにパラセイリングなどなど、他にも豊富なレジャーを満喫できちゃいます。

グアムは学生も社会人も楽しめる国です。
予算もそこまで必要ないし、日数もあまり必要ありません。
パッと行きたいと思った時に行けるバカンスと言えますね!

【グアム旅行】東京浅草ぶらり散歩!立ち塞がる入国審査官【観光1日目】

2017年6月12日

3位.インドネシア

・人気リゾート度:★★★★★

インドネシアは東南アジアの海に囲まれた島国。
常夏の楽園が広がる南の島のリゾートとなっています。
美しい自然が豊富で、海はもちろん山も森も川も楽しめるオールタイムベストなリゾート。

そんなインドネシアで人気の島と言えばバリ島
男子旅よりも女子旅で圧倒的人気を誇っています。
海で楽しめるマリンスポーツはもちろん、ビーチでのんびりするのにも最高な人気リゾートと言えるでしょう。

癒しの島とも呼ばれており、日常からの解放に最適。
ハワイやグアムは王道過ぎると思うのならバリ島で決まり。
インドネシアは他にも世界遺産がある他、絶景や秘境もあって無限に楽しめてしまえる国です。

エステやサロン、スパも豊富で女性にぴったり。
男性もエキゾチックな体験ができて飽きることはなし。
その他にも伝統文化が色濃く残っている各島々は、アジア諸国の中でも異国情緒溢れていておすすめです!

ジャワ島などもある他、ボルネオ島レンボンガン島ビンタン島コモド島などの離島も多々あってリピーターも多し。
アイランドホッピングにも最適ということで、海外旅行先としては超絶おすすめの国との意見が多数。

4位.フィリピン

・人気リゾート度:★★★★★

フィリピンは陽気な人々が住まう癒しの楽園。
地球最後の秘境と呼ばれるエルニドが有名です。

日本人観光客も多く、目覚ましいリゾート開発で急成長。
美しい海に囲まれた島々はアイランドホッピングもあり。
現地の人は日本人観光客にも慣れているということで、観光しやすさにも定評がある人気リゾートとなっています。

フィリピンで圧倒的に人気のエリアはセブ島ですよね。
セブ島は海の透明度が抜群で、アジアでも屈指の南国リゾートとして世界中から高い評価を受けています。

現地の人はフレンドリーでグルメも絶品、サービスも良し。
親日っぽさもあって日本人にも優しいです。

マッサージなどが楽しめるエステやサロン、スパも豊富。
セブ島はショッピングエリアも豊富なので、カップルからファミリーまで老若男女楽しめる国となっています。

ボラカイ島などの絶景が豊富な島はもちろん、パラワン島マクタン島ミンダナオ島ボホール島なども人気ですね!

5位.ベトナム

・人気リゾート度:★★★★★

ベトナムは東南アジアの中でも屈指のリゾート開発先進国。
首都ハノイ周辺にはハロン湾チャンアン複合景観などの世界遺産がある他、観光都市のホーチミンも人気となっています。

しかし、ベトナムの魅力はそれだけではありません。
リゾート地として開発されて急成長したダナンは外せません。
すでに世界中から観光客が訪れており、まるでハロン湾の奇岩のようにホテルが開発され続けています。

ダナンの魅力は、その美しい手付かずの大自然。
どこまでも広がる綺麗な海を見れば癒されるはず。
物価の安さもあってバックパッカーが長期滞在したりすることも。

洗練されたホテル以外にも、民宿やゲストハウスもあり。
さらにはエステやサロン、スパも楽しめちゃいます。
ベトナムはグルメも美味しいので食べ歩きの旅なんてのもあり。

ベトナムは開発中のリゾート地が多く、ニャチャンダラットフーコック島コンダオ島なども人気があります。
東南アジアの風を浴びながら砂浜でのんびりしてみては?

【ベトナム旅行】混沌と喧噪の町ハノイを一人旅!ホテルのドアノブが……【観光1日目】

2017年7月5日

6位.タイ

・人気リゾート度:★★★★★

タイは旅人の聖地と言われるバンコクを持つ国。
バンコクなどの煌く大都会を擁する他、サムイ島ピピ島など秘境っぽさが残る島々が人気となっています。

人気エリアのパタヤホアヒンプーケットクラビなど自分好みの旅行を好きなように組み立てられるのが魅力です。
航空券だけ購入して、ホテルは適当に決めながらそれぞれのリゾートを渡り歩いてみても良いかもしれませんね!

また、映画「ビーチ」のロケ地として知られるピピ島をはじめ、サムイ島やパンガン島タオ島リペ島サメット島などの島々が点在しています。

エリアごとにそれぞれ魅力が満載。
タイは物価も安くて食事も日本人の口に合うので安心。
男子旅であれば夜遊びもおすすめですが、金欠には要注意!笑
女子旅なら美容やコスメを目的に訪れるのもあり!

【タイ旅行】旅人の聖地バンコクでバックパッカーデビュー!臆病者の一人旅珍道中【観光1日目】

2018年9月4日

7位.マレーシア

・人気リゾート度:★★★★★

マレーシアは誰もが一度は移住したいと思う国。
リゾートとしてはボルネオ島が世界的リゾートとして有名です。
その玄関口となるコタキナバルは自然に囲まれた常夏の楽園。

貴重な動植物が多く、動物園や植物園も人気です。
この国を訪れるならラフレシアやオランウータンは一目見るべき。
リゾートであっても「海でずっとのんびりするのは退屈」という人でも安心して楽しめる要素が満載です。

新鮮な魚介類もあり、グルメも絶品だと言えるでしょう。
夜になるとナイトマーケットも開催されるなど、楽しみは無尽蔵。
滞在のスタイルに合わせて選べるホテルやレストランもまた格別。

その他にもペナン島ランカウイ島レダン島クチル島など世界的なセレブなどからも標板を呼んでいます。

【マレーシア旅行】絶品なANAの機内食とスープ!熱気に満ちたクアラルンプールへ【観光1日目】

2017年9月23日

8位.パラオ

・人気リゾート度:★★★★★

パラオはダイバーの聖地、美しい島々が連なる国。
まさに秘境のようなポコポコとした島が浮かぶリゾートです。

ロックアイランドと呼ばれるその島々はサンゴ礁が隆起した島。
そこに浮かぶミルキーウェイセブンティアイランドは必見。
潮の満ち引きで現れる幻のロングビーチが見れればラッキー。

リゾートでのんびりするというより、未知なる冒険を満喫できるのが人気の理由に繋がっています。

日本から直行便で約4時間と以外にも渡航しやすいのも吉。
400以上の島々からなる国ということもあり、現地ツアーで離島へ冒険してみるのもたまらないのではないでしょうか?

9位.モルディブ

・人気リゾート度:★★★★☆

モルディブは真珠の首飾りとも称される国。
世界的リゾートとしての地位を確立しています。

天国のような島々が海に浮かんでおり、そこはまさに楽園。
青海が映える白砂のビーチで1日中まったりするのもあり。
旅行の予算が高くなるということでなかなか行けないという方が多いですが、それでも世界中から観光客が訪れる島国です。

ホテルは1島1リゾートというのが定番
日本人経営のホテルもあるなど観光しやすさはピカイチ。
島ごとに特色が違うので、何度も訪れるリピーターも多し。
ハネムーンなど新婚夫婦にもおすすめできますね。

モルディブはマーレ島フルマーレ島イフル島ヴェラサル島バロス島ココア島などが人気となっています。
どのリゾートに宿泊するかは自分次第……まさに自分だけの旅!

10位.フィジー

・人気リゾート度:★★★★☆

フィジーは330にもなる島から構成される島国。
それぞれの島ごとに1島1リゾートとなっています。
どこを訪れてもそこは日常から解放された楽園だと思えるはず。

海の美しさもあり、世界中からダイバーが集まります。
プロのダイバーではなくても、現地ツアーでシュノーケリングやダイビングを満喫することができるのでご安心を。

開発されすぎていないのもフィジーの良いところ。
手付かずの自然が残る南国は、何もかも忘れさせてくれるはず。
明るく陽気な現地の人と過ごす時間は一生の思い出になると思います。

また、フィジーはとても子供に優しいのも特徴。
ホテルにはキッズプログラムやベビーシッターが用意されていて、家族連れや子連れで訪れる人にも安心安全です。

ママヌザ諸島だけでなく、ヤサワ諸島タベウニ島オバラウ島バヌアレブ島などなど……好きな島をお選びください!笑

11位.ドバイ

・人気リゾート度:★★★★☆

ドバイは砂漠が覆う超高層ビル群が広がる国。
世界一高いビルであるブルジュハリファは必見!
中東屈指のリゾート地として世界中から観光客が大集合。

セレブやお金持ちにも人気のリゾートで、そこはまさに異世界。
パームジュメイラなど、海と共存したスポットが満載です。
超豪華なビーチリゾートということで、贅沢したい時には格別!

焼けるような太陽から逃げてクリスタルブルーの海へ。
そんな夢のような日々を送れるのがドバイの魅力。
次々とニューエリアが開発され、とても数日では回り切れないほどの規模になっています。

夜にはビーチクラブでパーティーなんてのもあり。
パリピが絶頂してしまうほどのナイトライフがここに!

12位.メキシコ

・人気リゾート度:★★★★☆

メキシコは古代マヤ文明で知られるカリブ海の国。
かつては海賊などが命を賭して戦っていたロマンある国です。

この国で世界的リゾートとして人気なのがカンクン
僕も訪れましたが、治安も良くて最高のビーチリゾートでした。
新婚旅行で訪れる人が多い中、僕らは男二人旅で漫喫しました!笑

カンクンは海はもちろん楽しめます。
ただ、周辺にはグランセノーテピンクレイクなど絶景も満載です。
マヤ文明のチチェンイッツァなども必見の価値あり。

メキシコはギャングと麻薬の国と言われるほど治安は悪いです。
しかし、そんな中でもカンクンだけは別格と言えます。
カップルでもファミリーでも楽しめるので、ぜひぜひ!

【メキシコ旅行】太陽と海賊の国!カリブの五つ星ホテルグランドフィエスタアメリカーナコーラルビーチカンクン【観光1日目】

2018年5月7日

13位.イタリア

・人気リゾート度:★★★★☆

イタリアは世界一世界遺産を持つ歴史と文化の国
世界遺産としてのイメージが強いですが、実はリゾートもとても多く、人気エリアも多々あります。

そんなイタリアでも屈指の人気リゾートがアマルフィです。
映画のロケ地になっていて世界的にも有名ですよね。
崖に重なり合うように広がる彩り豊かな街並みが美しく、景色を眺めながらのんびりしたい時におすすめのリゾートと言えます。

旅費が高いもののアマルフィはぜひとも訪れたい場所。
また、海だけではなくアルベロベッロトゥルッリなど、白く美しい街などもあるため、観光にも最適な国です。
ベネチアなども海を眺められることを考えれば、リゾートと言っても良いかもしれませんね。

さらにはシチリア島カプリ島など、絶景スポットを数多く持つ島々もあり、海外旅行先としてマストです。

14位.マルタ

・人気リゾート度:★★★★☆

マルタは地中海に浮かぶ小さな小さな国。
リゾート都市として高い人気を集めています。
列強国に支配されてきた歴史を持っていることもあり、古き良き西洋の建物が未だに残っているのも人気の秘密です。

世界遺産に登録されているヴァレッタを歩くのがマスト。
リゾートでありながら、街散策も十分に楽しめるのもポイント。
じんわりと汗ばむ身体に冷たいドリンクやドルチェ……これぞバカンス!

治安が世界屈指の良さもあって初めての海外旅行にも安心。
日本人にとっては王道ではないかもしれませんが、海外の人にとっては王道も王道の国なので、ぜひぜひ。

15位.スペイン

・人気リゾート度:★★★★☆

スペインは太陽の沈まぬ国と称された国。
歴史的な建造物から美しい芸術を持つのが特徴。
また、陽気な人が多くてパッショナブルなところも!

そんなスペインの人気リゾートと言えばイビサ島
パーティーアイランドとも呼ばれており、世界中のパリピが夜な夜な騒ぎにやってくるクレイジーなリゾートです。

僕はそういうのが苦手ですが、いつかは訪れてみたい。
熱気に満ちたナイトクラブでムンムンな夜……最高ですね!笑

他にもスペインにはテネリフェ島マヨルカ島グランカナリア島フォルメンテラ島など、今なお美しい自然が残っているリゾートも豊富です。

その他の国

世界にはまだまだリゾート地として人気の国があります。
ここで挙げたら数えきれないほどに!

例えばオーストラリアは南半球で人気のリゾート地も多いです。
ケアンズなどはもちろん、ゴールドコーストなども人気ですよね。
オーストラリアは海岸線の多くがリゾートとなっています!
他にも南半球だとニュージーランドをはじめ、バヌアツやニューカレドニアなど海の楽園も多いですね。

また、中南米はカリブ海を望む島々も多いです。
キューバやベリーズ、ジャマイカ、ハイチにバハマなどなど。
海賊たちが見た楽園がそこに……!

ギリシャやトルコも絶景リゾートがあったりしますね。

海外旅行先としてどこを選ぶかは重要ですね。
どのリゾート地が気に入るかはその人次第。
ただ、どの国にも素敵なリゾート地があるので、自分だけの素敵なバカンスを見つけてみてください!

まとめ

海外旅行はとっておきのバカンスを過ごしたいですよね。
美しいリゾートでのんびり癒されれば、また頑張れるはず!
でも、どの国を訪れるかによってリゾートもまた違います。
もしかしたら、自分の心に突き刺さるような体験が待っているかも!

こちらで紹介した国は、あくまでも人気があるところを中心にまとめてみたので、人によって感じ方は違うと思います。
僕もちょっとニッチなところが好きだったりします。
自分だけのバカンス……素敵な響きじゃありませんか?

ここで紹介した世界の人気リゾートを参考に、ぜひぜひ最高のバカンスへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です